『再婚承認を要求します』の最終回ネタバレ!ラストはどうなる?


『再婚承認を要求します』の最終回がどうなるのか、気になっている読者は多いでしょう。

なぜ愛人だったラスタが皇后になれたのか。ソビエシュは離婚後にどうなったのか。そもそもナビエは幸せになれるのか…

離婚するのは確定事項ですが、それまでの過程は謎だらけです。

そこで今回は、『再婚承認を要求します』の最終回ネタバレをまとめました。

韓国サイトを探したところ原作小説のネタバレが投稿されていたので、そこに書かれていた内容をサクッと紹介します。

再婚承認を要求します

『再婚承認を要求します』ネタバレまとめ!最新話まで紹介

言うまでもなくネタバレ満載です。漫画版を楽しみたい人はUターンしてください。
また執筆には十分注意していますが、管理人の翻訳が間違っている可能性があります。その際は、コメント欄から教えていただけると幸いです。

結局ラストはどうなるの?展開をサクッと解説

再婚承認ラスト

『再婚承認を要求します』の最終回について、読者が一番気になっているのはソビエシュ皇帝とラスタの”その後”でしょう。

ナビエと離婚した後、彼らは一体どうなるのか…

ほとんどの方が、ザマア展開を望んでいるかと思います。

白うさ
ナビエには幸せになってほしいけど、ソビエシュ皇帝には後悔してほしいよね。
ひよこ
そうだね。あんなに健気な嫁を捨てたんだから、罰を受けるべき。

なので、最初に結論から言ってしまいます。

ナビエと離婚した後、ソビエシュにはとんでもない不幸が待ち受けています。

事故で記憶喪失になり、酒におぼれ、さらに二重人格になりました。

「ええ!?」って感じですよね。

なぜ二重人格になるのか謎ですし、最終回があまりに悲惨過ぎて目を疑いました。というか、翻訳ミスかと思って再翻訳しました(笑)

次にラスタですが、せっかく皇后になったものの塔に幽閉されてしまいます。

そして毒を飲んで自決しました。

はい。こっちも悲惨ですね。

白うさ
ザマア展開になればいいと思ってたけど、これは酷すぎる!
ひよこ
ヤダ怖い…

一方、ナビエはハインリと結婚して幸せになります。

もちろん東大帝国ではなく、西王国(ハインリの出身地)にお引越し。そこで皇后として成功し、子供も生まれてハッピーエンドです。

白うさ
良かったねナビエ…!
ひよこ
ハインリの恋心も報われて、めでたしめでたし。

『再婚承認を要求します』の最終回ネタバレ

結婚する女性

次に、最終回までのストーリーをまとめました。ナビエが再婚するまでの経緯を紹介します。

ナビエが再婚するまでの経緯

ソビエシュ皇帝とラスタの間には子供が生まれます。生まれた娘はラスタに似て、とても美しい容姿をしていました。

しかしラスタの娘には王位継承権がありません。

そこでソビエシュ皇帝は「ラスタを皇后にしよう」と計画を立てます。

白うさ
これは酷い。ナビエが不憫すぎる。

その計画を知ったナビエは深く悲しみ、冗談半分でハインリに「結婚してほしい」とプロポーズをしました。

ハインリはナビエを愛していたので、プロポーズを喜んで承諾します。

結果、計画どおり離婚裁判(1話の例のシーン)が行われ、その時にナビエは再婚承認を要求をしました。

『再婚承認』宣材

『再婚承認を要求します』を先読み!待たなくても読める韓国サイトを紹介

最終回ではハインリと結婚して双子を出産

その後、ナビエはハインリと結婚して双子を生みました。

いろいろと苦労はあったものの、ナビエは持ち前の能力の高さを活かし、西王国の皇后として成功を収めます。

仕事と育児と新婚生活をこなしつつ、忙しくも幸せな日々を送ることに。

ラスタの末路

悲しむ女性

ナビエとの離婚後、東大帝国ではラスタが皇后になりました。

しかしラスタは空気を読まないため、皇后にあるまじきミスを連発。即位式の時も、ふさわしくないドレスで出席してしまいます。

さらにその後は、今までの悪事がバレて塔に一生幽閉されることに。

自らの運命を嘆いたラスタは、毒薬を飲んで自決します。

白うさ
幽閉されてるのに、どうやって毒薬を飲んだの?
ひよこ
予め、誰かに毒薬を渡しておいたみたい。

ソビエシュ皇帝は、次第に狂っていく

ナビエが去った後、ソビエシュ皇帝は激しく後悔しました。

ナビエに戻ってきてほしいと懇願しますが、彼女はもういません。

そしてエルギ侯爵の悪だくみにより、ラスタが生んだ娘を追い払ってしまいます。

娘は馬車での移動中に盗賊に襲われ、ソビエシュの元には「娘が亡くなった」という連絡が届きます。

その結果、ソビエシュは酒に溺れる生活を送り、やがて二重人格になってしまいました。

鬼滅の刃レンタル

【比較】鬼滅の刃(きめつのやいば)の電子書籍レンタルが安いサイト

上手く翻訳できなかったのですが、どうやらソビエシュは「ラスタが生んだ子供は自分の子供じゃない」と騙されたようです。本当は実子なんですけどね。その嘘を信じたソビエシュは、自分の子供を追放。しかし後になってから実子だと知り、挙句の果てに狂ってしまいます。

まとめ&感想

離婚

以下、最終回のストーリーについて感想&考察をまとめました。

ナビエとハインリの結末について

ナビエとハインリについては、幸せになってくれたので嬉しかったです。

管理人としては「ナビエはこんなに頑張ってるのに、なぜ報われないんだ!」とムズムズしていたので、ハッピーエンドで安心しました。

ひよこ
バッドエンドだったら、目も当てられないよ…!

ソビエシュのラストが悲惨すぎる!

ソビエシュ皇帝とラスタの末路については「悲惨すぎる」というのが率直な感想でした。

管理人としては「新皇后がアホだったせいで、皇帝の権威は地に落ちました」くらいの最終回を予想していたのですが…

予想をはるかに超えた鬱展開だったので、ビックリしましたね。

まあ韓国の作品なので、この辺は仕方がないのかもしれません。

韓国の作品って、主人公のライバルが最終回で不幸になるパターンが多いです。

因果応報・勧善懲悪がハッキリしているというか…罪を犯した人間には、厳しく罰が与えられます。

ただ、ソビエシュ皇帝が悪人かと聞かれれば否定します。

ナビエが本編で「陛下は優しい方だから」と言っていたので、彼は善人なのでしょう。本来なら、罰を受けるような人ではないと思います。

しかしソビエシュは、罪を犯してしまいました。

国民のことを考えるなら、ラスタを皇后にしてはいけなかった。

完璧な皇后だったナビエを捨てたのは、人間としても統治者としてアウトでしょう。

これがソビエシュの罪であり、悲惨なラストを迎える要因だったのかなと思います。

以上、管理人の感想でした。

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

15 件のコメント

  • 韓国語がわからないので、小説が読めずずっと結末が気になっていました。
    ラストを教えていただき、ありがとうございます。
    思っていたより怖い展開でしたが、知れてすごくスッキリしました。
    ただ今度は、ラスタがどんなミスをして塔に幽閉されたのか気になってしまいました・・・。
    あんなに好きでナビエを追い出してまで皇后にしたのに、どんなミスをしたんだと・・・。
    (´・ω・`)図々しくてすみません・・・。
    もしも、エピソードの説明を追加していただけたらよろしくお願い致します。

  • コメントありがとうございます。
    最終回の内容、怖いですよね。私もビックリしました!

    そしてラスタの幽閉理由についてですが、翻訳に自信がなかったため記事内では誤魔化しています。
    確か「ラスタの生んだ赤ちゃんが不義の子と疑われて幽閉された」という内容だったと思うのですが…
    この辺については、正しく翻訳ができているのか正直不安です。
    なので、間違っていたらすみません…!

  • とても分かりやすい内容に一気に読んでしまいました。(漫画版のネタバレ)
    そしてラストも気になってここに辿り着きました。
    韓国語を翻訳しての投稿、すごいですね!
    ありがとうございました!

  • コメントありがとうございます!
    楽しんでいただけたなら嬉しいです。

  • ラスタはソビエシュに出会う前にも子供を産んだという話がありますがその子も亡くなってるんでしょうか??彼女の過去はソビエシュは知ることがなかったんですか?

  • コメントありがとうございます。
    その辺については韓国のネタバレサイトに詳細がなかったので不明です。
    お役に立てずすみません!

  • コメントありがとうございます!
    彼はソビエシュに怨恨があるようです。
    いろいろと複雑な事情を抱えているようですが、管理人の能力では翻訳できませんでした。

  • カフメン大公はどうなったのでしょう?
    惚れ薬を飲み、皇帝を殴り一悶着あってから出てきません。
    皇后を本当に好きだったのでしょうか?

  • コメントありがとうございます!
    カフメンは39話で一発殴った後、42話で再登場しますよ。
    そして私見ですが、ナビエへの感情についてはラブよりもライクに近いのかなと思っています。

  • ナビエが幸せになると言う結末を知り、今後作中でどんなことが起ころうが安心して読めます!ありがとうございます!

  • ラスタはとある事情というか今までやってきた事が調停で色々バレた結果幽閉されたのではないでしょうか?
    勝手に土地の1部を譲渡しようとしたりナビエの小切手を使ったり不妊呼ばわりしたり罰で使用人の舌を勝手に切ったり…
    ラスタとソビエシュの子供がソビエシュの子供では無いかもしれないと疑惑が出た時に、ナビエはハインリとの子供が出来て不妊じゃないと分かっているので今度はソビエシュが不妊だから私はしょうがなく他の人と…なんて嘘言ったり…
    極めつけに調停が終わったあと逃げようとして1人ナイフで刺してますし^^;

    ラスタが死んだあとソビエシュは色々あって窓から落ちて18歳の頃まで記憶喪失になってしまい、当時仲が良かったはずのナビエが急にいない日常に耐えられなくてお酒を飲みまくる日々かつ、(記憶喪失になったので)皇太子から急に皇帝になって業務をこなす日々から二重人格になりました。

    韓国版小説はhttps://m.novel.naver.com/webnovel/list.nhn?novelId=765207
    から読めてpapagoというアプリを使ってWeb翻訳すればかなり内容がわかりますよ!

  • コメント&補足、ありがとうございます!
    ラスタが投獄されるまでの詳細を知らなかったのですが、そんなアカン事をしていたんですね!
    小説版の翻訳は手付かずだったのですが、こちらも読んでみますね。

  • 最終回のネタバレ、ありがとうございます。これで、少し安心して漫画を読むことができます。(これでバッドエンドならもう読むのをやめようかと思ってました)

    更新大変だと思いますが、頑張ってください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA