鬼滅の刃の最終回考察②愈史郎 (ゆしろう)の画家生活と珠世のその後について


『鬼滅の刃』の最終回において、愈史郎 (ゆしろう)が生き残り画家になったことが判明しましたね。

ひたすら珠世の絵だけを描き続け、現代では少なくとも820枚以上の作品を残している様ですが…

最終回を迎えるまでの間、愈史郎はどのような経緯で画家になったのでしょうか?

また、転生した珠代と再会できる可能性はあるのでしょうか?

今回は、愈史郎 (ゆしろう)のその後について考察してみました。

鬼滅の刃「山本愈史郎」のプロフィール

山本愈史郎のプロフィール

鬼滅の刃ーゆしろう

引用元:週刊少年ジャンプ2020年24号『鬼滅の刃』205話

  1. 名前:山本愈史郎(やまもとゆしろう)
  2. 性別:男
  3. 年齢:不明
  4. 職業:画家
  5. 作品数:少なくとも820枚以上
  6. 家族:猫の茶々丸(他は不明)

山本愈史郎(やまもとゆしろう)は最終回で登場したキャラクターの1人。

珠世という美しい女性の絵しか描かない謎多き画家です。

彼の絵は写真のような精緻さで、世界的にも高く評価されている様子。

我妻善照(善逸の子孫)が「作品八百十二番『瑠璃の花と珠世』が初恋」と言っていたので、少なくとも820枚以上の絵を描いていることになります。

 

愈史郎(ゆしろう)本人の可能性が高い

「山本愈史郎」については、愈史郎本人と見て間違いないでしょう。

確定ではないものの、最終回の登場シーンでは猫の茶々丸も一緒にいましたし、そもそも珠世しか見ていない点がどう考えても愈史郎です。

白うさ
大正から現代に至るまで生き続けたんだね。
ひよこ
事実上、生存している鬼は愈史郎と茶々丸のみか…
鬼滅の刃-伊之助の子孫

鬼滅の刃の最終回考察①伊之助の子孫やアオイと結婚した経緯について

考察①現代で画家になるまでの経緯

画家になるきっかけは炭治郎か?

絵筆

私見ですが、愈史郎(ゆしろう)は無惨を倒した後で自分も死のうとしていたように思えます。

それでも画家として生きているのは、炭治郎の言葉が影響しているからでしょう。

「愈史郎さん 死なないでくださいね 珠世さんのことずっと覚えていられるのは愈史郎さんだけです」

引用元:週刊少年ジャンプ2020年23号『鬼滅の刃』204話より

この言葉が、愈史郎の生存フラグだったのかなと。

白うさ
無惨を倒した後、愈史郎と炭治郎が会話した時の台詞だね。

 

人の体はいつか滅ぶけれど、記憶の中で生き続けることはできます。

けど、珠代のことをずっと覚えていられるのは愈史郎だけ。

珠代はあれほど人間を助けてくれたのに、彼女の功績を知っている人はほとんどいません。

だから愈史郎は画家になり、珠代の姿を後世に伝えているのだと思うんですよ。

たくさん絵を残せば、彼女の姿は人の記憶に残り続けますから。多分、それが珠代の幸せにも繋がるはずです。

 

画家になった時期を考察

愈史郎がいつから絵を学び始めたのか不明ですが、WW2の時期は画家でなく医者っぽい仕事をしていたイメージがあります。

私見ですが、グチグチ文句を言いながらも怪我人がいれば治療してそうだなと。目の前に重傷患者がいたら、多分助けてくれますよ。

ひよこ
愈史郎は普段の言動こそアレだけど、考え方は常識的で良心的だよね。

 

無限城が崩壊したときも、愈史郎はギリギリまで粘って隊員たちを外に出して、自分はガレキの下敷きになっていました。

珠代から鬼殺隊をサポートするよう頼まれていたのもありますが、元々が優しい人なのでしょう。

彼がヤバイ行動をとるのは、あくまで珠代が絡んだとき限定です(逆に言えば、珠代が関係すれば外道なことも平気でやりそう)

考察②猟銃をぶっ放した件について

最終回では「インタビューしにきた記者に猟銃をぶっ放した」というエピソードがあったので、その辺も愈史郎っぽいですね。

キレて猟銃をぶっ放すシーンが容易に想像できます(笑)

なお愈史郎が猟銃を撃った理由については不明ですが、記者側がアポなしで突撃したからでしょう。

愈史郎が絵を描いて珠代との思い出に浸っている時に、記者が邪魔しちゃったんですよ。

だから猟銃をぶっ放したんですよ。多分。

考察③食事はどうしているのか?

愈史郎(ゆしろう)の食事については、輸血用と称してもらった血を飲んでいるのでしょう。珠代と暮らしていた時と同じですね。

予想:愈史郎の食事事情
  1. 貧しい人を治療し、輸血という理由で血を貰っている(以前と同じ)
  2. 輸血センターで輸血用血液製剤を貰っている(現代ならできそう)

もしくは、現代なら輸血センターから貰うという方法もありそうです。

鬼滅の刃レンタル

【比較】鬼滅の刃(きめつのやいば)の電子書籍レンタルが安いサイト

考察④山本愈史郎をローマ字にすると…?

鬼滅の刃ー珠代

引用元:『鬼滅の刃』127話より

愈史郎は現代において「山本」という苗字を名乗っています。

この山本という苗字ですが、ローマ字に変換して順番を入れ替えると…

yamamoto
tamayomo

なんと「tamayo」の文字が!

現代になった今も、彼の周囲は珠代だらけです。

白うさ
おお、アナグラム!
ひよこ
ここでも珠代が…!

考察⑤画家初期のゆしろうを想像してみた

ビル

今でこそ写真のような絵を描いている愈史郎ですが、最初の頃は上手く描けなかったはずです。

画家になった初期は

「珠代様の美しさはこんなものじゃない!!」

みたいな感じで、自分の作品にダメ出しをしていたと思うんですよ。

そして滅茶苦茶こだわった結果、あの緻密で写真のようなリアル画にたどり着いたのだと予想します。

ひよこ
現代編の登場シーンをよく見ると、幼女版の珠代とかも描いてるよ。

考察⑥転生した珠代と再会できるのか?

珠代もいつか転生するはずなので、その時に愈史郎(ゆしろう)と再会できれば嬉しいですよね。

ただし珠代は鬼にされた時、自暴自棄になって大量に死人を出しています。

それを考えると、珠代は地獄行き。簡単には転生できないかもしれません。

ただ珠代は無惨鬼撲滅運動で大いに貢献したので、他の鬼よりは地獄にいる期間が短くて済むんじゃないかと思います。

まとめ|ゆしろうのその後について

まとめ1

最終回を迎え現代になっても、愈史郎は相変わらず愈史郎でした。今も昔も、彼の脳内は珠代のことでいっぱいです。

正直な話をすると、最終回を読んだときは「珠代のいない世界で生き続けるのは辛いだろう」とも思いましたが…

よく考えれば、愈史郎は精神年齢がかなり高いキャラクターなんですよ。

だから寂しくても、自分の気持ちに折り合いをつけて生きていけそうな気がします。

ひよこ
珠代といた時、すでに実年齢が35歳だったからね。

 

それに茶々丸も一緒なので、きっと大丈夫でしょう。

それではここまで読んでいただきありがとうございました。

⇒鬼滅の刃まとめに戻る

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA