『悪女は砂時計をひっくり返す』原作の最終回ネタバレ!ミエールの結末は?


ピッコマで連載中の『悪女は砂時計をひっくり返す』の原作小説について、最終回までのストーリーを簡単にまとめました。

読者が気になっているであろう、ミエールの末路・アリアの出自・物語の結末などをネタバレしています。

最終回がどんな展開になるのか知りたい人は読んでみて下さい。

⇒各話のネタバレ一覧はこちら

当記事で紹介している内容は、海外のネタバレサイトや国内の某掲示板などを参考にしています。原作小説は日本国内で購入できなかったため、管理人は未読です。もし記事内容に間違いなどありましたら、お手数ですがコメント欄にてご連絡いただけると幸いです。

『悪女は砂時計をひっくり返す』原作の最終回ネタバレ

イシースの反逆

悪女は砂時計をひっくり返す・最終回ネタバレ
ひよこ
この章では、最終回までの概要を紹介するよ。

イシース(※)はクロア王国の国王・ローハンと結婚して、帝国を侵略しようと考えます。

またその際、ミエールや帝国内の貴族派も反乱に加担しました。

イシースについて
オスカーの姉であり、プレデリック家を牛耳る人物。幼い頃から「君が皇后になるんだよ」と言われて育ったものの、アースに邪険にされて激怒。またアリアのことも敵視します。

しかし、イシースの反乱は失敗に終わります。

というのも国王・ローハンとアースは親しい間柄で、帝国側に情報を漏らしていたのです。つまり最初から戦争する気など無く、イシースは踊らされていただけ。

結果、反逆者は全員まとめて逮捕。

イシースとプレデリック公爵は処刑され、生き残った貴族は爵位剥奪・財産没収という厳しい処置を受けました。

もちろんミエールとカインも平民に降格。

オスカーは本来なら処刑されるはずでしたが、事件にほぼ関わりがなく捜査に協力的だったので国外追放で済みました。

アリアの正体

アリアが公爵家の血を引いていることが判明します。

アリアの母親・カリンは平民ですが、実父・クロイ(フレイの弟)は由緒正しい家系の貴族だったのです。

そしてクロイのいるクロア王国に移住するよう誘われますが、アリアはそれを断ります。アースのために帝国に残ると断言しました。

ミエールの最後

アリアは積年の恨みを果らすため、ミエールを罠にはめて処刑台へと送ります。

そしてミエールは絶望の中、短い人生を終えました。

白うさ
ミエールの末路については、次章『各キャラの結末』にまとめたよ。

最終回ではアースがプロポーズ

城の庭園にある噴水前で、アースが盛大なプロポーズを行います。もちろん相手はアリアです。

正装したアースの両側には、剣を掲げた騎士たちがズラリと整列。まるで公式行事のような状況。

そして観客たちに見守られる中、彼はアリアの前に跪いて指先にキスをします。

「私と結婚してくださいますか?」

アリアはもちろんプロポーズを承諾し、2人は抱きしめ合いました。

各キャラの結末①ミエール編

アリアを陥れようと画策するが失敗

ゲームオーバー

アリアに父親殺しの罪を着せるため、ミエールは実父・ロースチェント伯爵を階段から突き落とします。そして屋敷の人たちに、アリアの仕業だと吹聴しました。

しかし裁判が行われると、アースの証言によりミエールは追い詰められます。貴族令嬢に嘘の証言をするよう頼んであったものの、証言は二転三転し、最終的にはミエールの指示で嘘をついたと自白。

結局、アリアは無罪となりミエールには自宅拘禁5年の刑が課されることに。

自室から一歩も出られない状態に、彼女はひたすらアリアを呪いました。

白うさ
なんか刑が軽くない?
ひよこ
はじめは懲役20年だったけど、控訴で減刑されたよ。

国外逃亡してクーデターに加担

その後ミエールは、イシースの手引きによりクロア王国へと逃亡。

イシースは「国王・ローハンと結婚して帝国を襲撃しよう」と以前から考えており、ミエールもそれに加担しますが…

襲撃当日、ローハンの裏切りにより反逆者はまとめて逮捕されました。

関連:【悪役令嬢】女性向け漫画のネタバレ感想まとめ【異世界転生】

懲役50年の刑が課される

本来なら、反逆罪によりミエールは斬首刑となる予定でした。

しかしアリアの懇願により、懲役50年へと減刑されます。

姉の温情に、ミエールは涙を流して感謝しますが…

アリアが同情する訳ありません。ただ「このまま処刑するのは面白くない」と考えただけです。つまり、ミエールをもっと苦しませるため生かしたのです。

白うさ
ミエールへの恨みは深いね。
ひよこ
多分、自分と同じ苦痛を与えたいんだよ。

そして平民に降格したミエールは、アリアの元で働くことに。しかし、他のメイドから悪質なイジメを受けます。

そんなある日。

アリアから「虐められているなら少し驚かせてやればいい」と唆されたミエールは、アドバイスに従ってアニーのお茶に毒をいれます。

ほんの少量なら、お腹を壊すくらいの毒。しかしミエールが盛った毒は致死量を超えていました。

さらにアリアの画策により、アニーではなく兄・カインが”毒入りの茶”を飲んでしまいます。

結果、カインは吐血して死亡。

それを見たミエールは絶叫し、騎士に捕縛されて翌日に処刑されました。

各キャラの結末②カイン編

カインは妹・アリアに恋心を抱くも相手にされず、さらに帝国への反逆に加担します。

しかし作戦が失敗したため爵位および財産を没収され、その後はアリアの画策により”毒入り茶”を飲んで死亡。

悲惨な死を迎えましたが、ミエールよりはマシな印象です。

関連:【傑作マンガ20選】ストーリーが秀逸な作品を厳選!文学部が本気で選びました

各キャラの結末③ロースチェント伯爵編

アリアとミエールの父親である、ロースチェント伯爵。

彼はミエールに階段から突き落とされた後、意識が戻るも半身不随となり寝たきり生活をおくることに。

またロースチェント家は爵位剥奪&財産没収となり、さらに妻(アリアの母親)からも離婚を言い渡されました。

そして全てを失った彼は、自ら命を絶ちました。

ひよこ
ミエールのせいで一族が全滅したね。
白うさ
想像以上にひどい結末だった…

感想|最終回まで読んで思ったこと

全体的な感想

ブック

前世でアリアを苦しめた人たちは、全員悲惨な結末を迎えましたね。

イシースは一足先に処刑され、ロースチェント家は全滅。そしてメイドのエマ&ベリーも粛清されました。

何というか、いかにも韓国作品らしい最終回だと思います。韓国のエンタメ作品って、主人公側は幸せになるけど敵側はことごとく悲惨な目にあう印象があります。とにかく慈悲がない。

アリアとミエールの共通点

ミエールは減刑されて生き延びるものの、その末路は悲惨なものでした。

財産を没収されて貴族令嬢から平民へと降格。メイドから執拗ないじめを受け、アリアに騙されて兄を手にかけ、惨めな死を迎えました。

とんだ転落人生ですよ。

しかもミエールの末路は、前世でアリアが死んだときと共通点が多いです。

多分アリアは、自分が受けた屈辱をそのままミエールに味合わせたのでしょう。

アリアとミエールの共通点
  • 姉(妹)に騙される
  • 悪女の汚名を着せられる
  • 毒を盛られて家族を失う
  • 誰からも同情されずに最期を迎える
  • 処刑台に連れて行かれる

状況的には、アリアよりもミエールの方が悲惨かもしれませんね。なにせ彼女は、自身の手で兄・カインを葬りましたから。

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA