【翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す96話のネタバレ感想|危険なお茶会事件がスタートする


『悪女は砂時計をひっくり返す』の96話のネタバレと感想です。

前回ミエールは『誘発花』を使い、アニーに飲ませるための毒入茶を作っていましたね。しかも確実に飲ませるため、ポット本体に毒を入れるという悪女っぷり。

このままではアリアも毒の餌食になりますが、どう回避するのでしょうか?

⇒『悪女は砂時計をひっくり返す』ネタバレ一覧はこちら

⇒最終回ネタバレはこちら

ミエールにより、毒入り茶のティーパーティーが開催される

危険なお茶会がスタート

悪女は砂時計をひっくり返す
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

アリアが屋敷に帰ってくると、すでにミエールによって『お茶会』の準備が整えられていました。

テーブルには3色のティーカップが置かれていて、ミエールによれば黄色いものがアニー用だそう。

「(毒薬の)量は調整した?やりすぎたら大変なことになるからね」

アリアが尋ねると、ミエールは目を逸らしながらも大丈夫だと答えました。

・・・

しばらくするとアニーが到着したので、ミエールは毒入りのティーポットを取りに厨房へと向かいますがー――いざお茶会の席に戻ってくると、顔を真っ青にします。

なぜなら兄・カインが席に座っていたのです。

「どうしてお兄様がここに!?」
「ミエール、久しぶりだな。アリアが招待してくれたんだ。お前が初めてお茶会を開くと聞いたから…」

おまけにカインが座っているのは、黄色いティーカップが置いてある席でした。

ひよこ
つまりアリアは、最初からカインに毒薬を飲ませる計画だったと。
白うさ
でも、ミエールが大量の毒を入れたことは知らないよね?大丈夫かな?

カインもお茶会に参加する

このままだと、カインまで毒入り茶を飲むことになります。

そのためミエールは愕然としながらも、何とか平静を装い「お兄様も参加するならティーカップが足りませんね」と厨房に引き返そうとしますがー-

背後には予備のカップを持ったジェシーが立っています。アリアが事前に指示しておいたのです。そして何も知らない彼女は、にこにこと笑顔を浮かべて言います。

「さあ、早く始めましょう。みんなミエールのお茶会を待っているわよ?」

退路は塞がれ、もはや逃げ場はなし。

ミエールはだらだらと冷や汗をたらし、ティーポットを持ったまま体をカタカタと震わせます。

「あの、これは…これはダメです。お、お兄様が来ると知っていたら、もっと良いものを用意したのに」

するとその時。

見かねたアニーが、ミエールの持っていたティーポットを取り上げました。緊張して動けないのだろうと勘違いし、アニーは自分が給仕すると言い出したのです。

そしてアニーがカインにお茶を淹れたので、ミエールは『助けて』という視線をアリアに送りますがー-

アリアはそれに気付きながらも、カインに早くお茶を飲むよう促します。

「快く飲んでくれますよね、カインお兄様?ミエールが用意したお茶ですから」
「もちろんだ」

カインがお茶を飲もうとするその瞬間、ミエールは耐えきれずに叫びました。

「ダメですってば!なんで!なんで皆!私の話を聞き入れてくれないの!!」

アリアは異常事態に気付く

明らかに様子のおかしいミエールを見て、アリアはさすがに事態を察します。

(あらまあ…ミエール、いったいお茶に何を仕掛けたの?念のため砂時計を持って来てよかった。今、使うべきかしら?ミエールが叫ぶ前まで時間を戻して…)

しかし砂時計を使う前にカインはお茶を飲んでしまい、次の瞬間、血を吐いて床に倒れました。

白うさ
うわっ!どれだけ毒を入れたの!?
ひよこ
致死量だろうね。前回の最後で、ドバっと入れてたから…

想定外の出来事にアリアは焦りながらも、ジェシーに医者を呼ぶよう指示し、アニーには例のティーポッドを保管しておくよう命令します。

そして一方。

ミエールが倒れたカインに駆け寄ると、彼は口と目と鼻から血を流しながら息も絶え絶えに言いました。

「ミエール…僕まで···捨てるのか…」

そんなはずはない。ミエールがそう伝えようとした時、アリアが駆け寄ってカインの手をきゅっと握ります。

するとカインは「不出来な妹を残していってすまない…」と言い残し、そのまま絶命しました。

お茶会の後、ミエールはどうなった?

兄を失いショックを受ける

その後、医者が駆け付けるも時すでに遅し。カインの心臓はすでに止まっています。

その最中、ミエールはアリアに向って「全部あんたのせいよ!」叫びました。ジェシーが押さえつけるも、彼女は泣きながら暴れます。

「あの女がティータイムをしようと言ったの!そのお茶をお兄様が飲んではいけなかったのに…!!」

するとアリアは瞳に涙を浮かべながら、悲しげな顔をミエールに向けます。

「じゃあ…私を殺そうとしたの?」

失言をしたことに気付き、言い淀むミエール。

するとそこに警備隊が到着してミエールを捕らえますが、あまりにショックだったのか彼女はもはや抵抗すらしません。

その様子を見たアリアは、この復讐に終わりが近づいていることを実感します。

しかし同時に、ミエールにはもっと抵抗してほしいとも思うのです。なぜなら最後まであがいてこそ、より素晴らしい復讐劇に仕上がりますから。

⇒『悪女は砂時計をひっくり返す』97話のネタバレはこちら

『悪女は砂時計をひっくり返す』96話のネタバレと補足

96話のネタバレ①ミエール視点

ネタバレ感想

アニーに毒を飲ませるため、大量の毒をティーポットに仕込んだミエール。あれだけ注意されていたのにあっさりアリアとの約束を破りましたね。

しかし結局、そのお茶をカインが最初に飲んでしまいます。結果的に、彼女は兄ゴロシの罪を背負うことになりました。

96話のネタバレ②アリア視点

アリアは恐らく、カインに少量の毒を飲ませてミエールを窮地に立たせる計画だったのでしょう。

お腹を壊すくらいの毒をカインに飲ませるだけで、この時点ではまだ命を奪う段階ではなかったと思われます。多分、これが本来の計画だったはず。

けれど予想に反して、ミエールは大量の毒をポットに仕込みました。その結果、あの無残なラストになったのでしょう。

というかアリア、今回は砂時計を使用しないのかな?

⇒『悪女は砂時計をひっくり返す』97話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA