チョコペンをきれいに書く方法は?上手く書くコツと使い方まとめ

スポンサードリンク

「チョコペンが上手く使えない!」というあなたのために、今回はチョコペンでイラストや文字をきれいに書く方法について解説します。ちょっとしたコツを守るだけなので、ぜひ試してみてくださいね。

チョコペンの種類と特徴

バレンタインチョコレート

生チョコを白い紙コップでラッピング!超簡単なアレンジ方法とは?

チョコペンは、100均やお菓子屋さんなどで手軽に買うことができます。でも、実は「固まるタイプ」と「固まらないタイプ」の2種類があるって知っていましたか?

◆固まるタイプ(速乾性)

チョコレートやクッキーのデコレーションに使います。バレンタインの手作りコーナーに置いてあるのは、大抵このタイプです。

このタイプのチョコペンは冷えると固まってしまうため、40~50度のお湯で温めてから使うのがポイントです。温めてから使わないと、使用中に中身(チョコ)が出なくなることもしばしば。

◆固まらないタイプ

デコレーションしても固まらないタイプです。こちらは、アイスやケーキに使います。

▽百均に売っている種類はこちら

セリアとダイソーのチョコペンの色は?種類が多い百均はどこ?

きれいに書く方法とコツ

スポンサードリンク

すぐに固まる時は

固まるタイプ(速乾性)のチョコペンを使っていて多いのが、「イラストを描いている最中に、チョコペンの中身が固まってしまう」というお悩み。

そんな時は、コップなどに沸騰したお湯を入れて、その中でチョコペンを温めながら使ってみて下さい。小まめに温めれば、チョコレートが固まりにくくなります。

▽詳しいやり方はこちら

ダイソーやセリアの百均チョコペンはすぐ固まる?固まらない方法は?

線がガタガタになる

チョコペンを使う時は、一定のスピードで線を書いてみて下さい。書くスピードが遅くなったり早くなったりすると、線がガタガタになってしまいます。

細い線が書けない

チョコペンで細い線を書く場合は、力加減がちょっと難しくなります。チョコレートを絞り出すというより、垂らしていく感じですね。

これは慣れが必要なので、一度クッキングペーパーなどで練習することをおススメします。かくいう私も、一発で書くのは無理でした(汗)

あとは、切り口の調整なども必要になりますね。詳しいやり方は下の記事で解説しているので、こちらも読んでみて下さいね(^^♪

チョコペンを細く書く方法は?細い線や細かい文字の書き方は?

切り口は同じ位置で切る

何色ものチョコペンを使う場合、切り口は全て同じ位置で切りましょう。というのも、チョコペンは蓋を切る位置によって、太さが変わってしまうためです。

先端を切ったペンは線が細くなり、根本の近くで切ったペンは線が太くなってしまいます。

つまり、ペンの蓋を切る位置がそれぞれ違うと、色によって線の太さが違うという状態になってしまうワケですね。

キャラクターを上手く書くコツ

色えんぴつ

生チョコでキャンディー包みのやり方は?ラッピングする包む紙はどんなのがいい?

ここまでは、チョコペンの基本的な使い方について説明してきました。という訳で、お次はキャラクターなど細かいイラストを書く時のポイントについて説明していきますね。

下絵を書いておく

子供用のお菓子を作るために、ピカチュウやハローキティなどのキャラを書きたいという人は多いかと思います。ただしその場合、お菓子に直接イラストを描いてはいけません。まずは下絵を用意しましょう。

白い紙に下絵を描き、下絵の上にOPPシート(またはクッキングペーパー)をのせて、その上からチョコペンでイラストをなぞって描いてみて下さい。

OPPシートに書いたチョコが固まったら、それを取り外してお菓子本体に飾ればOKです。これなら、失敗してもやり直しができるのでおススメですよ(^^♪

コルネの方が書きやすい?

チョコペンがどうしても使いにくい場合、コルネを使うのも手段の一つです。

「そもそもコルネって何?」という話ですが、クッキングシートなどをくるっと円錐形に巻いて作った袋のことですね。

▽コルネとは?

三角形に切ったクッキングシートを巻き上げて作るしぼり袋のことで、クッキーのアイシングやチョコレートのデコレーションなど、口金よりも細い線をしぼり出したいときに使います。クッキングシートに限らず、透明のOPPシート(薄くて強度のあるシート)で作られることもあります。

引用元:https://cookpad.com/cooking_basics/20523

クッキングシートなどでコルネを作ったら、その中に溶かしたチョコレートを流し込むだけです。これで、チョコペンのように細い線を書くことができます。

因みに私の場合、チョコペンよりもコルネの方が使いやすかったです。

まとめ

チョコペンを使う場合、「固まるタイプ」の場合はお湯で温めながら使いましょう。もし線がガタガタになるようなら、一定のスピードで書くように気を付けてみて下さいね。それが難しければ、クッキングシートなどで練習してみましょう。また、細い線を書く時は、切り口の位置や力加減もポイントです。

スポンサードリンク







あなたにオススメの記事はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA