チョコペンで肌色の作り方は?セリアやダイソーなど100均で買える? 


100均で売っているチョコペン。お菓子をデコレーションするときに便利なアイテムですよね。

でも、肌色がなくて困ったことはありませんか?

人間のキャラクターを描くとなると肌色のチョコペンは必須ですが、売っている店舗は少ないものです。

そこで今回は

  • 肌色のチョコペンを作る方法
  • 肌色のチョコペンを買える場所

について紹介します。

肌色チョコペンの作り方

チョコペン

肌色のチョコペンの作り方をまとめました。

近くの100均(セリア・ダイソーなど)に肌色のチョコペンがない場合、こちらを試してみてくださいね。

以下の組み合わせなら肌色を作れるので、人間のキャラクターを描くときに便利ですよ。

白+茶色

白+茶色の組み合わせなら、落ち着いた肌色が作れます。

白をベースにして、茶色はちょっとだけ混ぜればOKです。茶色を入れすぎると日に焼けたような肌色になるので、茶色は少しずつ足してみてください。

白うさ
白と茶色のチョコペンがない場合、ホワイトチョコと普通の板チョコで代用できるよ。

明るい肌色にしたい場合は、黄色や赤をちょっとだけ足せば調整できます。

ただし、入れすぎには要注意。黄色・赤はあくまで少量です。

バレンタインチョコレート

チョコペンをきれいに書く方法は?上手く書くコツと使い方まとめ

 

白+オレンジ

白+オレンジの組み合わせなら、明るめのきれいな肌色が作れます。上で紹介した白+茶色よりも明るい肌色なので、女子キャラクターを描くときにオススメです。

白をベースにして、オレンジはちょっとだけ混ぜればOKです。オレンジを足すときは、様子を見ながら少しずつ調整してみてください。

白のチョコペンがない場合、ホワイトチョコレートで代用しても大丈夫です。

 

白+赤+黄色

白+赤+黄色の組み合わせも、きれいな肌色が作れます。

赤+黄色=オレンジになるので、結果的には上で紹介した「白+オレンジ」と同じような色になります。

白うさ
管理人の場合、黄色を若干多めにしてオレンジ色を作っています。

ただし3色で肌色を作るとなると、やや難しいです。基本的には白+茶色・白+オレンジのように2色で作った方が簡単ですよ。

セリア・ダイソーなど100均で買える?

ダイソーのチョコペン

セリアやダイソーなど、100均にはチョコペンが豊富にそろっています。

しかし管理人が確認したところ、キレイな肌色のチョコペンは販売されていないようです。

白うさ
肌色に近いカラーはあるけど、人間のような肌色ではなく白っぽい(または黄色っぽい)色に見えるよ。

以下、セリアとダイソーに販売されているチョコペンの種類をまとめたので参考にしてみてください。

 

セリア

セリアには「チョコぴつ」というチョコペンが販売されています。20種類あるので、100均の中では品揃えが多い方でしょう。

ただし、残念ながら肌色はありません。

「チョコぴつ」の中ではバニラホワイトが肌色に近いものの、キャラクターの肌に使うなら白すぎるかなと思います。

チョコぴつの種類
ホワイト・バニラホワイト・ブラック・キャラメルブラウン・アールグレイブラウン・チョコ・オレンジ・イエロー・レッド・ピンク・マンゴーピンクオレンジ・ブルー・グリーン・抹茶グリーン・パープル・スタイリッシュグレイ・蛍光色ブルー・蛍光色イエロー・蛍光色グリーン・蛍光色ピンク

ちなみに、セリアには「チョコぴつ」のほかクリスタルペン・アイシングデコペンなども販売されています。

詳しくは下の記事にまとめたので読んでみてくださいね。チョコペンの容器なども売っているので超便利です♪

ダイソーのチョコペン

セリアとダイソーのチョコペンの色は?種類が多い百均はどこ?

 

ダイソー

ダイソーの「チョコレートペン」は14種類以上の色がそろっています。

しかし、ダイソーも肌色のチョコペンは無し。

イエローやバナナ色はあるものの黄色要素が強いので、キャラクターの肌には使いにくいでしょう。

チョコレートペンの種類
ホワイト・イエロー・バナナ・ピンク・パープル・レッド・グリーン・ブルー・ストロベリー・トロピカルパッション・オレンジ・ブラック・チョコ・キャラメル

まとめ|キレイな肌色の作り方

セリアやダイソーの販売状況

手作りチョコレート

セリアやダイソーなどの100均では、肌色のチョコペンが入手しにくいです。

バナナ色やバニラ色など、肌色に似た色なら販売されていますが…きれいな肌色のチョコペンが欲しいなら、自分で作った方が早いでしょう。

白うさ
子供にせがまれてプリキュアを描いた事があるけど、肌色だけは自作したよ。

 

キレイな肌色の作り方

肌色チョコペンの作り方ですが、下の3パターンは比較的作りやすいです。

  1. 白+オレンジ
  2. 白+茶色
  3. 白+赤+黄色

どのパターンも、白をベースにして少量の茶色・オレンジ色を混ぜればOK。

超簡単なのは「白+オレンジ」か「白+茶色」のどちらか。2色で作った方が、3色で作るよりも調整しやすいです。

白うさ
管理人の経験談だけど、3色だと調整しにくかったよ。しかも調整中にチョコが固まるんだ(笑)

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。お菓子作りの時、この記事が役に立てば嬉しいです♪

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA