『再婚承認を要求します』24~25話ネタバレと感想!別宮での2人の様子は?


LINEマンガで連載中の『再婚承認を要求します』のネタバレ感想です。24話~25話までのストーリーをまとめて紹介します。

ナビエの誕生日、彼女はソビエシュと共に別宮で過ごすことになります。

プレゼントのネックレスを受け取り、同時にキスをされますが…

2人の仲は修復されるのでしょうか?それとも更にこじれてしまうのか、夫婦の関係に目が離せませんね。

白うさ
さっそく、ネタバレ感想を見ていこう!
再婚承認を要求します

『再婚承認を要求します』ネタバレまとめ!最新話まで紹介

『再婚承認を要求します』24話ネタバレ

ナビエの首筋に口づけるが…

ナビエの首筋に、そっと口づけるソビエシュ。そして更に、唇にも口づけようとしますが…

ナビエは険しい表情で、プレゼントの箱をバシッと閉じてしまいます。

彼女は無言でしたが「病人は早く休みなさい」と言外に意味をふくめているのは明らか。

ソビエシュはしぶしぶ納得し、ため息をつきながら部屋を出て行きました。

白うさ
まあ、ソビエシュは熱があるし仕方がないね。
ひよこ
ナビエは彼の体調を心配しているんだよ。

 

別宮で1人ぼっちのナビエ

せっかく別宮に来たのに、ナビエは1人で食事をすることに。

ナビエは仕方がないと割り切っているものの、その様子はどこか寂し気。食事ものどを通りません。

 

しかし食事中、グラスに”よく知った姿”が映ります。

ナビエが振り向くと、窓の外には心配した様子のクイーンがいたのです。

部屋の中にクイーンを招き入れると、自らの翼でナビエ(の頭)をぎゅうっと抱きしめました。

白うさ
クイーンどうしたんだろう?
ひよこ
ナビエが気の毒だと思ったんじゃない?誕生日なのに、1人で食事をしていたから。

 

クイ―ンの行動に、疑問符をうかべるナビエ。

しかし「慰めてくれているのだろう」と気づき、ナビエは笑顔で彼に口づけます。

私はもうクイーンなしじゃ生きていけないかもしれないわね。

そう言って撫でてやると、彼もまた意気揚々と翼を広げました。

 

すると部屋に、焦った様子の侍女が飛び込んできます。

なんと、ソビエシュが倒れてしまったのです。

ナビエは首都から医師を呼ぶように指示すると、自らもソビエシュの元へと向かいました。

再婚承認ラスト

『再婚承認を要求します』の最終回ネタバレ!ラストはどうなる?

 

その頃、ラスタはまた恐喝されていた

一方、その頃。

ラスタの元には、ロテシュ子爵が金をせびりに来ていました。

もちろんラスタは怒りますが、ロテシュ子爵は”養育費”として金が必要なのだと言い訳をします。

ラスタの子供を育ててやっているのだから、親が金を出すのは当然だろう。

その言葉に反論することができず、ラスタはしぶしぶと指輪(かなり高価)を差し出しました。

白うさ
ラスタの子供って本当に生きてるのかな?
ひよこ
どうだろう。ロテシュ子爵が嘘をついてる可能性もあるから…子供の安否は謎のだよ。

 

宝石を受け取り、嫌な笑みを浮かべるロテシュ子爵。

そして部屋を出ていく際、”忠告”と称してラスタの不安を煽ります。

ソビエシュとナビエは別宮でのデートをきっかけに、また仲睦まじい夫婦に戻るかもしれない。

所詮ラスタは、飽きるまでのお遊びに過ぎないのだ。

ロテシュ子爵はそう告げると、笑いながら部屋を出ていきました。

その言葉を聞いたラスタは、激怒してティーカップを扉に叩きつけます。

 

皇帝の不在中、ラスタの不安は積もる

その後。

ラスタはソビエシュが倒れたため別宮での滞在期間が延びる」という話を従者から聞きます。

ラスタは顔を青くし、私も別宮に行きたいと願い出ますが…

ソビエシュかナビエから声がかからない限り、別宮に行くことはできません。

白うさ
ラスタも皇帝を心配しているのかな?
ひよこ
心配と打算が五分五分だろうね。ラスタとしては、夫婦仲が戻らないよう邪魔したい気持ちもあるんだよ。

 

そして3日後。

ラスタは気落ちしたまま庭園のブランコに腰かけていました。

するとそこにエルギ侯爵が現れ、大丈夫かと話かけます。

ひよこ
エルギ侯爵は、20話で登場したハインリの友人。こちらの記事で初登場シーンが見れるよ。

 

ラスタは冗談を言ってごまかしますが…

エルギ侯爵は「皇帝と皇后の仲が戻るのではと心配しているのだろう」と、彼女の心情をズバリ言い当てます。

図星を指され、顔を赤くするラスタ。

そんな彼女にエルギ侯爵は”とある作戦”を提案しました。

『再婚承認を要求します』25話ネタバレ

ナビエの看病

ベッド

ソビエシュが体調を崩してしまい、ナビエが付き切りで看病します。

数日間は別宮で過ごす事になったため、ナビエはラスタを呼ぼうかと提案しました。

ひよこ
ソビエシュのために、嫌いなラスタを呼んであげるんだね。

 

しかし意外なことに、ソビエシュはこれを拒否。

というのも、ラスタは可愛いし面白い子だが傍にいたら気が休まらないので、今はナビエと2人でゆっくり休みたいようです。

 

ソビエシュの帰還

1週間後。

ようやくソビエシュの熱が下がり、ナビエもようやく宮廷に帰還できました。

ラスタはソビエシュを見るなり泣いて抱き着きましたが、ナビエはそれを見ないフリ。

溜まった業務をすべてこなすため、ナビエは大忙しでした。

 

トゥアニア侯爵夫人とのお茶会

そしてあっという間に数日が過ぎると、ある日「クリスタルハウス」という貴族の社交場に招待されます。

そこで行われるのは、トゥアニア夫人のお茶会。ナビエも参加して楽しんでいたのですが…

なぜか途中でエルギ公爵とラスタが乱入します。

エルギ公爵は堂々した様子で、ナビエの手に挨拶のキスをします。一方ラスタは、その後ろでたじたじと挨拶をしています。

 

ラスタの乱入は予想外だったようで、トゥアニア公爵夫人は少し困った表情をします。

しかしエルギ公爵は悪びれることなく「あなたが主催のお茶会なら、ラスタさんにとって良い勉強になるでしょう」と言って、強引にラスタを席に座らせました。

鬼滅の刃レンタル

【比較】鬼滅の刃(きめつのやいば)の電子書籍レンタルが安いサイト

 

アレイシアの話を聞いて、ラスタは…

そんな中、お茶会の話題になったのは”リベン男爵”という人物の話。

何でも彼は、側室の子を後継者にしたいと言って妻と離婚したそうです。その”妻”は現在実家に帰っていて、彼女にはアレイシアという姉がいるそうですが…

 

アレイシアの話になった途端、場の空気が変わります。

というのも、アレイシアのはラスタの先輩にあたり、彼女もまた前王の愛人でした。

しかし、アレイシアはすぐに飽きられ短期間で捨てられてしまったのです。

白うさ
ラスタにとっては、耳が痛い話だね。
ひよこ
明日のわが身だからね。

 

アレイシアの話をしたことで、場はサアーっと静まり返ります。

そしてこの話を聞いたとき、ラスタは無表情でその瞳は真っ暗。何も映していませんでした。

白うさ
周りの貴族たちも困るよね。これ。
ひよこ
ディープすぎて下手に慰められないよ。

 

しかしラスタはすぐ、いつもの表情に戻ると「貴族が側室を何人も置くって本当だったんですね」と愛らしい笑顔を振りまきます。

すると隣の貴族男性が、どこも政略結婚だから仕方がないんですよとフォローしてくれたのですが…

ラスタはその直後、満面の笑みで

トゥアニア侯爵夫人に愛人が5人もいると聞いてビックリしましたが、当たり前なんですね。

…と夫人を侮辱しました。

白うさ
やばいってこれ!
ひよこ
ラスタは天然だから侮辱したことに気づいてないかも…?

 

トゥアニア侯爵夫人は明らかに気分を損ね、お茶会を去っていきました。

そしてこの惨状を生み出したラスタは、いつものようにオロオロするばかり。

ナビエはその状況を見つめて、しばらく騒がしくなりそうだなと考えていました。

⇒26話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA