『再婚承認を要求します』20~21話ネタバレと感想!国交会議のはじまり


LINEマンガで連載されている『再婚承認を要求します』のネタバレ感想です。20話~21話までのストーリーをまとめて紹介します。

前回のラストでは、散歩中のハインリとラスタが遭遇しましたね。無視するハインリに対し、ラスタは好意的なようですが…

この先、どうなるのでしょうか?ネタバレを見てみましょう。

再婚承認を要求します

『再婚承認を要求します』ネタバレまとめ!最新話まで紹介

『再婚承認を要求します』20話ネタバレ

ラスタとハインリの会話

女の子と花畑

涙ぐみながら「王子は素敵な方ですね」と告げるラスタ。その言葉を聞き、ハインリは怪訝な顔をします。

ラスタ曰く。

逃亡奴隷だと噂されてから、ラスタに対する周囲の態度はガラッと変化したそうです。

昨日まで優しかった人たちが、急にラスタをあざ笑うようになりました。

そんな中、ハインリはずっと態度が変わりません。友好的ではないものの、彼の態度はいつもと同じでした。

その事に、ラスタはとても感動したと言いますが…

ハインリは興味のない様子で、さっさと立ち去ってしまいます。

文通の件で嘘をつかれた経験もあり、彼はラスタに優しくする気など無いのです。

エルギ侯爵の噂

ナビエと侍女(イライザ&ローラ)がティータイムを過ごしていると、侍女のローラが”エルギ・ク―ディア侯爵”の噂をはじめます。

エルギ侯爵は、ブルーボヘアンの王族でありハインリの友人。美しい容姿をした若い男性です。

現在、彼はハインリに会うため宮殿に来ていますが…

エルギ侯爵はなぜか、ラスタと親密になったとの事。

噂によると、とある貴族がラスタを皮肉ったところ、エルギ侯爵が貴族の顔面をパンチしたのだとか。

エルギ侯爵とラスタ

一方その頃。

エルギ侯爵とラスタは、2人でティータイムを過ごしていました。

もちろん2人は初対面ですが、顔面パンチの件がきっかけで親しくなった様子。

ラスタはその件について礼を言いますが、エルギ侯爵は「当然のことをしたまでです」と謙虚に答えました。

そして彼は、ラスタが宮殿で悪口を言われていること(奴隷だとあざ笑う貴族がいる)を知って憤慨します。

拳を握りしめ、もし奴隷出身だったらなんだと言うんだ!と歯を食いしばりました。

 

エルギ侯爵は、この問題は早く解決すべきだと言います。

解決策がないと嘆くラスタに、彼は「誰か身代わりを用意すればいい」と提案しました。

噛み付かれ、引き裂かれる対象を他の人に移せばいい。

そう提案する彼の顔は、とても酷薄でした。

謎の手紙

翌日の朝。ナビエが目覚めるとハインリからの手紙が届いていました。

手紙には一言だけ

「私を信じてください」

と書かれています。

しかし、ナビエは何のことだかわかりません。疑問だけが残るのでした。

コーヒーと机

『ギルティ』の電子書籍レンタルが安いサイトは?比較した結果

 

国交問題会議がスタート

ルイフトと国交を結ぶため、会議が行われました。

2つの大陸間を行き来するには最低半年かかるため、会議は難航。結局、決定したのは責任者がナビエという事だけでした。

しかも、ナビエを推薦したのはカフメン大公。

彼は以前のパーティーで、ナビエのことを「実に愚かだ」と称していました。なのに、なぜかナビエを推薦したのです。

意味がわかりません。

白うさ
ナビエとカフメン大公の会話は、15話参照です。

 

ナビエは会議の後で、カフメン大公に尋ねます。なぜ私を責任者に推薦したのですかと。

カフメン大公曰く。

彼の国の話(皇帝の愛人が見つかったら、皇后に殺される話)を聞いて、ルイフトの風習を理解してくれたのはナビエだけだったそうです。

不機嫌になるソビエシュ

ナビエとカフメン大公が話し終えた時。

なぜかソビエシュが、不機嫌そうな顔でナビエを睨んでいました。

どうしたのかと尋ねるナビエに、彼は「外国人が好みなのか?」と嫉妬をあらわにします。

『再婚承認を要求します』21話ネタバレ

ソビエシュの嫉妬

不倫と離婚

ナビエとカフメン大公は、ただ会話をしていただけ。やましい事などありません。

しかしソビエシュは、2人が会話する様子を見て「ナビエはカフメン大公に好意がある」と勘違いしたのです。

ナビエはもちろん否定しますが、ソビエシュは険しい顔で詰め寄ります。

そんな夫を見たナビエは、ため息をつきその場を立ち去りました。

白うさ
ソビエシュわがまますぎる!自分はラスタを侍らせてるくせに、ナビエが他の男性を見ただけで嫉妬するなんて!

ナビエに近づく影の正体

ルイフトに関する会議が終わると、次は予算会議が行われました。

結果、全ての会議が終わったのは夜遅く。

会議室から自室までは距離があるため、ナビエは護衛の騎士を連れて夜空の下を歩いていました。

 

するとそこに。

木の陰に隠れながら、こちらに近づいてくる女性がいます。

彼女は以前、ナビエの侍女をしていた女性。人目を忍んでここまで来たらしく、やつれた顔からは心労が伺えます。

白うさ
元侍女?なんの用事だろう?

 

元侍女が伝えにきたのは、他でもないラスタについて。

ロテシュ子爵がラスタの弱点を握っていると、どうしてもナビエに知らせたかったのです。

しかし話の途中、元侍女はサッと身を隠してしまいます。

気が付くと、すぐ近くにラスタが立っていたのです。

ラスタの用事

ラスタは”トゥアニア侯爵夫人”について聞きたいことがあり、ナビエを探していたと言います。

トゥアニア侯爵夫人の周りにはいつもたくさんの男性がいて、本人もそれを楽しんでいる様子。しかし既婚者なのだから、そのような行動を慎むべきではないか…

言葉こそ控えめですが、ラスタはトゥアニア侯爵夫人を責めました。

 

しかしナビエは、その言葉を否定します。

トゥアニア侯爵夫人は男女問わず人気があるから、たまたまそう見えただけでしょう。彼女に問題はありません。

ナビエはそう言って、ラスタに口を慎むよう注意しました。

その後、ラスタは引き下がったものの納得していない表情でした。

 

自室に戻ったナビエは、なぜラスタが急にトゥアニア侯爵夫人の話を持ち出したのか、疑問に思います。

白うさ
20話で「身代わりを用意する」って話してたから、トゥアニア侯爵夫人をターゲットに選んだのかな?

願いを叶えてくれる木

ナビエの仕事中、傍にいたソビエシュが子供時代の話を語りました。

ナビエとソビエシュが子供だった頃。

東大帝国には「願い事をしながら植えるとその願いが叶うと言われる木」があり、2人は一緒にその木を埋めたのです。

何をお願いしたのかと尋ねるソビエシュに、当時のナビエは「背を伸ばしたい」と答えました。

 

懐かしい記憶を思い出し、ソビエシュは「皇后の背が高いのも、あの木のおかげかもな」と言って笑いましたが…

ナビエが本当に願ったのは、身長のことではありません。

ソビエシュと一生仲良くいられるようにと願っていたのです。

その願いは叶わなかったけれど。

【浦島太郎の考察】なぜ結末で鶴になる?意味がわからない点を解説

 

ナビエへの誕生日プレゼント

ナビエの誕生日が近づくと、彼女宛にたくさんのプレゼントが届き始めます。

珍しい書籍・宝石・生地。

中には”恋の妙薬”などいかがわしい物も含まれていました。

 

ナビエがプレゼントを眺めていると、そこにクイーンが到着します。

クイーンは今回、手紙ではなくリボンのかかった赤い箱を運んできました。

白うさ
この箱は、ハインリからの誕生日プレゼントだね。

ナビエは赤い箱を受け取ると、さっそくリボンを解いて中身を確認します。すると、中にあったのは…

⇒22話のネタバレはこちら

20~21話を読んだ感想

ネタバレ感想

会議のシーンでは、ナビエの優秀さが伺えます。カルメン大公は、ナビエの理解力や語学力の高さに気づいたから、責任者に推薦したのでしょうね。

彼女は完璧な皇后と言われるだけあり、顔だけでなく頭もいいです。

な・の・に!!

皇帝から「外国人が好みなのか」とイチャモンを付けられて罵られて…

まさに不遇の皇后。これは酷すぎると思いました。

そもそもソビエシュって、自分はラスタを侍らせて堂々と浮気してるんですよ。

なのに、ナビエが他の男と会話しただけで「そなたは私の妻だぞ!」と言って難癖付けるって、あり得ません。

どんな神経してるんだ。

白うさ
もうね、ナビエはさっさと離婚するべきだと思うの。早く1話のシーンがこないかな…

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA