『再婚承認を要求します』26~27話ネタバレと感想!ラスタの不審な動き


LINEマンガで連載中の『再婚承認を要求します』のネタバレ感想です。26話~27話までのストーリーをまとめて紹介します。

前回、ナビエはトゥアニア侯爵夫人のティーパティ―に参加したものの、途中でラスタとエルギ侯爵が乱入しました。

そして更に、ラスタは「夫人は5人も愛人がいるんですね!」と爆弾発言をしていきましたね。

白うさ
目上の相手に、とんだ失礼発言だよ。

 

今後、ラスタとトゥアニア侯爵夫人の間にはひと悶着ありそうですが、一体どうなるのでしょうか?

さっそく、ネタバレ感想を見てみましょう。

再婚承認を要求します

『再婚承認を要求します』ネタバレまとめ!最新話まで紹介

『再婚承認を要求します』26話ネタバレ

お茶会後のラスタ

再婚承認を要求します

お茶会から宮廷に戻った後、ラスタはエルギ侯爵を自室に招きます。

そして2人きりになると、ラスタは「これでトゥアニア侯爵夫人は孤立するでしょうか?」と相談をしました。

白うさ
あの発言、わざとだったんだね。
ひよこ
うわあ、ラスタって性悪だね…

 

確かに、ラスタの発言でトゥアニア侯爵夫人の印象は悪くなりました。しかし、この程度では孤立しません。

そのためエルギ侯爵は、今後はラスタ1人で上手くやるようにと言い聞かせます。

ラスタは協力者がほしいので、可愛らしく彼に甘えますが…

エルギ侯爵は大笑いし「私はそう簡単に騙されないぞ?」と、ラスタに耳打ちしました。

そして用事があると言い、彼はラスタの部屋を去ってしまいます。

 

エルギ侯爵の用事

ナビエが宮廷の廊下を歩いていると、エルギ侯爵と出会います。

どうやらエルギ侯爵は、3時間もナビエを待っていたようです。

何の用事か問いかけると、彼は「ハインリから私の悪い噂を聞いていませんか?」と質問をします。

エルギ侯爵によると、ハインリは気に入った女性に”エルギ侯爵の悪口”を言うため困っているそうです。

白うさ
そういえば22話で言ってたね。

 

さらに彼は、ハインリのような軽い男はナビエに不釣り合いだとも言います。

ハインリは自分と正反対の人間を求める身の程知らずで、しかも裏表がある。人を平気で傷つけるような奴だから、あまり信用しない方がいい…

そう言って、親友であるはずのハインリを酷評し続けました。

さらに彼は、ハインリが数年前から”何か”を企ているとほのめかします。

白うさ
そしてこの間、ナビエはずっと鉄面皮。
ひよこ
ハインリの悪口を言われて、少しイライラしてるみたいだね。

 

ソビエシュ、また嫉妬する

エルギ侯爵が一方的に喋りつづけていると、そこにソビエシュが近づいてきます。

不機嫌そうなソビエシュを見て、エルギ侯爵はすぐに退散しますが…

2人きりになるや、ソビエシュは唐突に「今ので確信したよ。皇后は外国人が好みなんだ」と嫉妬をあらわにしました。

どうやら彼の中では「外国の男性と会話をする=外国の男がタイプ」という方程式が成り立っているようです。

白うさ
ソビエシュ面倒くさいな。
ひよこ
早く離婚しようぜ!

 

この言葉を聞き、ナビエも不機嫌な顔になります。

しかしソビエシュはそれに気づかず、口が上手いから「いい男」とは限らないんだと説教をはじめます。

しかも「いい男」の代表例として自分をあげるものだから、ナビエは一層、不快感をあらわにしました。

 

自室に戻ったソビエシュは…

自分のことは棚に上げ、ナビエが恋人をつくるのは嫌がるソビエシュ。

自室に戻ったあとも彼の機嫌は直らず、難しい顔をしていました。

ひよこ
盗人猛々しいな。

 

”エルギ侯爵とナビエの仲”についてラスタに尋ねるももの、彼女は2人の仲を否定します。

にこやかな顔で、皇后とエルギ侯爵が親しいなんて聞いたことがないと答えますが…

実は、ラスタのこの言葉は嘘。

お茶会の後(26話1項参照)で、エルギ侯爵はこっそり「ラスタのために皇后陛下を誘惑する」と宣言していたのです。

ひよこ
つまり今回、エルギ侯爵は有言実行したワケだね。
現時点では、エルギ侯爵の真意は不明です。ラスタのためを思ってナビエに近づいたのか、それ以外の目的があるのか不明です。

 

ラスタの指輪

ラスタとの会話中、ソビエシュは”ある事”に気づきました。

というのも、以前贈った”赤い指輪”をラスタがはめていないのです。回復魔法がかけられた指輪なので、彼はラスタに身に着けていて欲しかったようですが…

ラスタは指輪の効力を知らなかったので、指輪をロテシュ子爵に渡してしまいました。

なので彼女は泣いたフリをして「可哀想な使用人にあげてしまった。できればもう1つほしい」とねだります。

 

赤い指輪はもう1つあるものの、それは現在ナビエが所持しています。

なのでソビエシュは、似たものが手に入ったらまたプレゼントしようと約束をします。

『再婚承認を要求します』27話ネタバレ

ラスタ、ロテシュ子爵に反撃する

ある日、ラスタの自室にはまたロテシュ子爵が訪れていました。

ロテシュ子爵は相変わらず、ラスタを馬鹿にした態度を取りますが…

しかし今回、ラスタは言いなりにはなりません。

目をキッと釣り上げ「今後も手を組むなら、あなたが役に立つのか実力を見せて」と、強い口調でロテシュ子爵に相対しました。

そして同時に、トゥアニア侯爵夫人の弱みを探ってくるよう指示します。

ラスタ、ナビエに”お願い”をする

ナビエが宮廷内を歩いていると、ラスタとすれ違いました。

ラスタはお辞儀をして挨拶した後、もじもじと何かを言いたそうな仕草を見せます。

どうしたのかと尋ねると、ラスタは突然「エルギ侯爵には手を出さないで欲しい」と言いました。

というのも、ラスタが奴隷だと暴露されたとき、エルギ侯爵は彼女を励ましてくれました(20話参照)

その時からラスタにとって、彼はただ1人の友人なのです。

だからこそ、エルギ侯爵を奪わないでほしいと懇願しました。

白うさ
前回、エルギ侯爵が「ナビエを誘惑する」と言ってたから心配してるんだね。
ひよこ
これ、図々しくない?ナビエの夫を奪ったくせに…

 

ラスタの懇願を聞いたナビエは、心配しなくてもエルギ侯爵とは親しくしないと断言します。

それを聞いて大喜びするラスタですが…

喜んだのも束の間。

ナビエは「私はあなたのように人のものを奪ったりしない。人のものを横取りするほど飢えてはいないから」と言い放ちます。

そして去っていくナビエを、ラスタは無言で見ているだけでした。

白うさ
このセリフから、ナビエの気位の高さがわかるね。
ひよこ
自分から奪うような、卑しい行為はしないって事かな。皇后としてのプライドが高いね。

 

ナビエの出した交換条件に、皇帝が怒る

ナビエとソビエシュが食事をしている最中、彼は「砂漠の花」を貸して欲しいと願い出ます。

ひよこ
「砂漠の花」は26話で登場したね。ケガを治せる赤い指輪のことだよ。

 

ソビエシュは、手をケガした人に指輪を貸してやりたいと説明しました。

しかしナビエは、それがラスタのことだと見抜きます。

図星をつかれたソビエシュは、一瞬ビクッとして沈黙します。ラスタが相手だと知られれば、指輪を借りられないと思ったのでしょう。

しかしナビエは意外にも、条件付きで貸してもいいと提案しました。

ナビエの提案とは、砂漠の花を貸す代わりにソビエシュの所有する”魔法物品”を担保として借りること。

それだけなら、取引として問題はありませんが…

その後、ナビエは冷たい笑顔で

「私にも貸してあげたい人(浮気相手)ができるかもしれませんから」

と嫌味を言いました。

白うさ
おお、辛辣!!
ひよこ
ナビエの反撃だね。顔には出さないけど、相当怒ってるみたい。

 

ナビエの言葉を聞いて、ソビエシュは激怒します。

皇帝の私物を浮気相手に貸す気か!嫌なら嫌だと言え!

そう言って、一方的に話を打ち切り出て行ってしまいました。

鬼滅の刃レンタル

【比較】鬼滅の刃(きめつのやいば)の電子書籍レンタルが安いサイト

 

食後、ハインリと久しぶりに逢瀬

食後、ナビエが庭に出るとハインリが待っていました。

彼はナビエに会いに来たらしく、彼女を見つけると嬉しそうに顔を綻ばせます。

白うさ
ハインリは本当にナビエが大好きだね。

 

ハインリの腕には、ふくれっ面の青い鳥(ハインリの部下が変身した姿)が抱かれています。

ナビエはその鳥を撫でて、抱かせて欲しいと言いますが…

ハインリは拗ねたような顔で「いけません」と断りました。

ハインリが断った理由は「ナビエの抱っこは俺のもの!」という独占欲からだと思われます。部下を渡すのが嫌だったワケではないのでしょう。

 

ハインリは青い鳥を解放し、先に帰らせます。

そして2人きりになると、ハインリは冗談を言ってナビエを楽しませました。談笑しながらクスクスと笑うナビエに、いつもの冷徹さはありません。

ソビエシュといる時と違い、心から笑っている様子でした。

 

そんな中、ナビエは気になっていたことを訪ねます。

エルギ侯爵が言っていた「ハインリの計画」についてです。

エルギ侯爵によると、ハインリは数年前から”何かの計画”を立てている様子。ナビエは立場上、それがどんな計画か聞きださなければなりません。

真剣な表情のナビエに、当事者であるハインリはうろたえた顔を見せます。

⇒28話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

2 件のコメント

  • コメントありがとうございます!
    26~27話はややこしいシーンが無かったので、比較的書きやすかったです。
    次回もがんばりますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA