今世は当主になります81話のネタバレと感想|宝石細工師のクロイリーと交渉する


漫画『今世は当主になります』の81話のネタバレと感想です。

フィレンティアは有名な宝石店を訪れると、職人に会わせるよう要求しました。というのもこの店には、トップクラスの技術力を持つ『宝石細工師』がいるのです。

果たして宝石細工師との交渉は上手くいくのでしょうか?

⇒『今世は当主になります』ネタバレ一覧はこちら

⇒キャラクター一覧はこちら

宝石細工師のクロイリーに対し、フィレンティアはある提案をする

宝石細工師に会わせて!

今世は当主になります
以下の文章は、管理人が韓国版原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

フィレンティアが宝石職人を連れてくるように言うと、店員は渋い顔をします。

しかし彼女に同行しているのがクレリバンーーーつまりギャラハン衣服店およびフェレット商会の責任者だと知ると、すぐに指示に従いました。

ひよこ
店員からすれば、大企業の責任者を敵に回したくないだろうね。
白うさ
お願いというより圧迫。

宝石細工師・クロイリーに出会う

そうして連れて来られたのは、宝石細工師のクロイリー・アイバン。いかにも職人らしい、髭をはやした老人です。

しかし彼はフィレンティアの依頼を聞くと、それは無理だとキッパリ断りました。

「しかし、私たちの依頼はきっとクロイリーさんにとっても良い機会でしょう。どうかもう一度考えを…」

クレリバンは食い下がるも、クロイリーはアイバンの宝石を磨く作業だけで手一杯だと答えます。

しかしそれは言い訳であり、本心では「この場で依頼を1つでも引き受けたら、他の人からも依頼されて面倒事になるだろう」と考えて断ったのです。

するとその時、フィレンティアは提案をしました。

クロイリーが一度も扱ったことがない原石を持ってくるので、依頼を引き受けてほしいと条件を出したのです。

すると効果はてきめんで、クロイリーはあっさり条件を飲みます。

なぜなら彼はトップクラスの宝石職人なので、自分が扱ったことのない原石などあるはずないと思っていたのです。

だからこそ彼は「そんな原石があるなら、私は仕事もせずに作業しよう!」と約束しますがーーーフィレンティアがにやりと笑うのを見て、悪寒を感じるのでした。

ペレス視点|ラビニ皇后に呼び出されて皇居を訪ねる

ラビニ皇后からの呼び出し

一方その頃。

ペレスは自分の宮殿で過ごしていたところ、突然ラビニ皇后に呼び出されたので皇居に向かいます。

そして皇居にある室内庭園を訪れるとテーブル席に案内されて、ラビニ皇后が手ずからお茶を淹れてくれますがーーー彼女の背後にある棚には、毒性の強い花が置かれています。

つまりラビニ皇后は、毒草を触ったその手でペレスにお茶を淹れたのです。

ひよこ
この人、とんでもない悪女だよね。
白うさ
全体的にやり方が陰湿なんだよ。えげつない。

ペレスはそれに気付いたのでお茶を飲まずにいると、彼女は優雅に微笑みながら催促します。

「どうして飲まないのですか?もしかして私の真心が気に入らないのですか?」

このままペレスが断り続ければ、皇后の気遣いを断った恩知らずに見えるでしょう。とはいえ怪しいお茶を飲むのは嫌なので、ペレスははっきりと断りました。

「私は結構です。草ならもううんざりですから。そんなに貴重なお茶なら、皇后様が私の分まで召し上がってください」

するとラビニ皇后はあらあら残念ですね…と言いながらも、今日ペレスを呼び出した理由について話しはじめます。

「…たとえ私が皇子の生母でなくとも、皇帝陛下は第2皇子を心配する私の気持ちを理解してくれました。これからはこの私が、皇子の母になってあげましょう」

ラビニ皇后はペレスの実母と乳母を手にかけておきながら、彼の育ての親になると言い出したのです。

その言葉はペレスを激怒させるには十分でした。それでも彼が必死に怒りを抑えていると、ラビニ皇后はさらに言葉を続けます。

「…いろいろ考えたのですが、“母親として”第2皇子の足りない部分をどう補うべきか悩んだ末、最善の教育法を思いつきました。皇子、アカデミーに行く準備をしてください」

しかしその瞬間、ペレスは席を立ちあがります。そしてラビニ皇后の静止も聞かずに、その場を立ち去るのでした。

⇒『今世は当主になります』82話のネタバレはこちら

まとめ|今世は当主になります81話のネタバレと感想

81話のネタバレと感想|ラビニ皇后の策略について

ネタバレ感想

81話の後半にて、ペレスはラビニ皇后から呼び出しを受けます。いざ会いに行ってみると、彼女は相変わらず残酷でペレスに毒入り茶(推定)をすすめてくる始末。どうしようもない悪女ですね。

そして今回、ラビニ皇后は皇后宮ではなく皇帝宮にペレスを呼び出しました。つまり特別な用事があるという事ですがーーー

その内容は、ラビニ皇后がペレスの母親になるというもの。しかもすでに皇帝から許可を得ているようです。

なぜ彼女がそんな提案をしたのかといえば、邪魔なペレスを遠くに追い払うためです。ペレスを心配するフリをしながら、アカデミーに送ってしまおうと考えたのでしょう。

そしてこうなった以上、ペレスに拒否権はありません。

彼はフィレンティアと離れるのを嫌がっていますが、そう遠くないうちにアカデミー行きが決定するでしょう。

⇒『今世は当主になります』82話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA