義家族に執着されています45話のネタバレと感想|アデウスはなぜかテルデオの情報を知りたがる


漫画『義家族に執着されています』の45話のネタバレと感想です。

ペレシャティは駙馬(ふば)に城内を案内された後、3人の友人と久しぶりに会話をします。なお途中でアデウスも現れて、なぜかテルデオにまつわる情報を聞きたがりました。

なぜ彼はそんなことを聞くのか、そして舞踏会は無事に終わるのか。ストーリーの続きをまとめたのでご覧ください。

>『義家族に執着されています』ネタバレ全話はこちら

>最終回のネタバレはこちら

テルデオに呼ばれた後、なぜか皆で挨拶に行くことになる

みんなでテルデオに会いに行く

義家族に執着されていますネタバレ
以下の文章は、管理人が韓国版サイトを見ながらまとめたネタバレです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

テルデオに呼ばれたため、ペレシャティは彼のもとに行こうとしますがーーーなぜかアデウスと友人3人も行きたいと言い出したので、結局みんなで一緒に行くことになります。

そして道中、アデウスは自らの胸のうちを語りました。

というのも彼は以前の誘拐事件について、責任を感じているそうなのです。そもそも彼がペレシャティに会いたいと言わなければ、あんな事件は起こらなかったでしょうから。

そしてアデウスは「もし今後、私の助けが必要でしたら気軽におっしゃってください」と言うので、ペレシャティは少し動揺しながらも返事をするのでした。

アデウスの奇妙な行動

またこの時、友人たちが質問します。

「アデウスさんも大公閣下に会いたくて行くのですか?」

しかし彼はにこりと笑いながら、テルデオのことは嫌いだと答えます。

そのストレートな物言いに、絶句する一同。特にペレシャティは冷や汗をたらし、じゃあ何でついてくるの?と動揺しました。

白うさ
テルデオは不器用だけど優しい人なのに、なんで嫌われたんだろう?
ひよこ
愛想の悪さが原因なのか、それとも他に理由があるのか…

アデウスはテルデオを嫌っているらしいが・・・

テルデオとアデウスが対面する

テルデオのもとに到着すると、ペレシャティは友人たちを紹介します。

その一方でアデウスは、口元に笑みを浮かべながら光の消えた瞳でテルデオを凝視しています。

なおテルデオは頭に疑問符を浮かべながらも、無表情で相手を見つめ返している状態。

ペレシャティはその状況に困惑しますが、アデウスも友人たちも挨拶が終わるとすぐに帰ったので何事もなく終わりました。

舞踏会後、2人は馬車の中で会話をする

カボチャの馬車アイコン1

舞踏会が終わって馬車で屋敷に帰る途中、テルデオは言いました。

「皇太子殿下があなたに関心があるようだ」

彼によれば、皇太子・ダリアと会話をしたところペレシャティのことをしきりに聞かれたそう。

また彼は話をした後、じっとペレシャティを見つめるではありませんか。そこで彼女は『今度は私が話す番なのかな?』と思い、友人たちに事業の相談をしたことについて話しました。

・・・

いくつか言葉を交わした後、テルデオは明日からまた屋敷を留守にすると言い出します。というのもジェンと取引して血を流出させた業者のうち、2人が行方をくらましたのです。

それを聞いたペレシャティは、その業者が持っている帳簿を見つけたら名簿に継母たちの名前があるかどうか確認してほしいと頼みます。

するとテルデオはうなずくと同時に、他に必要なものはないか?と質問します。そこで彼女は戸惑いながらも、1つ頼みごとをしました。

ペレシャティの望みを知り、グローリアは快諾する

後日、グローリアに呼び出される

後日、ペレシャティはグローリアに呼び出されます。

「屋敷のパーティー会場を借りたいと言ったらしいわね。大体の話はテオに聞いた。あなたの思う通りにしなさい」

その言葉にペレシャティは目を丸くします。そもそも計画は未定であり、また人が大勢来るとなると問題が起こるかもしれません。

しかしそれを伝えても、グローリアは別館で進めれば問題ないと言って意見を変えませんでした。

白うさ
馬車の中で、テルデオに会場を貸してほしいって頼んだのかな?
ひよこ
そうだろうね。そしてグローリアは快諾したと。

(この屋敷で行う初めてのパーティーなのに?当然ダメだとおっしゃると思ったのに..)

グローリアの反応があまりに予想と違ったため、戸惑うペレシャティ。するとグローリアは心底不思議そうに質問しました。

「ただ理解できない部分があったの。あなたが費用を出すというの?」

その言葉に、ペレシャティはますます混乱しました。

自分が主催するパーティーなのだから、自分で費用を負担するのは当然だと思っていたのです。

⇒『義家族に執着されています』46話のネタバレはこちら

まとめ|義家族に執着されています45話のネタバレと感想

45話のネタバレと感想①ダリアの意図が気になる

ネタバレ感想

テルデオによれば、皇太子・ダリアはペレシャティに興味があるようです。舞踏会の時もテルデオにあれこれ質問してきたそうなので、よほど気になるのでしょうね。

とはいえダリアの興味が純粋なものなのか、悪意にまみれたものなのか…この辺については謎が多いです。悪い意味でペレシャティに興味を持っている可能性もあります。

何となくですが、ダリアは一筋縄ではいかないイメージがあるので後者かもしれませんね(もしダリアが善人だったら、後から全力で謝ります)

45話のネタバレと感想②グローリア様が太っ腹な件

45話にて、ペレシャティは屋敷でパーティーを開きたいと言い出しました。本来なら実家のザハルト伯爵邸で開催するべきですが、現状それは出来ないのでラピレオン邸でパーティーを開くことにしたのです。

とはいえペレシャティは、提案したものの絶対に反対されると思っていました。ラピレオン家の事情を考えれば当然でしょう。

しかし予想とは裏腹に、グローリアはあっさり開催を許可します。しかも45話の最後では、パーティーの費用はラピレオン家で負担するべきでは?とまで言っていました。

グローリア、かなりペレシャティに甘くなっていますね。初登場時は厳しい印象でしたが、流出事件のあとは太っ腹な貴婦人というイメージです。

それだけペレシャティのことを気に入ったのかもしれませんね。

⇒『義家族に執着されています』46話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA