【今世は当主になります】キャラクター一覧と相関図・家系図まとめ


『今世は当主になります』には、たくさんのキャラクターが登場します。特に主人公・フィレンティアは名家の生まれなので、血縁者や関係者も多いですよね。

そこでこの記事では『今世は当主になります』に登場するキャラクターを一覧でまとめました。

ロンバルディ家の相関図(家系図)も作ったので、本編を楽しむための参考にしてください。

⇒『今世は当主になります』全話ネタバレはこちら

現在編集中のため、一部キャラクターがファーストネームしか記載されていません。今後追記していきます。

はじめに|ランブル帝国の世界観と歴史

イギリスの城

主人公・フィレンティアが生まれたロンバルディ家は、ランブル帝国において随一の名家です。

当主・ルーラックの死をきっかけに滅亡するまでは、輝かしい栄光を持つ家門でした。

なおルーラックが倒れた後、愚かなロンバルディ一族は賭博におぼれた第1皇子を指示したうえに、第2皇子を攻撃してしまいます。そのため第2皇子が皇太子に選ばれた後は、逆風にさらされました。

白うさ
ルーラックの死後、ロンバルディ家はたった2年で滅亡したよ。

『今世は当主になります』のキャラクター一覧

ロンバルディ一族

フィレンティア

今世は当主になります宣材

引用元:引用元:https://piccoma.com/web/product/67335

『今世は当主になります』の主人公。人生3週目。

1回目の人生では、日本に生まれ若くして交通事故で亡くなりました。

2回目の人生では、名家『ロンバルディ家』の娘・フィレンティアとして生を受けるも、婚外子のため待遇が悪く、馬車にひかれて若くして命を落とします。

3回目の人生では、気が付くと7歳の頃のフィレンティアに戻っていました。そして今度こそ父親と家紋を守るため、自身がロンバルディ家の当主となることを決意します。

白うさ
前世での記憶を活かし、下剋上を目指す女の子だよ。

ギャラハン

フィレンティアの父親。心優しく気弱で、娘を溺愛しています。

なお8話では、ルーラックに「あまりに心弱くて何もしようとしない」と評されたほどの小心者。

また前世では難病を患っていたため、フィレンティアが11歳になる数日前に亡くなりました。

ルーラック

ロンバルディの当主であり、フィレンティアの祖父。賢く偉大な人物。

奨学金制度を考案して身分に関係なく優秀な人材を育てるなど、さまざまな功績を残しています。

ベレサック

フィレンティアのいとこで、彼女を「はずれ者」と言っていじめる性悪な男の子。いとこの中では一番年上(連載当初は10歳)

アスタリウ

いとこその2。いつもベレサックに付いて回り、フィレンティアへの嫌がらせにも加担しています(連載当初は8歳)

メイロン&ギリウ

双子のいとこ。転生前はフィレンティアに無関心でしたが、転生後(8話以降)は彼女によく懐いています。なお髪を左分けにしているのがギリウで、右分けがメイロン。

ララネ

ベレサックの姉ですが、弟とは違って賢くかわいい子。8話以降はフィレンティアとも仲良しになります。

シャナネット

メイロン&ギリウの母親で、フィレンティアの叔母。優秀かつ公平な人柄です。一族内ではオシドリ夫婦として有名でしたが、数年後に離婚してしまいます。

ベスティアン・スルス

メイロン&ギリウの父親。表面上は穏やかでシャナネットにとっては良き夫ですが、ルーラックから信頼されていません。

なおロンバルディを名乗ることを許されいないため、性は結婚前の”スルス”のまま。

ビエーゼ

ベレサックの父親であり、当主・ルーラックの長兄。つまりフィレンティアの叔父。

ルーラック亡き後はロンバルディの当主になるも、2年で家門を滅亡させました。

セラル

ビエーゼの妻であり、ベレサックの母親。皇后のいとこ(19話登場)

ローレルズ

叔父その2。アスタリウの父親で、ルーラックの次男。

クレニー

アスタリウの弟。

ナタリア

当主・ルーラックの妻。ギャラハンによれば優しい女性だったそう。

フィレンティアの母親

フィレンティアの母親は産後に亡くなりました。名家のギャラハンと結婚したものの、平民だったため正式な婚約者として認められず、娘のフィレンティアは婚外子とされました。

ロンバルディ家に仕える人々

クレリバン・フェレット

ロンバルディで教師として働く男性。後にルーラックの右腕になるほど賢い人物。

なお、フィレンティアの才能にも早い段階で気づきました。

ひよこ
『今世は当主になります』の中でも、トップクラスで頭のいい人だよ。

オマリー博士

ロンバルディの専属医師。

エスティラ

オマリー博士の教え子。薬の調合に長けていて、後々重要な薬を作る人物です。

アルペオ・ジャン

30歳で花開いた天才彫刻家。ロンバルディの屋敷の外にある、技術職人たちの村に住んでいます。

関連:『悪女が恋に落ちた時』全話ネタバレはこちら

皇室の関係者

ペレス・ブリバチャウ・デュレリー

ランブル帝国の第2皇子。女中の子供なので軽視され、劣悪な環境のもと育ちました。

しかしアカデミーに入学した途端に頭角を現し、主席で卒業した天才。政治力にも優れています。

なお初登場は25話

白うさ
かわいそうな幼少期を過ごした人だよ。ちなみに元凶はラビニ皇后。

アスタナ

第1皇子。幼少期はわがままな性格で、成長後は賭博に溺れました(1話参照)

ラビニ皇后

第1皇子・アスタナの母親。冷酷かつ手段を選ばない性格です。

ヨバネス皇帝

ランブル帝国の皇帝。

白うさ
ヨバネスは皇帝なのに影が薄いよ。

クロイトン・アンゲナス

商人集団『デュラック』のリーダーで、皇后の家門の人間。しかし商才には恵まれず、騙されて粗悪品を掴まされることも(12話参照)

ロンバルディの家系図と相関図

『今世は当主になります』は登場人物が多いので、たまに誰が誰だかわからなくなりますよね。

という訳で、メインキャラの人物相関図(家系図)を作ってみました。

ひよこ
図をタップ(またはクリック)すると拡大するよ。
今世は当主になります家系図

今のところ、フィレンティアの母親は名前すら不明です(40話時点)

それにしても、6人もいとこがいるって相当な大所帯ですね。

本作に登場するグループ・商会・集団など

商人集団および商会

商人集団・デュラック

クロイトンが率いる商人集団。

ペレット商会

ルーラック亡き後、クレリバンが立ち上げて急成長した商会。

セダキュナ商店街

貴族たちが利用する商店街。

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA