今世は当主になります80話のネタバレと感想|フィレンティアがリラ炭鉱を欲しがる理由


漫画『今世は当主になります』の80話のネタバレと感想です。

フィレンティアは新事業のため”リラ炭鉱”を必要としています。この炭鉱は古く価値がないのに、なぜか彼女は落札するために2000ゴールドもの大金が必要だと言い出します。

彼女は一体、何を考えているのでしょうか?ストーリーの続きをまとめました。

⇒『今世は当主になります』ネタバレ一覧はこちら

⇒キャラクター一覧はこちら

リラ炭鉱をオークションで落札するため、2000ゴールドを用意する

なぜリラ炭鉱に大金を費やすのか?

今世は当主になります
以下の文章は、管理人が韓国版原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

競売でリラ炭鉱を落札するため、フィレンティアは2000ゴールドを準備するよう指示します。かなりの大金ですが、確実に落札するためにはこの金額が必要だと考えたのです。

するとクレリバンとバイオレットは絶句し、信じられないという顔をします。というのも古い炭鉱に、なぜ大金をつぎ込むのか理解できなかったのです。

ひよこ
2人からすれば、不合理な買い物に見えるだろうね。
白うさ
でもフィレンティアの態度を見るに、リラ炭鉱には隠された価値があるっぽいね。

クレリバンは戸惑いながらも、なぜそんな事をするのかフィレンティアに質問します。

すると彼女は、アンゲナスが競争相手になるはずだから2000ゴールドが必要なのだと説明しました。

というのも前世では、アンゲナスがこの炭鉱を落札して莫大な利益を生み出したのです。

バイオレットが炭鉱の価値に気付く

するとその時、バイオレットがハッとした表情で質問しました。

「もしかして、ただの炭鉱ではないのですか?」

彼女がそのように考えたのは、アンゲナスがすでに複数の炭鉱を所有しているから。今更リラ炭鉱を入手してもアンゲナスに利益はないのに、それでも落札したがるなら別の価値があると推測したのです。

するとフィレンティアは「実はリラ炭鉱には鉄鉱が埋まっているのです」と2人に説明します。

鉄鉱は皇室の許諾なしには誰も所有できませんが、リラ炭鉱なら鉄の埋蔵量が少ないので皇室からの圧迫に耐えられるはず。そしてひいては”公式的に鉄鉱山を所有している家門”として位置づけられるでしょう。彼女はそう説明しますがーーー

実のところ、これは表向きの理由です。フィレンティアの目的は鉄鉱石でも石炭でもなく、その下に埋まっている巨大な鉱脈。

リラ炭鉱には、未発見の“新しい鉱物”があるのです。

しかし今はまだその話を2人に明かせません。そのため鉄鉱石が目的だと嘘をつきました。

フィレンティアは次の準備をするため、クレリバンと買い物に行く

クレリバンと派手な買い物をする

さらにフィレンティアは事業を確実に成功させるため、クレリバンを連れて外出します。

そして2人が訪れたのは『キャラメルアベニュー』という有名なパン屋。なおこの店にはパンだけでなくケーキも売っていて、どれも非常に美味しそうです。

すると彼女は満面の笑みを浮かべながら「ケーキをここからここまで全部ください。二つずつ!」と言って全種類を購入しました。

ひよこ
ケーキの大人買いって憧れるよね。
白うさ
いやでもカロリーが…!体重が…!

すると店員の青年・ベイトは驚きながらもケーキを包装しますがーーーその時、彼はクレリバンの顔をじっと見つめていました。

次に高級宝石店を訪れる

2人が次に訪れたのは、高級そうな宝石店。

というのもここ、アイバンは帝国最大の宝石生産地であり、街で一番大きな宝石直営店がある地域なのです。

しかし入店すると、男性店員が「後ろの男性の方はお連れ様ですか?」と言ってクレリバンの入店を渋ります。ただの使用人だと勘違いしたのです。

ひよこ
クレリバンは“ギャラハン衣服店”の重役なのに、店員は気付かないんだね。
白うさ
これはプライドが傷つくだろうね。

そのためクレリバンは、わずかに不機嫌そうな表情をします。

また一方でフィレンティアは、自分に気づかなくて心が痛んだのね…と彼を心配しますが、同時に心の中で断言しました。

 (でも、この仕事が終わればクレリバン・フェレットという名前を知らない人はいなくなる。彼の名前から取った『フェレット商会』が帝国全域に有名になるはずだから)

宝石店に来た目的

男性店員はフィレンティアたちをビップルームに案内します。

そして「こういう宝石はどうですか?お嬢様と同い年の少女に人気の高い商品ですよ」と言いながら、キラキラと輝く宝石を差し出しますがーーー

フィレンティアはそれらを冷めた目で見つめます。なぜならどの宝石も、一見高そうに見えて粗悪品であることを見抜いたのです。

(私が幼いから審美眼を試そうとしているんだ)

そのため彼女は冷笑を浮かべて、“きちんとした物”を見せるよう指示します。

すると店員は冷や汗をたらして宝石を選び直そうとしますが、フィレンティアはこの時、室内に展示されている美しいペリドット(緑色の宝石)を発見します。

そして男性店員に、そのペリドットを加工した職人を呼ぶよう指示しました。

というのもフィレンティアは、宝石を買うためここに来たのではありません。

アイバン家が重宝している現時代最高の宝石職人・クロイリーの実力を必要としていたのです。

⇒『今世は当主になります』81話のネタバレはこちら

今世は当主になります80話|ストーリーのおさらいとネタバレ感想

80話のおさらい

ネタバレ感想

フィレンティアはリラ炭鉱を落札するため、2000ゴールドもの大金を用意します。

というのもリラ炭鉱にはまだ発見されていない鉱物が埋まっていて、前世ではアンゲナスがそれを使って荒稼ぎしていたのです。

今回の競売でフィレンティアが炭鉱を落札すれば、その利益はまるごと彼女のものになります。未来を知る彼女だからこそ出来る作戦ですね。

80話のネタバレと感想

80話の後半で、フィレンティアはクレリバンを連れてあちこち買い物に行きます。彼女によれば、これも新しい事業を成功させるための準備の一環らしいですが・・・

パン屋ではケーキを爆買いするなど、彼女らしくない行動を取っています。あの子は基本的に節約家なので、選べないから全部買うなんてことはまずしないはず。

という事は、この行動にも何か理由があるのでしょう。

その理由については謎ですが、見た所、わざと目立つよう振る舞っている気がします。さらに言えば、クレリバンの顔を店員に覚えさせようとしている印象です。

恐らくフェレット商会を有名にするため、わざと有名店にクレリバンを連れて行って目立つ行動を取ったのかな?と思いました。

⇒『今世は当主になります』81話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA