『義家族に執着されています』43話のネタバレと感想|皇太子・ダリアの舞踏会に参加する


漫画『義家族に執着されています』の43話のネタバレと感想です。

現状、ラピレオン家はやや混乱気味です。特にセルフィウスや使用人・ダニエルは、1年後にペレシャティが出て行くと知って落ち込んでいます。

この先どうなるのでしょうか?ストーリーの続きを読んでみましょう。

>『義家族に執着されています』ネタバレ全話はこちら

ラピレオン家の人々と食事をするも、気まずい雰囲気が流れる

とある日の夕食シーン

義家族に執着されていますネタバレ
以下の文章は、管理人が韓国版原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

ペレシャティはいつものように、ラピレオン家の人々と夕食を取ります。しかしあんな事があった後なので、食卓には気まずい雰囲気が流れていました。

するとその時、セルシアがふと口を開きます。

「そういえば今度、皇太子殿下のパーティーに参加するそうね。メイドに聞いたわよ」

しかしペレシャティは曖昧な笑みを浮かべて、まだ決定したワケではないので…と言葉をにごします。

というのも皇太子が主催する舞踏会となれば、テルデオも参加する必要があります。しかし彼は社交界が嫌いなので、話を切り出せずにいたのです。

するとその時、グローリアが「それならテオも一緒に行かなければならないね」と言うと、テルデオは困った顔をしながらも素直に返事をします。

てっきり嫌がると思っていたのに、彼がすんなり参加表明をしたのでペレシャティは目を丸くしました。

白うさ
テルデオどうしたの???
ひよこ
多分、ペレシャティのために参加するんだろうね。

ペレシャティとテルデオは、皇太子・ダリアの舞踏会に参加する

2人は舞踏会に参加する

そして数日後、ペレシャティとテルデオは舞踏会に参加します。

(大公がこんなに快く来てくれるなんて知らなかった。私との結婚のために皇居で開かれるパーティーだから、楽ではないはずなのに)

なお会場には貴族の子供たちも来ており、それを見た彼女はふとセルフィウスのことを思い出しました。

セルフィウスの現状
契約結婚について明かした後、セルフィウスはしばらく落ち込んでいました。しかしその後、幸いにも元気を取り戻してアイレットともよく遊んでくれています。

するとその時、年若い男女2人が目の前に現れてテルデオに挨拶をします。

しかし彼は返事もせずに無表情でその場を通り過ぎたので、ペレシャティは冷や汗をたらしながらも、返事はした方がいいとのでは…と心配します。

するとテルデオは「分かった」とすんなり承諾したので、彼女はまたもや目を丸くしました。

白うさ
ペレシャティの頼みならすんなり聞くんだね。
ひよこ
愛だね!

そしてダンスの時間がはじまる

そうこうしているうちに、会場に美しい音楽が流れてダンスの時間が始まります。するとテルデオはすっと手を差し出し、ペレシャティをダンスに誘いました。

(まさか躍ってくれるとは思わなかった。私たちは一度もダンスを合わせたことがないのに。そもそもこの人、踊れるのかな···?)

ペレシャティは失礼なことを考えながらも、いざ彼と踊ってみるとーーー

やはりテルデオはダンスが下手でした。基本的な動きはできるものの、ステップが硬いのです。

それでも不慣れな彼が一緒にダンスをしてくれたので、彼女の顔には笑みが浮かんでいました。

テルデオは今日のために、ダンスの練習をしてきたそうです。なおペレシャティはダンスの後「お上手ですね」と渾身のフォローをしていました。

皇太子・ダリアとの会話

2人がダンスを終えて一休みしていると、そこに皇太子・ダリアと駙馬(貴人の娘婿)が現れました。

「はてさて、珍しい光景だな。大公が踊るなんて。お前が愛妻家になったという噂は嘘ではないようだ」

皇太子・ダリアはどこか含みのある目をしています。またこの時、駙馬が宮殿を案内したいと言うのでペレシャティは笑顔で付いて行きました。

・・・

そして一方、ダリアは「私たちも行くぞ」とテルデオに声をかけますがーーー

テルデオは先ほどからペレシャティの方ばかり見つめていて、彼女が去った後もずっと視線をそちらに向けています。

それを見たダリアは「は?」と顔を歪めました。

⇒『義家族に執着されています』44話のネタバレはこちら

まとめ|義家族に執着されています43話のネタバレと感想

43話のネタバレと感想|健気な男・テルデオ

ネタバレ感想

43話のテルデオがあまりに健気で、管理人は思わずほっこりしました。

基本的に彼は、不愛想だし社交界に顔を出さない人です。なのに今回はペレシャティのために苦手な舞踏会に参加し、おまけにダンスの練習までしていたようです。健気な男ですよ本当に。

そして彼の気持ちは、少なからずペレシャティに通じたようです。

テルデオのダンスはお世辞にも上手いとは言えず、ステップは固いし明らかに不慣れ。それでも自分のために舞踏会に参加してくれたのだから、ペレシャティはやはり嬉しく思ったようです。

ただし困ったことに、彼女は自分に向けられた好意に気付いていません。「彼は申し訳ないと思っているから、ここまでしてくれるのね」とズレたことを考えています。

いや違うんだよ、そうじゃないんだよ…!

⇒『義家族に執着されています』44話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA