漫画『今世は当主になります』62話のネタバレと感想|トレンブルーが発症する


漫画『今世は当主になります』の62話のネタバレと感想です。

前世でギャラハンの命を奪った病気『トレンブルー』がついに発症しました。現状この病気には治療薬がありませんが、フィレンティアは父親を守ることができるのでしょうか?

ストーリーの続きを読んでいきましょう。

⇒『今世は当主になります』ネタバレ一覧はこちら

⇒キャラクター一覧はこちら

トレンブルーが発症し、ギャラハンの足が麻痺する

ギャラハンは屋敷で診断を受ける

今世は当主になります
以下の文章は、管理人が韓国版原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

ギャラハンの容態がおかしいので、一同は馬車に乗って屋敷へと帰還します。

そしてフィレンティアとルーラックが見守る中、ギャラハンは動かなくなった右足をオマリー博士に診てもらいますがー-

オマリー博士は、現状では何の病気か判断できないと言います。

ひよこ
ギャラハンの足に痛みはないけど、爪先すら動かせない状態だよ。
白うさ
この病気、本当に怖いね。

フィレンティアはその傍らで、スカートの裾を握りしめながら手を震わせていました。

というのもオマリー博士の薬は治療剤ではなく、ただ眠る時間を増やして麻痺による不快感を減らすだけのもの。

そのため前世では発症から一ヶ月後にもう片方の足も麻痺し、その後は右腕が固まりーーー最後には首から下が全て動かなくなったのです。

そしてギャラハンは息をすることさえ苦しい状態に陥り、当時、無力だったフィレンティアはただ祈るしか出来ませんでした。

『神様、パパがもう苦しまないように早く死なせてあげてください』と。

今世では必ず助ける

前世での悲惨な光景を思い出し、呆然とするフィレンティア。しかしその時、ギャラハンに名前を呼ばれてようやく我に返ります。

「どうしたんだい、ティア。驚いたのかな。大丈夫だからあまり心配しないでおくれ、僕のかわいい娘」

ギャラハンはそう言って、フィレンティアを抱き締めます。そして父親の腕の中で、彼女はきゅっと唇を噛みしめました。

(また祈るだけ…?いいえ、今度は違う…!)

今世では絶対にギャラハンを助けてみせる。その決意を胸に、フィレンティアは笑顔を作って「じゃあ約束していたピクニックは延期しないといけませんね」と平気なフリをしました。

・・・

ギャラハンのいる部屋を出た後、フィレンティアは侍女・ラウリルに命じて手紙とペンを用意させます。

そして一刻も早く『アカデミー宛』に手紙を出すため準備に取り掛かりました。

フィレンティアが去った後、大人だけで話し合いが行われる

大人たちによる話し合い

一方その頃。

フィレンティアが去ったので、ギャラハンの部屋にはルーラックを含めた大人たちだけが残ります。そして静かな部屋の中で、オマリー博士はギャラハンの病気について明かしました。

「では正直に言ってみろ。ギャラハンの病名は何か」
「それが…恐らくトレンブルー病と思われます…」

病名を聞いた瞬間、ルーラックは話にならない!と博士を怒鳴りつけます。トレンブルーは非常に珍しい病気なので、信じられなかったのです。

ひよこ
大人たちは気を使って、フィレンティアの前では病名を明かさなかったんだね。
白うさ
子供の前では言えないよね…

しかし当事者のギャラハンは至って冷静で、淡々とした口調で博士に質問しました。

「トレンブルーは不治の病だと知っています。もしそうだとしたら、僕に残された時間はどのくらいですか?」

すると博士は言いにくそうにしながら、トレンブルー病が発症すると半年ほどしか生きられないことを説明します。

その言葉に、愕然とするルーラック。一方でギャラハンは、余命を告げられても冷静なままでした。

ギャラハンの決意

「違う。違う。お前がトレンブルーだなんて、そんなはずがない。オマリー博士は年だから、誤診をしたに違いない」

両手で顔を覆い、膝から崩れ落ちるルーラック。

するとギャラハンは静かな声で、ルーラックに頼みごとをします。もし自分が回復しなかったら、どうかフィレンティアの面倒を見てやってほしいと言うのです。

「僕の病気が本当にトレンブルーなら、これから多くのことを整理して備えなければなりません。それが…父として僕がするべき事ですから」

ルーラックは拳を震わせながらもギャラハンの頼みを受け入れ、孫娘であるフィレンティアを必ず守ってやる…と約束します。

するとギャラハンは穏やかに微笑みながらお礼を言い、ベッドに横たわりながらもすぐにクレリバンを呼ぶよう従者に頼みました。

『衣服店』の相続者となるフィレンティアのために、準備に取り掛かろうと考えたのです。

⇒『今世は当主になります』63話のネタバレはこちら

『今世は当主になります』62話のネタバレと感想

62話の補足|フィレンティアが送った手紙

ネタバレ感想

フィレンティアは62話にて、アカデミー宛に手紙を送る準備をしていました。恐らく、アカデミーに在学中のエスティラに助けを求めるのでしょう。

回帰する前、トレンブルーの治療薬を開発したのはエスティラでした。

また31話にて、フィレンティアは彼女に「トレンブルーの治療薬を作ってほしい」とお願いしています。

つまりエスティラがうまい具合に治療薬を完成させれば、ギャラハンは助かるのです。

ネタバレ感想①自分よりも娘を優先させる父親

あと半年しか生きられないと宣告されたギャラハン。

しかし彼は泣きも怒りもせず現実を受け止め、一人娘であるフィレンティアのために相続の準備に取り掛かりました。

彼の優先順位は、娘>>>自分なのでしょうね。

ギャラハンは元から良い父親でしたが、それは死を目前にした状況でも変わらないようです。

ネタバレ感想②ルーラックの苦悩

この状況、ルーラック視点だと相当辛いですね。妻を亡くし、そのうえ息子が余命半年だと宣告されたのですから。辛くないはずありません。

普段のルーラックは本当に冷静で堂々しているのに、62話では急に怒鳴ったり膝から崩れ落ちたりと、ひどく動揺しているのがよく伝わります。

あまりに現実が残酷すぎて、受け入れられないのでしょう。

⇒『今世は当主になります』63話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA