『悪女は砂時計をひっくり返す』99話のネタバレと感想|ピアスト侯爵家を訪問する


マンガ版『悪女は砂時計をひっくり返す』99話のネタバレと感想です。

前回、アリアは長きにわたる復讐を終えました。ミエールという宿敵が消えた今、アリアは何を思うのでしょうか?

ストーリーの続きを紹介するのでご覧ください。

⇒『悪女は砂時計をひっくり返す』ネタバレ一覧はこちら

⇒最終回ネタバレはこちら

ミエールの処刑から数日後、アリアは父方の実家に向かう

ミエールの処刑式から数日後

悪女は砂時計をひっくり返す
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

ミエールが処刑されて数日後。人々は何事もなかったかのように静かな日常に戻り、ミエールは次第に忘れ去られていきます。

しかし復讐を終えたアリアの胸には、無駄な余韻が残っていました。

正直なところアリアは『ミエールの亡霊が出るかも』と思っていたのです。しかし驚くほど何もなく、きっと時間が経てばこの思いも忘れられるだろう…と自分に言い聞かせるのでした。

カリンと一緒にクロア王国へと向かう

アリアはその日、母親・カリンと一緒にクロア王国へと出発します。

というのもクロア王国で、カリンの結婚式が行われるのです。

またカリンはこの機会にアリアを連れて行って、ピアスト侯爵家の人々(父方・クロイの親族)に紹介したいと考えていたのです。

とはいえアリア本人は、ピアスト侯爵家にあまり関心がありません。そのため馬車に乗って移動する最中、それとなくカリンに伝えました。

「わざわざ私を紹介しなくてもいいんですよ。どうせあちらも私に興味がないでしょうから…」

「何を言ってるの!向こうはあなたをクロア王国に住まわせたいと言っているのよ!」

カリンの話によれば、ピアストの侯爵家の人たちはアリアをとても歓迎しているそう。

なにせ20年近くカリンを探し続けてきた人達なので、きっとアリアのことも可愛がってくれるはず…というのが彼女の言い分でした。

またこの時、カリンは穏やかな顔で自身の胸の内を語ります。

「私はアリアに愛情をたっぷり与えて育てた訳じゃないから…ピアスト侯爵家の人たちには、あなたに家族の愛を教えてほしいと思ったのよ。子供にどうやって愛情を注げばいいのか、私みたいに迷わないように」

母親の気遣いを知り、アリアは穏やかに微笑みました。

白うさ
アリアにとっては十分良い母親だけどね。
ひよこ
良い母親だからこそ、娘に色々してあげたいんだよ。

アース視点|アリアと離れ離れになり情緒不安定になる

寂しがるアース

一方その頃。

アースは執務をこなしながらも、ひどく苛立っていました。アリアがクロア王国に行ってしまい不安なのです。

(やはりついて行くべきだった。今まではいつでも会いに行けるから安心していたが、クロア王国は遠すぎる…!)

アースの不機嫌っぷりたるや、ドアの向こうから覗いているフィノが冷や汗をたらすほど。

またこの時アースは、ローハンがアリアに無礼を働くかもしれないと想像してさらに苛立ち、仕舞には自分もクロア王国に行こうとします。

そのため見かねたビカが、執務室に入ってアースを止めました。

「アーステロペ殿下!どこへ行こうとするですか!アリアさんは自分の仕事に忠実な人が好きだと言っていましたよね!」

しかしアースは止まらないので、フィノも参戦して「そんなに構い続けたらアリアお嬢様がうんざりするとは思いませんか!?」と言いますがーーー

アースはますます不機嫌になり、真顔で部下たちを責めました。

「お嬢様が私にうんざりするはずないだろう。お前たちは、アリアお嬢様の愛を疑っているのか?」

もはや手が付けられず、フィノとビカが困っていたその時。部下・ソルケがやって来てアースに提案しました。

「今の時間を利用して、“例の計画”をもっと盛大に準備するのはどうでしょうか?」

またソルケは、今会いに行けばアリアさんは信頼されていないと思って傷付くかもしれませんよ…と進言します。

するとアースはようやく納得し、腰を下ろしました。

白うさ
ソルケの言う事なら聞くのね。
ひよこ
ソルケは忠臣で素直な子だから、アースも比較的話を聞くみたいだよ。

執務室のイスに座りながら、アースは穏やかな顔で言います。アリアお嬢様が初めて会う家族と楽しい時間を過ごせればいいな…と。

今回はあくまで、アリアが家族と再会するために用意された席。いくらローハンでも空気を読むはずだ…と、アースは考え直しました。

父方の親族である『ピアスト公爵家』の人々と対面する

アリアを真っ先に迎えたのは…

イギリスの城

「いらっしゃいませ~!」

アリアがピアスト公爵家に到着すると、なぜかローハンが満面の笑みで出迎えます。なお周囲にいるピアスト公爵家の人々は『なぜ国王がここにいるんだ…』と困惑顔。

アリアの実父・クロイによれば、アリアが来るとローハンに話したところ本当に来てしまったのだとか。

白うさ
ローハン、空気読まなかったね。
ひよこ
さっきのアースの台詞がフラグになったね。

祖母・バイオレットと出会う

ローハンは挨拶だけ済ませて帰ったので、クロイは改めてアリアに歓迎の挨拶をします。その背後には祖父・ピアスト公爵と親戚らしき人たちも並んでいますがーーー

その時アリアは、やけにキラキラした視線を向けられていることに気付きます。

そちらに目を向けると、感極まった表情をした金髪の老婦人――祖母・バイオレットが立っていました。

「あなたがアリアですね。はじめまして。あなたの祖母・バイオレットです。私にこんなにキレイな孫娘がいたなんて…!今までちっとも知らなかったわ…!」

キラキラした瞳で見つめる顔はフレイにそっくり。

そしてピアスト公爵家の人々は、アリアに屋敷を案内したいだの先に休んだ方がいいだのと世話を焼こうとしますがーーー

当のアリアは、ちやほやされて困惑します。それどころか彼らの気遣いを負担に感じてしまい、内心ではアースに助けを求めるのでした。

⇒『悪女は砂時計をひっくり返す』100話のネタバレはこちら

『悪女は砂時計をひっくり返す』99話のネタバレと感想

99話のネタバレ感想①ピアスト公爵家の人々について

ネタバレ感想

99話にて、アリアは父方の親族であるピアスト公爵家の人々と対面します(なぜかローハンも来ましたが)

ピアスト公爵家の人々はみんな歓迎ムード一色。アリアの到着を今か今かと待っていたようで、とくに祖母のバイオレットはアリアを見るなり目をキラキラさせて感激しました。完全に初孫を喜ぶおばあちゃんの図。

みんなアリアの出自を知ってなお温かく接してくれるのです。ピアスト公爵家の人々はロースチェント家と違って優しい人ばかりですね。

しかし一方でアリアは、予期せぬビップ待遇を受けて困惑します。まだ会ったばかりだというのに、すでに疲れてアースを恋しがる状況。

多分、このような扱い慣れていないからでしょうね。

今まで血のつながった家族は母親1人で、身内に甘やかされたり溢れるほどの愛情を注がれたりという経験が無かったから、どうしていいのか分からないのかもしれません。

カリンはアリアを大切に育ててくれましたが、比較的ドライというか放任主義な人ですから。基本的に、アリアを信じて好きなようにさせるし過干渉はしないスタンス。

そしてアリア自身も恐らくカリン寄りの性格なので、ピアスト公爵家の熱烈な歓迎っぷりに戸惑ったのでしょう。

99話のネタバレ感想②カリンの愛情

馬車でクロア王国に向かうシーンで、アリアは「お母様がいてこそ今の私がいるのです」とカリンに伝えています。

カリンが貧しい生活のなか必死でアリアを育てて伯爵家に連れて来たからこそ、アリアは今の立場と権力を手に入れたのです。アリアはそのことを感謝していますし、カリンから愛されていることも理解しています。

けれど当のカリンは、娘への愛情不足を心配している様子。カリン自身が家族からの愛情を知らないので、アリアにちゃんと愛情を注げていないと思っているようです。

客観的に見れば、全然そんな事はないんですけどね。現にアリアは本編中、何度もカリンの言葉に救われていましたから。

⇒『悪女は砂時計をひっくり返す』100話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

2件のコメント

管理人さんいつもありがとうございます!

ソルケが言った「例の計画」がすごく気になります。
アリアはサラの結婚式の時、アースの瞳と同じ色の指輪がほしい的な事を言っていたので、もしかしてアリアのために結婚指輪を探してる?
それかローハンがアリアに一目惚れして警戒してる?何故か侯爵家にローハンがいますし。
侯爵家の人が優しいっぽいのでよかったです。

コメントありがとうございます。
ソルケの言った「計画」については今後明らかになるのでお楽しみに!
あと侯爵家の人はみんなアリアが大好きっぽいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA