『悪女は砂時計をひっくり返す』54~55話のネタバレ感想|エマの末路


ピッコマで連載中の『悪女は砂時計をひっくり返す』の54話~55話ネタバレ感想です。感想と一緒に、ストーリーもさらっと紹介します。

ベリーの裏切りにより、窮地に立たされたエマ。何もかもアリアの目論見通りとなりました。ロースチェント邸はどんどん混沌化していきますが、今後はどうなるのでしょうか?考察をまじえて解説します。

⇒ネタバレ一覧はこちら

『悪女は砂時計をひっくり返す』54話ネタバレ

エマは取り押さえられ、罪が確定する

悪女は砂時計をひっくり返す
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたものです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

ベリーに掴みかかったエマは、騎士によって取り押さえられます。

するとベリーは、自分の発言を裏付けるために「毒の入手経路を知っている」と伯爵に告げました。

証拠を押さえられれば、エマは言い逃れできません。

その様子を見たアリアは、ベリーの手腕に感心しました。今も昔も、彼女の慎重さは称賛に値します。

そして結果的に、アリアの口添えもありベリーは釈放されることに。

ベリーは逃亡用の馬車(アリアが用意した)に乗り、国外へと向かいます。出発する際、何度もアリアに感謝を伝え、晴れやかな顔をしていましたが…

しかし、アリアはまだ彼女を許していません。前世であれほどの仕打ちをされたのに、簡単に許せるはずが無いのです。

釈放されたベリーは、馬車で国外に逃走するが…

ベリーの乗る馬車が、夜中に森を通っている途中。馬車の運転主が消えてしまいます。用事があると言って席を外してから戻って来ないのです。

つまりベリーは、夜の森に1人きり。

不安になった彼女は、馬車を降りて周囲を確認しますが…なぜか荷物はすべて消えていました。

絶望的なこの状況に「どうしよう、神様…!」と慌てふためくベリー。さらにこの時、後方から獣の唸り声が聞こえます。

そして次の瞬間。

”黄色く光る目”がベリーに襲い掛かり、血しぶきが飛び散りました。

・・・

後日。

アリアの元に、侍女のジェシーが手紙を運んできます。差出人がベリーだったため、彼女は珍しく不機嫌な顔をしますが…

一方、アリアは手紙を読んで嬉しそうに笑いました。なぜなら、その手紙には「処理しました」と書かれていたのです。

ひよこ
御者が消えたのもベリーが襲われたのも、全部アリアの差し金だね。
白うさ
逃亡を手助けする(ただし安全は保障しない)

エマの裁判

温かな日差しの中、馬車で”裁判所”へと向かうロースチェント一家。

裁判所に入ると、法廷の中央には拘束されたエマの姿が。監獄での待遇が悪かったのか、その顔はゲッソリとやせ細っています。

その様子を、アリアたちは傍聴席に座りながら眺めていました。

・・・

裁判官によると、エマを減刑してほしいとの陳情書が届いたそう。しかしエマの罪は重く、情状酌量の余地はありません。

そのため裁判官は、被害者であるアリアに意見を求めますが…

アリアはこの質問をきっぱり否定します。他の犠牲者を作らないためにも、エマの刑を執行すべきと答えました。

エマの罪が確定し、ミエールは気絶

エマの罪が確定したとき、傍聴席にいたミエールが倒れました。意識はあるものの、苦しそうに胸元を抑えています。

父親は当然ながら娘を心配し、カインは慌てて使用人を呼びに行きますが…そんな中アリアは、ミエールにそっと顔を近づけて言いました。

あなたがエマにさせた事、私がわからないとでも思ったの?

この言葉に、ミエールは凍り付きます。顔に恐怖をにじませ、信じられないものを見る目でアリアを凝視し…ついに、その場で気絶しました。

ひよこ
この後、ミエールは病院に運ばれたよ。

 

その後アリアは、フィノ(裁判所に来ていた)から「アースが待っている」と連絡を受けます。指定された場所に向かうため、裁判所の廊下を歩きますが…

道中、カインに声をかけられて戸惑います。実姉が病院に搬送されたというのに、彼はアリアを心配して追ってきたのです。

ひよこ
これにはアリアもドン引き。
白うさ
妹に付き添いなさいよ。完全にアウト。

『悪女は砂時計をひっくり返す』55話ネタバレ

アースVSカイン

カインに付き纏われ、困り果てるアリア。

しかしその時、タイミングよくアースが迎えに来ました。彼は「待たせたね」と言って隣に立ち、アリアを連れ去ろうとしますが…

カインは不機嫌な表情になり、アースを威嚇します。そしてアリアを巡り、男2人による嫌味の応酬がスタートしました。

アリアは男たちの口論に呆れつつも、約束があるからと言ってアースの腕を取ります。そして彼と共にその場を去れば、残されたカインは酷くショックを受けました。

アースは身分を隠しているため、カインは彼が皇太子だと知りません。そのため暴言を吐き、臣下にあるまじき無礼な行動を取っています。

アリアは”アースの真心”を知る

アリアとアースは、2人きりで外を散歩します。

話を聞けば、アースはアリアが心配で様子を見に来たそう。しかし裁判官に身元がバレてしまい、入場できなかったのです。

そう告げる彼の表情はとても穏やか。先ほどアリアは「罪人を処罰すべき」と冷徹な言葉を口にしたのに、彼はどこまでも好意的でした。

アリアはその事を不思議に思って尋ねれば、彼は当然のように「真心です」と答えます。

あなたがどんな本性を隠していても、その全てを受け入れたい。

アースの真っすぐな言葉に、アリアは少し困った表情をしました。そんな事を言われたら、悪女らしい行動がしにくくなりますから。

ミエールの専属メイドも、アリアに懐柔される

エマが処刑されてから、ミエールはずっと自室に引きこもっています。

食事もせず誰も部屋に入れないため、彼女の専属メイドたちは困り果てていました。

その様子を見たアリアは、この機にメイドたちを懐柔しようと画策します。

お茶会を開いてお菓子を用意し、さらに化粧品をプレゼントすれば、彼女たちはコロっとアリアに懐きました。

白うさ
エマがいないから、簡単にメイドたちを御せるね。
ひよこ
トップを潰せば組織は瓦解する。これ基本だよ。

アースの手紙とアリアの悩み

アリアの元に、アースからの手紙が届きます。ただしプライベートな内容ではなく、投資家A(アリアの偽名)に宛てたもの。

学校の完成式を開くので、投資家Aにも参加してほしいそうです。またその際に、投資家Aの正体を明かしてほしいと記載されていました。

この提案はアリアにとって有益な内容です。新勢力は勢いを増しており、アースを利用すれば今後動きやすくなるでしょう。

しかし、アースを利用するのは心が痛みます。アリアは純粋な恋愛感情を持ったことがないため、どうすればいいのか悩みました。

ひよこ
利益と恋愛の間で、グラグラ揺れてるね。
白うさ
きゃあっ!アリアが乙女!

夕食時も、カインの暴走は続く

ロースチェント邸の夕食時。カインは憤りながら、伯爵家にふさわしくない男がアリアに迫っている!と暴露しました。

裁判所で会って以来、カインはアースのことを敵視しています。

しかもアースの正体を知らない(そもそも彼は偽名を使用している)ので、格下の貴族だと勘違いしていたのです。

それを聞いた父親と母親は、結婚相手なら他にいるでしょうとアリアを窘めますが…

カインはさらに激怒して「結婚などもっての外だ!その…アリアはまだ幼い!」と反論します。

要するにカインは、アリアを女性として好きだから独占したいのです。

ひよこ
幼いって言うけど、妹のミエールは婚約してるからね。
白うさ
言ってることが支離滅裂。

そんなカインの姿に、アリアは不快な顔をします。妹に恋愛感情をもつ汚い男に、心底嫌気がさしたのです。

⇒56話のネタバレはこちら

54~55話の感想

54話の感想①ベリーの最後について

ネタバレ感想

ベリーが悲惨な最期を迎えましたね。

アリアが「国外に逃亡させてあげる」と言うから、その言葉を信じてエマを裏切ったのに…いざ逃亡したら馬車ごと森に放置され、獣に襲われて命を落とすというバッドエンド。

しかもこの惨状は、すべてアリアが仕組んだこと。彼女が受け取った手紙には「処分した」と書かれていたので、殺し屋でも雇ったのでしょう。

つまり「約束どおり逃亡の手助けはするけど、安全は保障しない」という事ですね。

まさに絵にかいたような悪女。

そして後出しですが、管理人もベリーは助からないだろうと思っていました。

アリアの恨みの深さを考えれば、彼女を許すはずないんですよ。なので、利用してから処分するのが妥当(?)かな…と予想していました。

54話の感想②カインの執着っぷりについて

解説では省きましたが、カインが事あるごとにアリアを意識しています。

54話のラストでは、気絶したミエールを放置してアリアを追うという執着っぷりを見せました。カインお前っ…それはダメだよ…

ちなみに54話の冒頭でも、彼は「心配するなアリア、お前を害する人はもういないんだ」とか何とか言いながら、アリアの体に触っています。

そんな彼に、アリアは表面上は”ぶりっ子”をしますが…内面では「あ”あ”ん!?」とヤンキーのような顔をしていました。

というか、前世で自分を処刑した相手から「心配するな」とか言われても何一つ安心できません。

55話の感想

本編を読んだところ、毒薬の件で処刑されたのはエマだけです。ミエールは引きこもり生活を送っているものの、一切の処罰が無かった様子。

という事は、エマは最後までミエールを庇ったのでしょう。

個人的には、ミエールに助けを求めても良いと思いますが…裁判で処刑が決まった時さえ、エマは黙秘していました。

この辺を見るに、エマは徹頭徹尾メイド長であり母親だったのかなと思います。

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

20件のコメント

毎日ここへ来て更新を待ってましたあああああ!!!有り難うございます!!最高!

早い更新ありがとうございます。
どんどん先が気になります。

ミエールがあんな性格になったのって、育ての親のエマの教育の賜物なところが結構ありますよね…(^^;

はじめまして。
いつもネタバレありがとうございます。
最近砂時計が大好きで、アプリで翻訳しながら韓国版を先読みしているのですが、砂時計はセリフの表現が難しくて、うまく翻訳できないので本当に助かります!!
(50のお茶レシピ~でもそうですが、ティーカップが車と翻訳される等。)
原作の韓国版wikiで結末を観たのでウキウキしてます。

更新お疲れ様です!
毎日見にきてしまいます!
悪女らしい事をしてなかったですが今回は容赦なく始末していて良かったです
もはやミエールも手が出せないでしょう
因果応報ですね

更新ありがとうございます。
ミエールはずる賢いだけで賢くない娘なので今後もアリアに敵対的な行動をし続けるでしょうね
最終的に没落しまくってアニー男爵夫人の配下になって主従関係逆転したら面白い

ありがとうございます!
アースー!
早くアースとアリアがくっつくのを見たい!ラブラブになって欲しい。

一日に何度も確認するくらい通ってしまっています。
更新ありがとうございます。
54話、森?と思ったのですが、森で国が隣接している国の、国境を越えたところで放置なので約束を違えているわけではないというのかな?と思いました。
こちらのサイトは、漫画だけでも読み切れていない箇所をひよこちゃんと白うさちゃんが補足してくれているので助かります。

実際の漫画を読むよりわかりやすいので楽しく拝見しています。
こちらを読んでから漫画の綺麗な絵を見て、納得できています。
お忙しい中、更新ありがとうございました。

>匿名さん・ひーさん・モカさん・みいこさん

まとめての返信になりますが、コメントありがとうございます。
54話はアリア無双だったので、管理人も楽しく翻訳できました。

毎日チェックしながらお待ちしてました。。
今一番更新楽しみにしてます。。
このまま是非最後までよろしくお願いいたしますm(_ _)m

ミエールが処刑されなくて残念★
いつもありがとうございます

今処刑されたら話が終わっちゃうからね
まだまだ復讐劇?を見せてもらわないと

完成式の招待状ってアリアに送ったものではなく
投資家Aに送ったものではないでしょうか?現時点ではアースは投資家Aの正体を知らないはずですよね?

ご指摘ありがとうございます!該当箇所を修正しました。

なななおさん・匿名さんへ

コメントありがとうございます。56話投稿しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA