【外科医エリーゼ】143話最終回のネタバレ感想|舞台は再び現代へ


ピッコマの漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。最終回143話について紹介しています。

前回のラストで、めでたく結婚式をあげたエリーゼとリンデン。民衆に祝福される中、2人は誓いの口づけを交わしました。

とうとう最終回を迎えたこの漫画は、最後にどうなるのでしょうか?感想を交えつつ、ストーリーをまとめました。

⇒全話のネタバレはこちら

外科医エリーゼ143話(最終回)のネタバレ

舞台は150年後の現代へ

以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながら翻訳したネタバレです。つまり意訳8割です。

時代は流れ、現代の韓国。

朝の10時だというのに”彼女”はまだ夢の中。旅行当日だというのに、これでは飛行機の出発時間に遅れてしまいます。

しかし友人が「遅刻するよ!」と大声を出せば、ようやく”彼女”は目覚めて身支度をしました。

最終回は”彼女”の視点で語られます。”彼女”の名前は不明ですが、茶髪の若い女性でどこかエリーゼと似ています。

 

なんとか遅れず、飛行場に到着した2人。

”彼女”は謝罪しつつ、寝過ごした理由を説明するため口を開きますが…

友人はすでにお見通し。呆れた顔で「旅行先にある”クロレンス一族の生家”に関する本を読んでいたんでしょ?」と言いました。

何を隠そう”彼女”はエリーゼ皇后のファン。医師を志したのも、皇后の伝記を読んだのがきっかけでした。

クロレンス家の令嬢であるエリーゼ皇后は、”現代医学の母”と呼ばれるほどの偉人。皇后が150年前に記述した教科書は、今も大きな改正がありません。

”彼女”は夜遅くまでその教科書を読んでいたため、寝過ごしたのです。

ひよこ
つまり主人公は、エリーゼファンの医師見習い。外見的に、多分エリーゼの生まれ変わりかな。
白うさ
設定が濃い…!

”彼女”はクロレンス邸を訪れる

旅行先に到着した翌日。

”彼女”は1人でクロレンス一族の生家に向かいます。屋敷は観光地となっており、人は住んでいません。そのため少し古びていますが、昔はさぞ立派な豪邸だったとわかる外観をしています。

それを見て”彼女”は顔を輝かせました。

するとその時、中年男性から声をかけられます。彼はここの観光員らしく、案内役のガイドはどうかと勧めてきました。

・・・

案内役に連れられ、”彼女”はクロレンス邸を見て回ります。

案内役によると、エリーゼ皇后が医者になったのは16歳の時。それまでは手の付けられないお転婆で、社交界でも悪女と有名だったそうです。

さらに面白いのはその後。グレアム伯爵の弟子になり、コレラ患者を治療して戦争にまで参加したのだから驚きです。

”彼女”は興味深そうに、ガイドの話に耳を傾けました。

エリーゼ皇后の人生

ガイドが終わると、最後にエリーゼ皇后の寝室へと案内されます。”彼女”はそこに1人残され、寝室に飾られた写真を眺めました。

豪華な額縁に入れられた一枚の大きな写真。

その写真の中では、プリチア帝国の12代目皇帝・リンデンと皇后・エリーゼが微笑んでいます。

さらに写真の下にはプレートがあり、そこにはエリーゼ皇后の”二つ名”がズラリと記載されています。

コレラの討伐者・力学の母・ランプを持った女人・最年少帝国大佐任命者・女性伯爵叙任者・予防接種の創始者・現代医学の母…

そしてプレートの最後の行には「リンデンの愛する妻」と書かれていました。

ひよこ
後世に残るほど仲睦まじい夫婦だったのかな。
白うさ
そんな気はする。定期的にイチャイチャしてる印象。

”彼女”は見知らぬ男性と出会うが…

”彼女”が写真を見ていると、そこに男性がやって来ます。

黒髪と黒い服装の、不愛想にみえる男性。その顔はどこかリンデン皇帝に似ていて、”彼女”はデジャヴを感じます。

話を聞けば、彼もエリーゼ皇后の生家を見に来たそう。しかし彼は医療従事者ではないため、皇后の偉業については詳しくない様子。

そこで”彼女”が案内役を申し出れば、彼は思案しながらも微笑んで承諾します。

その馴染みのある笑みに、”彼女”も笑顔で頷きました。

~fin~

最終回の感想

ネタバレ感想

エリーゼとリンデンは、幸せな夫婦生活を送ったようですね。絵画の説明書きに「リンデンの愛する妻」とあったので、後世に残るほどのおしどり夫婦だったのでしょう。

悪女皇后として処刑されたエリーゼは、人生をやり直してようやく幸せを掴んだのです。

そして現代、2人は同じ時代に転生します。最終回で登場した男女は、エリーゼとリンデンの転生者でしょう。

2人とも記憶はありませんが、互いに既視感を感じている様子。「不愛想な顔がどこか馴染む」というセリフから、それが伺えます。

何度生まれ変わっても、この2人はまた結婚するのでしょうね。

考察:エリーゼが転生した理由について

エリーゼが転生した意味について、少し考察してみました。

彼女は1回目の人生で”悪女皇后”として処刑された後、記憶を持ったまま現代に転生したものの若くして事故死。そして、その後は1回目の人生をやり直す…という数奇な運命を送っています。

今になって考えれば、この連続転生には意味があったのでしょう。

神様から「ブリチア帝国を救え」という使命を与えられたのか、もしくは贖罪のチャンスを与えられたのか…

どちらにせよ、1回目の人生をやり直すための連続転生だったのかなと思います。だからこそ、記憶を残したまま転生したのでしょう。

作品情報
原作:yuin、絵:mini、原題:외과의사 엘리제、配信元:ピッコマ・kakaopage

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

4件のコメント

ついに最終話…
「リンデンの愛する妻」でほろりと来てしまいました。エリーゼが幸せになり、名声を手にする事が出来てよかったです。転生後の二人の行方も気になる…!
今からピッコマで更新されるのが待ち遠しいです!ありがとうございました!

コメントありがとうございます。
「リンデンの愛する妻」って良いですよね!2人とも幸せなまま一生を終えた感じが伝わってきます。

とてもわかり易い文章と、見易いページ作りに、感心感激しながら、一気に読ませて頂きました\(^o^)/
ありがとうございました♥
ハラハラドキドキと、涙と、いい作品でした♪

>すももさん
コメントありがとうございます。この作品は本当に良作ですよね!
そして見やすいと言って頂けて嬉しいです。サイト運営者にとっては何よりの誉め言葉なので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA