悪女は砂時計をひっくり返す103話のネタバレと感想|ピアスト侯爵家にてアリアの成人祝いが行われる


マンガ版『悪女は砂時計をひっくり返す』の103話のネタバレと感想です。

前回、アリアは初めて祖母・バイオレットと向き合って話をしました。そして周囲に流されるがまま、なぜかピアスト侯爵家で成人祝いを行うことになります。

その後アリアはどうなったのか、続きを見てみましょう。

⇒『悪女は砂時計をひっくり返す』ネタバレ一覧はこちら

⇒最終回ネタバレはこちら

ピアスト侯爵家にて、大規模なパーティーの準備が進められる

パーティー会場の設営

悪女は砂時計をひっくり返す

アリアの成人を祝うため、ピアスト侯爵家では大掛かりなパーティーの準備が進められます。皆がアリアを驚かせようと一丸となって準備をしますが…

屋敷のホールが会場なので、アリアには全て筒抜け。そのため彼女は、何も見ていないフリをするのでした。

ひよこ
侯爵家はアリアを喜ばせるために、ケーキを5段にして酒も全種類注文したよ。
白うさ
めっちゃ楽しそう。

母親・カリンとの会話

パーティーの準備が進む中。

アリアは廊下にて、母親・カリンになぜまだ屋敷にいるのかと尋ねました。というのも本来の予定では、カリンは今頃クロイと新婚旅行をしているはずだったのです。

するとカリンは、自分の娘が成人になる日に出かけるはずがないと答えます。

元々アリアは帝国で成人式をあげるはずでしたが、クロア王国で行うことになったのでカリンも屋敷に残ることにしたのです。

アリアは家族の”意味”について考える

するとその時、カリンは呟きました。

「だけど安心したわ。あなたが可愛がってもらえて」

その言葉に目を丸くするアリア。カリンは言葉に出さないものの、娘のことを心配していたようです。

ひよこ
そういえばカリンは最初から、アリアに家族の愛を知って欲しいと言ってたね。
白うさ
これが母親としての本音かな。

そしてこの時、アリアは俯きながら質問しました。

「お母様は、ピアスト侯爵家が私の力になるだろうと言って私をここに連れてきましたよね。じゃあ私は?私はお母さんの力になれる家族でしたか?」

今でこそ立派に育ったアリアですが、幼い頃はただの無力な子供でした。お荷物に過ぎなかったはずのアリアを、母親はロースチェント家に連れて行ってくれたのです。

そしてアリアは最近になって家族とは何か考えるようになり、1つだけ確実に理解しました。

それは母親が、自分を捨てなかったという事。

だからアリアは、もし困ったらいつでも帝国に来て欲しいとカリンに言いますがーーー

カリンは茶化すように、そんな心配をしなくても大丈夫だと言いました。また同時に、アリアは子供の頃から十分力になってくれる子だったとも言います。

アリアには全く心当たりがありませんが、なおもカリンは続けました。

「あなたは私を必要としてくれた。それだけで十分よ。私はね、私を心から望んでくれる人がいれば元気が出たの」

カリンはアリアの手を取って微笑みます。そして2人は必ず幸せになろうと誓い合うのでした。

補足|アリアの子供時代の話
アリアは子供のころ、笑顔で「お母さんお仕事がんばってね」と言うような子供でした。カリンにとって、アリアは精神的な助けになっていたようです。

アリアは2回目の成人を迎え、盛大にお祝いされる

17歳の成人式

パーティーの食事

ピアスト侯爵家にて、アリアの成人祝い(17歳の誕生日祝い)をするために盛大なパーティーが行われます。

パーティーには多くの貴族たちが参加し、バイオレットは笑顔でクラッカーを鳴らし、またアリアの元には次々と貴族が挨拶をしに来ました。

数々の賛辞に、アリアは営業スマイルで答えますがーーーその時、会場にチューリップの巨大な花束を持った男性が現れます。

「アリアお嬢様、お誕生日おめでとうございます」

なんと花束を持った男性の正体はアースだったのです。

成人式にアースが駆け付ける

聞けばアースは、我慢できずに能力を使用して駆け付けたそう。そのせいか顔には疲労が浮かんでいます。

そこでアリアは彼を休ませるべく、人気のない場所に連れて行きました。

・・・

渡り廊下まで移動すると、アリアはベンチに座るようアースに言います。そして能力を過信して無理してはいけないと彼に言い聞かせますがーーー

その時、アースは彼女を抱き寄せて言いました。

「無理はしていません。こうしてあなたに会えば、全て良くなりますから」

⇒『悪女は砂時計をひっくり返す』104話のネタバレはこちら

『悪女は砂時計をひっくり返す』103話のネタバレと感想

ネタバレ感想|アリアが愛されている件

ネタバレ感想

103話はロマンチックな雰囲気で終わりましたね。そして全体的に、アリアがどれほど愛されているのかが伝わる話だったのかなと思います。

アースは最後のシーンで「あなたの顔を見たら全てどうでも良くなる」という少女漫画のようなロマンチックなセリフを言っていましたが、これはアリアへの愛情が大きいからこそ出たセリフでしょう。

また、カリンもそれに似た感情をアリアに抱いていたようです。娼婦時代のカリンは生活苦でしたが、日々苦労しながらもアリアの笑顔に癒されていました。

多少の差はあれど、2人とも大好きな人の顔を見たら元気になれるタイプなのでしょう。素敵ですね。

103話の割とどうでもいい補足

アリアにとっては今回が2度目の成人式。

なお1回目(つまり前世)の成人式では、アリアは侍女たちに勧められるがままに酒を飲み続け、べろんべろんに酔っぱらって醜態をさらしました。

多分、侍女たちはミエールの指示によりこのような行動を取ったと思われます。

⇒『悪女は砂時計をひっくり返す』104話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA