『接近不可レディー』ネタバレまとめ|最新話と原作小説のストーリー概要について


『接近不可レディー』はピッコマで連載中の韓国マンガ。

原作小説の原題は『접근 불가 레이디』。なお原作はKin先生、イラストはMingsung先生が担当しています。

本記事ではマンガ版について最新話までのネタバレをまとめたので、内容を先読みしたい人は活用してみてくださいね。各話ごとにストーリーを紹介しているので、好きなところからお読みいただけます。

なお記事の後半では原作小説の最終回についても紹介しているので、結末を知りたい人におすすめです。

『接近不可レディー』最新話までのネタバレ一覧まとめ

接近不可レディー1

引用元:https://piccoma.com/web/product/72845

下の”ネタバレ一覧”から読みたい話数をタップしてください。各話のネタバレページに移動します。

各話ネタバレ一覧
23~24話25~26話27~28話
29~30話31~32話33~34話
35~36話37~38話39話
40~41話42~43話44話
45話46話47話
48話49話50話
51話52話53話

上記のネタバレ記事では、漫画版のストーリーについて紹介しています。

ただし、たまに先駆けして小説版のストーリーを公開していることもあります。

最終回について解説!各キャラは最後にどうなる?

『接近不可レディー』の原作小説はすでに完結済みです。

原作小説の最終回については下の記事にまとめたので、興味がある人は読んでみて下さい。なお外伝についても若干ネタバレがあります。

マンガの続きを先読みする方法

韓国語のマンガを読めるサイト

『接近不可レディー』の韓国版マンガは、『kakaopage』というアプリにて配信中です。

韓国版なら、ピッコマで掲載中の日本語版よりも先のストーリーを読めます。アプリ内の検索窓にて『접근 불가 레이디』と検索すれば表示されます。

ただし『kakaopage』は韓国語表記なので、翻訳アプリがないと読むのは難しいでしょう。そもそも韓国のアプリなので、日本でダウンロードするのが面倒です。

ちなみにダウンロードせずにサイトから直接閲覧しようとすると、1~3話以外はパスワードを要求されます。なので管理人はおすすめしません。

『NEWTOKI』や『funbe』などの海外サイトで閲覧する方法もありますが、これらは無断転載サイトなので非推奨です。閲覧は自己責任でお願いします。

原作小説を読む方法

『接近不可レディー』の原作小説は全7巻。

小説版はすでに完結しており、こちらも『kakaopage』から閲覧できます。ただし韓国語表記で、しかも有料。残念ながら無料版は配信されていないようです。

今後人気が出れば、小説版もピッコマで配信される可能性がありますが…今のところ、日本語版の小説はありません。

『接近不可レディー』のネタバレなし感想

『接近不可レディー』のあらすじ

『接近不可レディー』の主人公・ヒリスは、家族から酷い裏切りを受けてきた女の子。今までヒリスは、口に出すことすら躊躇うような境遇に置かれていました。

しかもヒリス本人に非はなく、家族による八つ当たり。作品の紹介文を読むとわかりますが、本当に酷いです。

ちなみに公式の紹介文はこちら↓

「ヒリス、頼む。ガブリエルの代わりに死んでくれ。」 「バラの貴公子」としてみんなから愛されるお兄様が、初めて私に頭を下げた。 血も繋がっていない義理の妹のために死んでほしいと…。 「あともう1回死ぬくらい、大した事ないだろ?」 タイムリープを繰り返す私。7度目に裏切られたあの日、ついに私は未練から解き放たれた。 「あなたが最後まで人でなしのクズでよかった」 あなたたちの愛なんて、もう要らない。 今度は私が、あなたたちを捨てる番よー
引用元:https://piccoma.com/web/product/72845

お兄様が残酷すぎる…!

家族全員がこんな調子だから、ヒリスは7回目の人生でとうとう家族を見放します。個人的には、むしろ今までよく耐えたなという印象。普通は1回裏切られた時点で復讐しますよ。

ただしこの作品、単なる復讐だけでは終わりません。ジャンルがロマンス小説なので、今後ヒリスは誰かと恋に落ちるワケですよ。

今までの人生が酷すぎたので、今世では好きな人と結婚して幸せになってくれると良いですね。

作者様は『ロクサナ』と同じ人

『接近不可レディー』を読んでから知ったのですが、作者様が『ロクサナ』と同じ人です。漫画版のイラストが全く違うので気づきませんでしたが、言われてみれば作風がやや似ています。

そしてよく見ると、両作品の主人公(ヒロイン)も似ています。

ロクサナとヒリスはどちらも強い女性で、女王様オーラを放っています。そして特殊な能力を操るチートであり、腕っぷしが強い。他にも美人・容赦がない・クール系など、いろいろ共通点があります。

なので『ロクサナ』が好きな人は、本作も気に入るかもしれません。

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA