翻訳『再婚承認を要求します』外伝60のネタバレと感想|ガリヌエラが動き出す


小説『再婚承認を要求します』の外伝60『もしラスタがナビエに送られたら(5)』のネタバレと感想です。

ナビエは夜の散歩中、噴水にて以前見かけた黄金色の鳥を発見しました。彼女はハインリを誤解したままですが、この先2人の関係は改善されるのでしょうか?

管理人の感想つきでストーリーをまとめました。

⇒『再婚承認を要求します』ネタバレ一覧はこちら

⇒女性向けの韓国漫画まとめ

ナビエは黄金色の鳥と再会するが、違和感に気付く

変な鳥との再会

再婚承認を要求します外伝
以下の文章は『再婚承認を要求します外伝』のネタバレであり、原作を翻訳したものです。8割意訳かつ概要のみ紹介しています(詳細を載せたら多分、権利元から苦情が来るので)

「あなたは、この間の子よね?ラスタに捕まってピイピイ鳴いていたあの鳥?」

ナビエが笑いながら噴水に近づくと、鳥は不機嫌な顔をします。鳥はこれほど表情が豊かなのかしら?と思いながらも、ナビエはその姿をかわいらしく思って鳥の頭をなでてやります。

しかしその時、ふとラスタの話を思い出しました。鳥の目つきがおかしいという、あの話を(外伝57参照)

あり得ない話ですが、いざ思い出すと気になるもの。そのためナビエは鳥に直接聞きました。

「あなたは変な鳥なの?」

しかし質問してすぐ恥ずかしくなり、ただ静かに鳥の隣に座ります。すると鳥は飛びもせず、ナビエの席を作るかのように少し横に移動しました。

白うさ
ハインリ、さすがにそれは怪しまれるよ。
ひよこ
これ、人間だってバレない?大丈夫?

その姿を見たナビエは、やはり妙に思います。

そこで周囲に誰もいないのを確認してから「ワッ!」と鳥を驚かせると、鳥は本当に驚いたのか、後ろに倒れて噴水の中に落ちてしまいました。

噴水に落ちた鳥を助けると…

ナビエは慌てて鳥を拾い上げると、ハンカチで体を拭いてやります。すると羽毛の間にガラスの破片のうなものを見つけました。どうやら噴水台の中に落ちた時、何かが刺さったようです。

そこでナビエは破片を抜いてあげようとしますが、鳥は逃げようとして暴れます。その結果、破片が抜けると同時に、鳥はまた噴水の中に落ちてしまいました。

ザブン!と大きな音がしたので、ナビエは思わず立ち上がりますが・・・

金色の鳥はどこへ行ったのか、噴水台の中には全裸のハインリが座っていました。

ソビエシュは悩んだ結果、あらぬ勘違いをしてしまう

ナビエと男の会話

その頃ソビエシュは、3年経っても子供ができないなんて…と悩みながら歩いていました。南宮の灯も、新年祭のために美しく飾られた庭も、ソビエシュの目には映りません。

するとその時

「このことが知られたら私は死にます」
「まずは服を着てください」

と噴水台の方から男とナビエの声が聞こえてきます。

ソビエシュ何の会話だろうと気になって噴水台に向かいますが、そこには裸の男などおらず、ナビエだけが噴水台に腰掛けたまま少し驚いた表情をしていました。

ひよこ
ハインリは足音に気付いて、鳥になって逃げたよ。
白うさ
鳥だから耳がいいんだね。

ソビエシュは勘違いをする

ソビエシュはナビエに近づくと、ピタッと立ち止まり彼女の手を見下ろします。

ナビエがつられて自分の手を見ると、そこには金色の羽毛と髪の毛がたくさん付いていました。どうやら羽毛が抜ける途中、彼は人間に変わってしまったようです。

けれどハインリに秘密にてくれと頼まれた以上、ナビエは何も言えません。すると彼は急に手を伸ばしてナビエの手をつかみ、これは何だと疑うような目つきをしました。

どうやらソビエシュは、妻の不貞を疑っているようです。

ソビエシュは妻の不貞を疑う

(いったい誰の髪の毛だったんだ?ナビエはなぜ答えなかったのだろうか)

ソビエシュは翌日になっても頭の中がごちゃごちゃして仕事が進まず、ナビエが愛人を作るのではないか、ブロンドの男と密会していたのではないか…と心配しました。

するとそこに、サモニュー連合国の使者としてガリヌエラが訪問し、彼女は丁重に挨拶してからプレゼントを差し出します。

その箱を開けると、中に入っていたのは黄金の矢。

ソビエシュはなぜ矢をくれるのかと質問しますが、ガリヌエラは微笑むだけで答えません。そこで彼女が退出した後、カール侯爵に意味を聞くとーー

彼はしかめ面をして、金で作った矢に刺されると恋に落ちるという伝説があると説明しました。

白うさ
これ、側室希望ってことかな?
ひよこ
側室ならまだいいよ。最悪、皇后の座を狙ってる可能性もあるね。

新年祭がはじまると、ガリヌエラはさらに大胆な行動をとる

新年祭がスタートする

新年祭が始まったので、ナビエはアイボリーのシンプルなドレスを来て会場に入ります。

階段を下りる途中でハインリと目が合いましたが、ナビエはぎこちなく視線を避けました。

彼がわざとラスタをいじめたのではないと知ったものの、全裸を見てしまったため目を合わせにくかったのです。

そしてソビエシュとダンスをし、休憩している最中。ざわめく声が聞こえてきたので、ナビエは人々の視線の先を見てみます。

すると階段の上には、美しいドレスを着た赤褐色の髪の女性――ガリヌエラが立っていました。

そのドレスは月明かりで作ったように輝いています。そして彼女はゆっくり階段を降りてソビエシュに近づくと何かを話しかけ、2人はその後すぐにダンスを踊りに行きました。

・・・

ヴェルディ子爵夫人によれば、ガリヌエラはとても利口で楽器を7個も使えるそう。またローラによると、彼女は注目されたくてわざと遅れて入場したようです。

それを聞いたナビエは複雑な気持ちになって、風に当たろうとベランダに出ます。

するとそこには、会いたくないと思っていたハインリがいました。

ガリヌエラの噂

調理室では、メイドたちがガリヌエラについて話していました。

「わざと一番遅く来たんだって」
「階段からもすぐに下りてこないし、人の視線を集めるために立ってたみたい。まるで皇后陛下みたいに」

また彼女たちによれば、ガリヌエラは降りてすぐに皇帝をダンスに誘い、彼はそれを承諾したそう。

傍でもやしの頭を取っていたラスタは、この会話を聞いて立ち上がります。そして陰気な顔で、今の話はどういうことかと質問しますが・・・

メイドたちはラスタをあざ笑い、あなたには関係ないと言って会話に入れてくれません。するとラスタは机をドン!と叩き、狂った熊のような目つきで言いました。

「答えて。誰が…誰と踊ったの?」

⇒『再婚承認を要求します』外伝61のネタバレはこちら

『再婚承認を要求します』外伝60のネタバレと補足

外伝60の感想①不穏すぎるガリヌエラ

ネタバレ感想

今まで平和だったのに、外伝60で急に不穏になりましたね。

ガリヌエラはソビエシュに対し、大胆なアプローチをかけています。金の矢を送ったり華美なドレスでダンスを申し込んだりと、かなり露骨ですね。

彼女はソビエシュの側室の座を狙っているのか、もしくはナビエから皇后の座を奪おうと考えているのか・・・どちらにせよ、自分に自信があるようです。

外伝60の感想②ラスタが怒った理由

厨房でガリヌエラの噂を聞いた時、ラスタの様子が妙でしたね。原文には“その目つきはけたたましく狂った熊のようだった”と書かれていたので、多分怒っていたのでしょう。

ちなみにラスタが怒った原因については2パターン考えられます。

ソビエシュに恋心を抱いて嫉妬したか。またはガリヌエラのことを「皇后陛下の地位を脅かす悪い女」と考えたか。

管理人に思いつくのはこれくらいです。現状を考えると、原因は後者っぽいですね。

今のラスタはナビエに心酔しきっているので、ガリヌエラに対して敵意を剝き出しにしそうな気がします。それこそ前回騎士にしたように、冷静に処理する展開もありそうです。

外伝60の感想③怖すぎる伏線

外伝のラスタは、熊を連想させる描写が多いです。

今回も「狂った熊のよう」という比喩がありましたし、外伝58の挿絵には熊っぽいオーラを出すラスタが描かれていました。

このラスタ=熊という描写について、管理人は伏線かなと考えています。

というのもメスの熊は、子熊を守るためなら非常に攻撃的になるそうです。そして今のラスタは、ナビエのことを非常に大切にしています。けれど、そこにガリヌエラが現れたとなると・・・

熊ラスタが、敵であるガリヌエラを排除するのかな…とか考えてしまいます。

⇒『再婚承認を要求します』外伝61のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

2件のコメント

更新ありがとうございます。
やっと物語が動いてきたなという感じですね。
ラスタが思い込みの激しい狂信者というかヤバいオタみたいで怖いです。
ソビエシュは自分が不妊なのかどうか相手を変えて確かめたいでしょうね。
でも身分の高い令嬢との浮気や側室に迎える行為は
一介の奴隷を側室に迎えるよりもリスクが高いし、もしラスタが相手を排除するために陰謀を巡らすなら地獄への1歩って感じがします。
それに前回ハインリの侍女と詐称してますから、何か事件が起きたら西王国も巻き込むでしょうし。
本編では東大帝国を混乱に陥れましたが、ifのラスタは大袈裟にいえば国家レベルの爆弾化とか???
ハインリとナビエ様だけが癒しです。
前回の挿絵のハインリはめちゃくちゃ絵師さんの気合いが入って美形でした。

>マリさんへ
コメントありがとうございます!
ラスタ、爆弾化しそうで怖いですよね。彼女の生い立ちを考えれば教信者になるのもわかりますが、思い込みが激しい子なので暴走しそうなイメージがあります。
あと前回の挿絵、本当にキレイでしたよね。さすがハインリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA