翻訳『再婚承認を要求します』88話のネタバレと感想|ローズが臨時侍女になる


『再婚承認を要求します』の88話のネタバレと感想です。ストーリーの概要を翻訳しました。

前回ナビエは、近衛隊長・ユニムの姉であるローズを”臨時侍女”に任命しました。ローズを味方に付けたいところですが、ナビエに策はあるのでしょうか?

管理人の感想を交えつつ、ストーリーを紹介します。

⇒『再婚承認を要求します』ネタバレ一覧はこちら

⇒同作者のマンガ『ハーレムの男たち』はこちら

【東大帝国】ナビエを奪われ、ソビエシュは焦っていた

その頃のソビエシュ

再婚承認を要求します

その頃ソビエシュは落ち着かない様子で部屋をウロウロしていました。ナビエをどうやって取り戻そうかと、相変わらず悩んでいる様です。

その様子を見たラスタは、何を勘違いしたのか「廃妃(=ナビエ)は評判がかなり落ちたそうなので心配しないでください。みんな陛下の味方ですよ」と声をかけます。なおラスタによれば、この噂はエルギ公爵から聞いたそう。

するとエルギ公爵の名前を聞いただけでソビエシュは顔に青筋を浮かべ、あいつがナビエを連れ去ったんだ!と心の中で恨み言を言います。そしてラスタにも、今後はエルギ公爵と関わるなと言いますが・・・

何も知らないラスタはそれを嫉妬だと勘違いし、ラスタが愛しているのは陛下だけですよと微笑みかけました。

エルギ公爵から離れられない理由

“エルギ公爵とは関わるな”

ソビエシュにそう言われましたが、ラスタは相変わらずエルギ公爵と会い続けました。というのも、彼ほど信頼できる人が身近にいないからです。

だからその日も、ラスタはエルギ公爵と宮廷の庭を散歩していました。

すると散歩中に彼は、ラスタが皇后になるには記者たちと仲良くしなければならないと話をします。なぜなら記者の質問を聞けば、国民が何を望んでいるのかわかるから。

しかしラスタは、すでに次期皇后になることが確定しているので真面目に聞きません。

ひよこ
次期皇后になる件は、さすがに秘密にしないとマズイからね。
白うさ
いくらエルギ相手でも言えないよね。

エルギ公爵はラスタが皇后になると知らないので、なおも話を続けます。

「いいかい?記者は大きく2種類に分けられる。貴族に友好的な記者と、貴族に敵対する記者。この違いを肝に銘じて、どちらと親しくするか決めるといい」

それを聞いたラスタは、記者のタイプを見分ける方法を聞きますが…

エルギ公爵はここ3年間の記事を全て読むように言うので、彼女は絶句します。そしてお腹を押さえながら「赤ちゃんはそんな話を聞きたがっていません!」とふくれっ面をします。

するとエルギ公爵は、さも可笑しそうに笑いました。

【西王国】ナビエの臨時侍女はローズが担当することに

臨時侍女・ローズ

ナビエの元に、臨時侍女としてローズがやって来ました(経緯は前話参照)

ローズは礼儀正しく挨拶をするものの、その目は『なんでも来い』と挑戦的。ローズは恐らく、味方を作りたいというナビエの思惑に気付いているのでしょう。

ローズの心中に気付いたナビエは、まず彼女の予想を裏切ろうと考えます。

そのため衣装室に案内してもらい、ナビエが着るドレス6着を選ぶようローズに頼みました。

なおドレス選びはローズに一任し、ナビエは一切口出ししません。そうすれば、ナビエがどんな服を着ようと文句は言われないでしょうから。

ひよこ
ローズはドレス選びを引き受けたけど、冷や汗をたらしてたよ。
白うさ
ナビエの計画通り、一泡吹かせることが出来たね。

記者との遭遇

そして次にナビエは、宮殿の中を案内するようローズに頼みます。理由はもちろん、宮殿内の地理を身につけておくため。

そして2人が廊下を歩いているとーー

その時「おっ…王妃殿下…!」という声と同時に、平凡な顔をした記者が現れます。

どうやら記者は、新しい皇后にインタビューをしたい様です。

またローズによると、彼は王室への出入りを許可された記者の1人であり、現在は3つの新聞社から記者を1人ずつ受け入れているそうですがーー

そう説明するローズは、気まずそうに視線をそらしています。

(残りの記者2人は、クリスタにくっついてるのかしら?あるいはクリスタが記者を嫌がったのか…どちらにせよ、この状況はチャンスだわ)

そこでナビエは、記者を利用しようと考えます。

そして微笑みながら、私に何か質問でも?と記者に問いかけました。すると記者は感激したのか頬を赤く染めーーー

「なぜこんなに早く再婚されたのですか!?」

大声でとんでもない質問をしました。

⇒『再婚承認を要求します』89話ネタバレはこちら

『再婚承認を要求します』88話のネタバレと感想

88話の感想

ネタバレ感想

読者の皆様がご存じのとおり、ナビエは西王国の皇后になるため相当な覚悟をしてきました。そして待つだけではなく、皇后としての地盤を固めるために色々な戦略を練っています。

その1つが味方を増やすこと。

今回で言えばローズの好感度アップですね。けれどナビエはただ愛想良くするのではなく、初手で相手の予想を裏切るという大胆な事をしています。

つまりローズの好感度を上げつつ、また彼女が下手なことをしないよう対策もしているのです。

ナビエって本当に頭が良くて、強い人ですよね。

そして丁度いいタイミングで記者が現れたので、ナビエは彼も利用しようと考えますがーーこの記者、とんでもない失礼記者でした。

なぜすぐに再婚したのかと、聞きにくいことを遠慮なく質問します。王宮への出入りを許された記者なのに、礼儀がなっていませんね。

とはいえナビエの事ですから、失礼記者の質問にもきっと上手く答えるのでしょう。どう返事をするのか、次回が楽しみです。

⇒『再婚承認を要求します』89話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA