『再婚承認を要求します』48~49話ネタバレと感想!ラスタに忍び寄る魔の手


LINEマンガで連載中の『再婚承認を要求します』のネタバレ感想です。48話~49話までのストーリーをまとめて紹介します。

前回のラストで、ナビエ兄が悪巧みをしていましたね。とても不穏な雰囲気でしたが、一体何をするつもりなのでしょうか?

感想を交えて、ストーリーを紹介していきます。

再婚承認を要求します

『再婚承認を要求します』ネタバレまとめ!最新話まで紹介

『再婚承認を要求します』48話ネタバレ

その頃のハインリ

再婚承認を要求します
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたものです。なので意訳が多いです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

西王国では、王の死去により内部がゴタついていました。

現国王であるハインリの元にはたくさんの王妃候補が訪れ、その中の1人は先代の妻(元王妃)に対して

「あなたはもう王妃様ではない」

「あなたがいると、次の王妃は居心地が悪くなるだろう」

とまで言う始末。

偶然その会話を聞いたハインリは、会話に割り込んで元王妃を庇ってやりました。

白うさ
先代が死に際に「嫁を頼む」って言ってたから、約束を守ったんだね。
ひよこ
それもあるだろうけど、ハインリは遺言がなくても助けてただろうね。

ハインリからの手紙

ナビエの元に、ハインリからの手紙が届きます。

手紙には、あなたが私の王妃だったらいいのに…と相変わらず口説き文句が書かれており、さらに「近いうちに戴冠式を行うので、ナビエにも東大帝国の使節団代表として来訪してほしい」とも綴られていました。

手紙を読んだナビエはスケジュールを確認して、行けるように日程を調整してみると返事を書きます。

白うさ
手紙でも口説くところがハインリ。
ひよこ
ぶれないね。

ラスタにまつわる噂話

ナビエが窓辺に立っていると、部屋の外でザワザワと騒ぐ声が聞こえます。

何事かと扉を開ければ、騒いでいたのはナビエの侍女たち。彼女らに話を聞くと、どうやらラスタの食事に堕胎薬が混ざっていたそうです。

ラスタと赤ん坊は無事だったものの、薬は微量ながら何回も混ぜられていた様子。

その話を聞いたナビエは「もしかして、私の周囲にいる人間が薬を盛ったのだろうか…」と心配します。

もしソビエシュが同じように考えている場合、何を言われるかわかったものではありません。

白うさ
大事件だよ!!
ひよこ
これはアカン。

 

その後ナビエは、ソビエシュと顔を合わせない日々が続きました。

ナビエは彼に責められなかったものの、一緒に食事する日さえも声がかかりません。ソビエシュは薬の件を「コシャール(ナビエの兄)による犯行だろう」と考えていたため、ナビエを避けて1人で食事を取っていたのです。

ナビエへの疑惑

ラスタに薬が盛られたのは皇后のせいだ。

そう言いながら1人で食事をするソビエシュに、従者は「皇后陛下からの指示ではないでしょう」と声をかけますが…

ソビエシュは、頭のいいナビエなら兄の行動くらい予想できただろうと否定します。ナビエが兄を止めなかったのは、ラスタに危害を加えようとしたからだと考えたのです。

白うさ
濡れ衣!!!
ひよこ
もし兄が犯人だとしても、ナビエは47話で兄を止めてたよね。

 

するとその時、部屋にナビエが訪れます。

ソビエシュはナビエを部屋に入れず、扉の前で「コシャールが犯人でないと思うなら、直接調査してみるといい」と言います。

ラスタに堕胎薬を飲ませた犯人を調査して、コシャールが犯人だったなら謝罪しろ。

ナビエにそう要求しました。

『再婚承認を要求します』49話ネタバレ

ナビエの疑問

侍女のイライザによると、ラスタの侍女と皇室コック長は全員クビになったそうです。しかし未だに、堕胎薬を盛った犯人は捕まっていないとの事。

ナビエはこの話を聞いた時「なぜソビエシュは犯人を明らかにしないのだろう」と疑問に思います。

そもそも彼は、なぜラスタの食事に堕胎薬が混ざっていたと気づいたのでしょうか?

ラスタ本人さえわからないほど微量だったなら、彼も気づかないはずです。

毒を盛った犯人は誰?

後日、ナビエとパルアン侯爵(コシャールの従者)は2人きりで食事をします。

その際にナビエは、堕胎薬の件について何か知らないでしょうかと尋ねました。

パルアン侯爵は最初はぐらかしていたものの、ナビエが目を細めて見つめれば、冷や汗をタラリと流して「”何も知らない”という事にしてはもらえないでしょうか?」と告げました。

それを聞いたナビエは鋭利な瞳で、兄が関わっているのかと尋ねます。

すると彼は目を反らし、観念したように「とても高価な薬なので、決定的な証拠は絶対に見つかりません」と答えました。

白うさ
つまり、犯人はコシャールだね。
ひよこ
ナビエを守るためとはいえ、これは外道すぎる…

 

パルアン侯爵の話を聞き、ナビエはため息をつきます。そして彼に、堕胎薬を使うことなど望んでいないと告げました。

ナビエは真相を告げに行くが…

堕胎薬を盛ったのがコシャールだと知ったナビエは、ソビエシュの元を訪れて謝罪をします。

ソビエシュが「今回は黙っておくが次はない」と告げると、ナビエは耐えるような表情で、肝に銘じておくと答えました。

一方、ラスタも犯人に気づく

ソビエシュはラスタの自室に行き、眠っている彼女の髪にやさしく触れました。そして起こさない様にゆっくりと、膨らんだ腹に耳をあてますが…

結局、ラスタは目を覚ましてしまいます。

ラスタの体調を心配しながら、腹部をなでるソビエシュ。そんな彼を見つめながら、ラスタは薬を盛った人が誰だかわかった気がすると告げました。

その言葉に、手をビクッとさせるソビエシュ。

するとラスタは彼の手に触れながら、悲しそうな顔で「犯人が誰であれ、私たちの子供は絶対に守らなければならない」と告げました。

⇒50話のネタバレはこちら

感想

ネタバレ感想

結局のところ、堕胎薬を盛るように指示したのはコシャールでしたね。

その動機は、言わずもがなナビエ。生まれてきた子供がナビエを脅かすことがないよう、コシャールは薬を使って始末しようと目論んだワケですが…

兄としての愛情が、かえってナビエの立場を悪くしてしまいます。しかもソビエシュは、ナビエなら兄の犯行を止められただろうと疑っている様子。

何もかもが、ナビエにとって不利益に動いてしまいました。

ナビエ本人は耐えているのに、身内がやらかして状況が悪くなるという負のスパイラル。しかもナビエを思ってのことなので、彼を切り捨てることもできません。

もう泥沼ですね!

⇒50話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA