『再婚承認を要求します』46~47話ネタバレと感想!


LINEマンガで連載中の『再婚承認を要求します』のネタバレ感想です。46話~47話までのストーリーをまとめて紹介します。

前回、妊娠祝パーティーで舞い上がっていたラスタ。しかし途中で、元カレ(?)を発見したり不吉なプレゼントを贈られたりと、苦難も多い様子でした。

ナビエだけでなくラスタ視点でも厳しい展開になりそうですが、この先どうなるのでしょうか?

再婚承認を要求します

『再婚承認を要求します』ネタバレまとめ!最新話まで紹介

『再婚承認を要求します』46話ネタバレ

ラスタの理想を、ソビエシュが否定する

再婚承認を要求します

ソビエシュは別室へとラスタを連れて行き、淡々と言い聞かせました。

ラスタの赤ん坊は、皇族にはなれないのだと。

その位を与えられるのは皇后の実子のみで、ラスタの子供は高位貴族にしかなれないのだと。

ラスタはその説明を聞いて「そんな法律はおかしい」と反論しますが…これが法律であり、いくら皇帝だろうと変えられない事実です。

そのためソビエシュは、ラスタに発言を慎むよう言い聞かせます。

話を聞き終えた後、ラスタはボロボロと涙を流しながら悔しそうな顔をしていました。

白うさ
可哀想だけど、ラスタは欲張りすぎじゃない?
ひよこ
そうだね。側室という立場上、納得できなくても聞き分けるべきだと思うよ。

 

ロテシュ子爵と息子の会話

ロテシュ子爵の息子・アレン。

アレンは急いで自宅に帰り、父親・ロテシュ子爵に訴えました。ラスタが皇帝の側室になったことを知っていたのかと。彼の頬には、涙をふいた跡が残っていました。

ロテシュ子爵はアレンに「首都に移り住めたのは全てラスタのおかげだ」と説明します。そしてアレンとの関係が露見しないよう、ラスタに関わるなと命令しました。

ナビエと兄が散歩をしていると…

天気のいい昼下がり。

ナビエ・コシャール(兄)・パルアン(兄の友人)の3人は、宮廷の庭を散歩していました。ナビエは優しく微笑み、身内ながらの雑談を楽しんでいましたが…

そこにラスタが現れた途端、ナビエの表情はいつもの鉄面皮に変わります。

ラスタはナビエのすぐ傍まで駆け寄ると、宝剣の件について言及しました。そして目を伏せながら、どれだけ侮辱されようが無視されようが、赤ん坊のために堪えてみせると言います。

さらにラスタは「”皇后は不妊の可能性が高い”とソビエシュが言っていた」などと口にしますが…

その時、ついにナビエの兄が激怒。

ラスタを睨みつけて怒鳴り声をあげるので、ナビエとパルアンは2人がかりで兄を宥めました。

白うさ
ラスタが余計なことを言うから、とうとう兄がブチ切れたね。
ひよこ
でも、これは怒っても仕方が無いよ。ラスタが悪い。

 

その場にしゃがみ込み、泣き出すラスタ。一方ナビエたちは、兄を連れて離れた場所に移動しようとしますが…

突然ラスタは「お腹が!」と叫び、汗をダラダラ流しはじめました。

『再婚承認を要求します』47話ネタバレ

ラスタ、倒れる

その場に蹲り、苦痛の声をあげるラスタ。すぐさま侍女たちが駆け寄り、ラスタを支えます。

しかしコシャールは怒りが収まらず、ラスタに怒声を浴びせ続けました。

ラスタは「助けて」と言わんばかりの顔で、涙を浮かべながらナビエを見つめますが…

ナビエは何も言わず、兄とともにその場を去りました。

ひよこ
ナビエは「宮廷医がいるし大丈夫よね?」と去ったけど、ラスタは見捨てられたと思っただろうね。
白うさ
ラスタ視点だと、ナビエは冷徹人間に見えそう…

 

ラスタの中に、黒い感情が芽生える

自室に運ばれたラスタは、ベッドに寝かされました。

医師によると、ラスタは体が弱いので安静にしなければならず、今後もこのようなことがあれば流産するとの事。

そのため見舞いに来たソビエシュは、ラスタに注意しました。

皇后に対して”不妊”など言ってはいけない。特にコシャールの前では言葉に注意しろ。

そう窘めるソビエシュに、ラスタは涙を流しながら「違うんです」と弁明しますが…

ソビエシュはその言葉を信じていない様子。

納得のいかない状況に、ラスタは唇を噛みます。そしてこの時、彼女は考えました。

このままではラスタが悪い女だと誤解されて、陛下に捨てられてしまう!そうなれば赤ん坊を守れなくなる!

そう決意したラスタの瞳には、暗い影が宿っていました。

白うさ
ラスタが闇落ちしたね。
ひよこ
ここから段々、悪女になっていくのかな…

 

闇落ちしたラスタは、コシャールに突き飛ばされたと嘘をつきます。

これを聞いたソビエシュは危機感を覚え、コシャールに”宮廷への立ち入り禁止命令”を出しました。

怒り狂ったナビエの兄は、計画を立てる

一方その頃。

コシャールは怒鳴りながらクッションを破いていました(しかもナビエの目の前で)

その様子を見て、しばらく気を付けてくださいと窘めるナビエ。

もちろんコシャールは反論しましたが、ナビエその際に「トゥアニア公爵夫人を離婚に追い込んだのはラスタだ」と伝えます。顔色を伺うまでもないが、むやみに衝突する必要はないと宥めました。

白うさ
このやべえ兄貴を見て、ドン引きしないナビエがすごい。
ひよこ
まあ身内だし…それに彼は、ナビエのために怒ってる訳だからね。

 

その日の夜。

コシャールはまだ怒りが収まらず、酒を飲みながらパルアンに愚痴を吐いていました。

あんな女が子供を産めば、いつかナビエに危害を加えるかもしれない。だから先手を打たなければ…

彼はそう言って、ラスタの弱点を握るための計画を立て始めました。

⇒48話のネタバレはこちら

感想

46話の感想

ネタバレ感想

ナビエの兄が怖すぎる!

いつか暴走するだろうなと思っていましたが、とうとう46話でブチ切れましたね。とはいえ彼ばかりが悪いのではなく、ラスタの発言にも問題がありました。

親族としてあの発言は許せないでしょう。もし私がナビエの姉だったら、同じくらい激怒していたと思います。

あの発言はアウトです。

そして兄の怒りは収まらず、47話では不吉なセリフを言っていたので…ただでさえ不穏なストーリーが、さらに泥沼になりそうですね。

47話の感想

47話では、ラスタが闇落ちしましたね。

今までのラスタは、悪質ながらも無邪気。自分の罪をわかっていない印象でしたが…

原作の47話では「周囲の人間に復讐してやろう」というセリフがあったので、明らかに悪意が芽生えています。ここからラスタは、本格的な悪女になっていくのでしょうね。

それこそ、ナビエを皇后の座から引きずり落とすほどに。

さらに闇落ちした直後は「コシャールに突き飛ばされた」と嘘をついていましたし、今までのラスタとは違います。これから罪を重ねていきそうです。

白うさ
”子どもを守る”という名目で、悪事に手をそめるんだね。

 

ただし、宮廷には腹黒い人間がたくさんいます。ラスタが人を貶めれば、その分だけ報復されるでしょう。

となると、ここからは報復合戦になる可能性もありますね。コシャールあたりは、特にひどい報復をやりそうです。

⇒48話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA