【外科医エリーゼ】110/111/112話最新話ネタバレ感想㊳新婚旅行の続き


ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。最新話の110・111・112話についてまとめています。

前回、エリーゼとリンデン王子は久しぶりのデートを楽しみました。しかし、なぜか途中から他国で旅行をすることに。

どう見ても新婚旅行ですが、王子はいったい何を考えているのでしょうか?

感想と一緒にネタバレを見ていきましょう。

外科医エリーゼ

【外科医エリーゼ】ネタバレまとめ!ピッコマ連載中の最新話まで紹介

外科医エリーゼ110話ネタバレ

ケインズのお祭り

ホテルで朝を迎え、新婚夫婦のような会話をするエリーゼとリンデン。

そして朝食を終えた後は、ケインズの街でデートの続きをします。

ケインズでは現在、お祭りが開催されているため珍しい物がたくさんあります。エリーゼは興味津々で、キョロキョロと周囲を見渡しました。

楽しそうな彼女に、リンデンは「ケインズの街では夜に”トマト祭り”が行われる」と教えてくれます。どうやら彼は、エリーゼのために観光地の勉強をしてくれた様です。

リンデンの気遣いに、エリーゼは心の中がじんと温かくなります。そして少し照れ臭そうに、リンデンの腕に自信の腕をからませました。

白うさ
恋人同士がよくやるアレだね。
ひよこ
どう見ても新婚旅行。

 

恋人のように、腕をからませて歩く2人。リンデンも満面の笑みを浮かべ、幸せそうな様子です。

そのまま2人は祭り会場をあちこち見て回り、食べ歩きをしたり手品を見たり広場でダンスを踊ったり…

楽しくデートを続けました。

王子のピアノ演奏

お祭り会場には、ピアノも用意されていました。

係員が「誰でも自由に弾いていい」と言うので、エリーゼは早速演奏しますが…

ピアノから聞こえるのは、ひどい不協和音。

エリーゼはどうやら、ピアノが苦手なようです。

白うさ
周囲の人たちは耳を塞いでたから、相当下手なんだろうね。
ひよこ
どんな弾き方したの!?

 

次にリンデンがピアノを演奏すると、美しい音色が響き渡ります。力強く優しい音色に、周囲の人たちは拍手を送ります。

そしてリンデンは、演奏を終えるとエリーゼをぎゅっと抱きしめました。

鬼滅の刃レンタル

【比較】鬼滅の刃(きめつのやいば)の電子書籍レンタルが安いサイト

外科医エリーゼ111話ネタバレ

トマト祭りに参加

引き続き新婚旅行(?)を続ける2人。

今回はトマト祭りに参加したのですが、最終的に2人とも全身トマトまみれになりました。

ひよこ
トマト祭りは、スペインで実際に行われているよ。

 

エリーゼと王子の酒盛り

ホテルに戻り入浴が終わる頃には、すっかり夜になっていました。

普段ならこのまま就寝するところですが、エリーゼの誘いによりリンデンと2人で酒盛りをすることに。

部屋に酒とつまみが運ばれてくると、エリーゼは目を輝かせて喜びます。

そして談笑しながら、お酒を飲むのですが…

エリーゼはつい飲みすぎてしまい、途中からぼんやりした表情に。

リンデンはそのへんにしたらどうだと静止しますが、エリーゼは「まだ大丈夫」と同じセリフを呟きながら飲酒を続けます。

白うさ
エリーゼは酔うと、同じ言葉を繰り返すみたい。
ひよこ
よくいるタイプだね。典型的な酔っ払い

 

いよいよ泥酔したエリーゼは、フラっと立ち上がります。そしてリンデンの隣に座り、彼の肩にもたれかかりました。

その行動に、驚きつつも頬を染めるリンデン。

エリーゼは彼にもたれかかったまま目を閉じて、少しだけこうしていたいと言って甘えます。

リンデンの望み

ひよこ
ここから糖度MAXのスーパー甘々タイムが始まるよ!

エリーゼが「殿下」と呼ぶと、リンデンは名前で呼ぶように言います。

エリーゼは躊躇しますが、言われた通り「リンデン」と呼んでやると彼はまた頬を染めました。

運命の相手

そしてエリーゼは、私たちは運命で結ばれているのかもしれないと話し始めます。

クリミア戦争でエリーゼが負傷した時、彼女に輸血ができたのはリンデンだけでした。そこで彼女は互いの血液について調査したところ、2人の血液は完璧に一致したそうです。

そのことを疑問視するエリーゼに、リンデンは「何が不思議なんだ」ときっぱり否定します。そして彼は、自信に満ちた顔でこう言いました。

我々は神に決められた仲だ。いや神さえも我々の仲を引き裂くことは出来ないだろう…と。

その言葉を聞いたエリーゼは、にこりと微笑みます。

外科医エリーゼ112話ネタバレ

完全に酔っ払ったエリーゼ

散々お酒を飲んだ後、エリーゼはあくびをしました。

かなり眠そうな様子なので、リンデンはお姫様抱っこをしてベッドに運んでやりますが…

その時、酔っ払ったエリーゼが急に甘えはじめます。

「リンデン好きです」と言いながら、何度も彼にキスをしたのです。

白うさ
エリーゼからキスするのって、今回が初めてだね!
ひよこ
きゃあ!大胆!

 

辛抱できなくなったリンデンは、エリーゼをベッドに横たえて彼女の首筋に口づけます。

そして事に及ぼうとしますが…

気が付くと、エリーゼは爆睡していました。

リンデンは絶句し、どうにか彼女を起こそうとします。しかし、揺すっても話しかけてもエリーゼは目を覚ましません。

結局リンデンは何もできず、呆然としながら虚空を見つめました。

ひよこ
めっちゃ可哀想。

翌朝、リンデンは寝不足に

翌日。

爆睡したエリーゼはとても元気でした。

一方、リンデンはどう見ても寝不足。目の下にくまをつくり、さらに昨夜のあれそれが原因で疲労していましたが…

エリーゼに「リンデン」と名前を呼ばれた途端、すぐに機嫌が直って元気になります。

クリウド市に到着

リンデンとエリーゼが次に訪れたのは、クリウド市。西海岸にある小さな都市で、街からはキレイな海が見えます。

2人は街中を散歩した後、人気の少ない場所に向かいます。そしてベンチに座り、海に浮かんだ船を鑑賞しました。

⇒ネタバレのつづきはこちら

感想

111話感想:エリーゼの心情の変化

ネタバレ感想

理性的なエリーゼが「運命」なんて言葉を使うとは思いませんでした…!

転生直後だったら、きっと「すごい偶然ですね」とか言ってクールに対応していたと思うんですよ。でもリンデンと過ごしたことで、エリーゼの考え方少しづつ変わってきたのかもしれません。

112話感想:エリーゼ、それはアカン。

ひたすら王子がかわいそう。

エリーゼ、それは無いよ。

王子が不憫すぎる。

私は女だけど、あの状況で我慢させるのはエグイよ…

全体的な感想

エリーゼ、意外と酒癖が悪いことが判明。

そして、爆睡するタイミングが神がかってます。

2人は婚約者だし、甘えたりキスしたりしても問題はないと思いますが…いかんせん、寝落ちするタイミングが悪すぎた。

本編を読んでいて「ここで寝るの!?」ってツッコミましたよ。

 

ちなみに、エリーゼがあんな酔い方をするのも衝撃的でした。お酒って怖いですね。

王子が相手だから気が緩んだのかもしれませんが、普段しっかり者のエリーゼが羽目を外す貴重なシーンでした。

というか、どれだけ飲んだらあんな酔い方ができるのか謎です。

⇒ネタバレのつづきはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA