再婚承認を要求します114話のネタバレと感想|ナビエを見た東大帝国民たちの反応


マンガ版『再婚承認を要求します』のネタバレと感想です。114話のストーリーを紹介します。

前回はラスタとソビエシュの結婚式が行われましたが、ラスタが派手なドレスを着て参加したのでソビエシュが相当怒っていましたね。

そして結婚式の後はパレードが行われますが、東大帝国の人々はナビエを見てどう思うのでしょうか?

⇒『再婚承認を要求します』ネタバレ一覧はこちら

結婚式後のパレードで、ナビエを見た東大帝国の人々はーーー

パレードでの反応

再婚承認を要求します
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。なので意訳が多いです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

東大帝国の国民たちはラスタを祝福し、彼女を載せた馬車が通ると大歓声をあげます。

しかしナビエが乗った馬車が通ると、しんと静まり返りました。

ナビエはその状況を予想していたので、内心では傷つきながらも無反応を貫きます。すると彼女の心情を察したのか、隣のハインリがそっと手を握ってくれました。

白うさ
ハインリ有能。
ひよこ
このシーンの国民は、ショックを受けたように見えるね。

関連:再婚承認を要求します考察|各キャラクターの年齢は?ナビエとハインリの年の差

披露宴の最中、ナビエは意外な人物にダンスを申し込まれる

冷たい視線に傷つくナビエ

パーティーの食事

夕方になると披露宴が行われます。

しかしその間、ナビエは浮かない顔をしていました。パレードのときに見た国民の顔が忘れられないのです。

(一時とはいえ大切だった人たちに無視されると···思ったより胸が痛むものね)

しばらくすると美しい音色とともにダンスが始まりますが、ソビエシュとラスタが躍っている最中ですら、一部の貴族たちはナビエを白い目で見ています。

ナビエはこの状況に不満を感じながらも、パレードの時の冷たい視線に比べればこの程度…と思うのでした。

ハインリとのダンス

ラスタたちのダンスが終わると、ハインリがやって来てナビエをダンスに誘います。彼が微笑みながら手を差し出しすので、ナビエはそのエスコートを受けますが…

内心では『私のせいでハインリも冷遇されたのに、大丈夫かしら?』と考えます。

するとその思考を読んだかのように、彼はナビエの耳元に顔をよせて呟きました。

「私の心配ならしないでください。クイーンの傍で堂々と一緒にいられるだけで十分ドキドキしますから」

ひよこ
この時ナビエは無言だったけど、背景に花が咲いていたよ。
白うさ
ということは嬉しかったんだろうね。

ハインリとのダンスが終わると、今度はエルギ公爵にダンスを申し込まれます。ナビエは意外に思いながらも彼の誘いを受けると、ダンスを踊りながら質問しました。

「どういうつもりで私をダンスに誘ったのですか?」

すると彼はどこか悲しげに笑ったので、ナビエは不思議に思うのでした。

意外な人物がダンスを申し込む

ダンスが終わると、エルギ公爵は深刻な顔で何かを言いかけます。しかしその言葉を言い終える前にーーー

「ナビエ王妃殿下。次は私と踊ってください」

なんとソビエシュがナビエにダンスを申し込んだので周囲は驚きます。

ナビエは気まずさを感じながらも、ここで拒否するのは失礼なので彼の誘いを受けます。そしてダンスを踊りながら考えました。

(こんな風に視線を集めてでも話したい事とは何かしら…)

するとその時、ソビエシュが「返事は?」と尋ねます。どうやら彼は手紙の返事を聞くためにナビエをダンスに誘ったようです。

しかしナビエが「何も言う事はありません」とキッパリ告げると、彼はひどく傷ついた顔をしました。

⇒『再婚承認を要求します』115話ネタバレはこちら

『再婚承認を要求します』114話のネタバレと感想

114話のネタバレ感想

ネタバレ感想

今回ハインリが有能でしたね。

パレード中はナビエを安心させるために手を握ってあげたり、ダンス中は優しい言葉をかけたりと始終気遣いを見せていました。

多分彼は、ナビエが「私のせいでハインリまで冷遇されている」と申し訳ない気持ちでいることを見抜いたのでしょう。

ハインリは本当に聡い人なんですよ。だから彼女が悲しくならないように、私はあなたと一緒にいられるだけで幸せですよ!とアピールしていたのかなと思います。

こうして見るとハインリって最高の旦那ですね。もし理想の旦那グランプリ(?)とかが開催されたら、絶対にトップに食い込みますよ。

114話の補足|ソビエシュの行動について

ソビエシュは今まで、ナビエと2人きりで会話をするチャンスを伺っていました。

しかし庭で誘った時は断られたので、今度はナビエが断れないタイミングーーーつまりダンスの時間を狙って話をしようと考えます。

本当は誰にも聞かれないよう2人きりで会話をしたかったのだと思いますが、それが叶わないので強硬手段に出たのでしょう。つまりそれだけナビエに聞きたい事があったのです。

けれどナビエの反応は淡々としたもので、ソビエシュに伝えることは何もないと言います。手紙を受け取ったときと同じで無反応。

するとソビエシュは何を期待していたのか、その言葉にひどく傷つきました。

⇒『再婚承認を要求します』115話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

2件のコメント

いつもありがとうございます。
辛いパレードのシーンが終わりましたね。
ハインリがそっとナビエ様の手にふれたシーン
ほんとうにハインリの気遣いが嬉しかったですね。
ハインリは本音を笑顔で武装する人なので
内心ナビエ様の心中を察してはらわたが煮えくり返っていそうですが
さすがに賢いハインリ、威厳を保って笑顔で堂々としていました。
堂々としていていいんですよね。
ナビエ様とハインリは悪くないんですから。
さすがに鉄や氷のナビエ様も動揺していましたが
有能でナビエ様至上主義で超絶に愛してくれる夫ハインリのお陰で
落ち着いたようで良かったと思います。

>紅茶さん
コメントありがとうございます&お久しぶりです。
パレードのシーンは私も読んでいて辛かったのですが、ハインリのおかげで幾分か安心しました。そしておっしゃる通り、ハインリは笑顔の裏で怒っていそうなイメージです笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA