漫画『今世は当主になります』67話のネタバレと感想|トレンブルーを治療するため動き出す


漫画『今世は当主になります』の67話のネタバレと感想です。

ギャラハンの病気を治すためにエスティラを呼び出すも、主治医であるオマリー博士に「素人の作った薬なんて危険すぎる!」と猛反対されてしまいました。

フィレンティアはこの危機をどう乗り切るのか?続きを読んでみましょう。

⇒『今世は当主になります』ネタバレ一覧はこちら

⇒キャラクター一覧はこちら

エスティラの治療薬を導入すべく、フィレンティアは皆を説得する

フィレンティアの説得

今世は当主になります
以下の文章は、管理人が韓国版原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

現状、エスティラの薬でトレンブルー病を治療できると知っているのはフィレンティアだけ。そのため彼女は真剣な表情で言いました。

「博士は言いましたよね。これまで病気を治療しようとした人たちはみんな失敗したと。それなら博士も、他の治療方法を知らないはず。そうですよね?」

そう指摘すると、オマリー博士は苦々しげな顔をします。

さらにフィレンティアは続けて、エスティラが嘘をついてまでギャラハンを害する理由はないと言います。そしてギャラハンにも、彼女の薬を一度だけ信じてほしいと静かに訴えます。

すると娘の強いまなざしを見たギャラハンは、エスティラに薬の成分と研究資料を見せてほしいと言いました。

エスティラを信じて、薬を服用すると決断したのです。

ひよこ
エスティラを信じると言うより、娘が信じた相手を信じたんだろうね。
白うさ
これで病状が良くなればいいけど…

悪化しつづける病状

ギャラハンが信じてくれたので、フィレンティアもエスティラも大喜び。

一方でオマリー博士は「後悔することになりますよ!」と捨て台詞を吐いて部屋を出て行き、またルーラックも本当にその薬を使うのか?と心配しますが・・・

この時、ギャラハンは病状が悪化していることを明かしました。

「実は今朝から、もう片方の足の感覚がおかしくて。こんな状況なので、出来ることは何でも試してみたいのです」

だからこそ娘が自分のために選んでくれた人を信じたい。そう言ってギャラハンは微笑みました。

トレンブルーの治療中、深刻な2つの問題が発生する

深刻な問題とは?

病院マーク

しかしその後、深刻な問題が起こります。

ギャラハンは治療薬を服用したものの、予想していた効能の半分ほどしか効果が無かったのです。

さらに何者かがギャラハンの病気について口外したらしく、それを知ったアンゲナスが既製服事業を横取りしようと動き出します。

ひよこ
ルーラックが口止めしたのに、もはや屋敷中の人が病気のことを知ってるみたい。
白うさ
言いふらす人なんて1人しかいないよね。お前のことだよビエーゼ。

フィレンティアは焦りながらも、この事態を打開する方法について考えます。

そこでまずはエスティラに、なぜ治療薬の効果が半減したのか理由を聞きました。

「…ただ混ぜたからといって、全ての薬剤の効能がそのまま発現するとは限りません。材料によって互いの薬効を半減させたり反発することもあるので、間でバランスを取ってくれる薬剤が必要です」

つまり、配合した薬草の成分を安定させる『媒介体』を見つける必要があるのです。

3年間研究し続けたデータによれば、媒介体さえあれば治療薬の効果を引き出せるとエスティラは断言しました。

なぜ薬の効果が半減したのか?
過去のエスティラは、貧しい人たちのために薬を作っている最中にたまたたまトレンブルーの治療薬を完成させました。そのため現在の彼女は、圧倒的に知識と経験が足りません。そのため今回の薬は、効果がイマイチだったのです。

媒介体を探すため、前世の記憶を振り返る

フィレンティアは媒介体を探すため、前世の記憶を振り返ります。というのも前世にて、彼女はエスティラのインタビュー記事を手当たり次第に読んでいたのです。

その結果、帝国南部の薬草にヒントがあることに気付きました。

前世で読んだインタビュー記事
『私の研究の根幹には、故郷の帝国南部にある数多くの薬草学が関係しています。その知識と経験は、いつも私に大きなヒントをくれました。答えは最初から私の中にあったのです』

成功までの過程が変わったとしても、結局は同じレシピ。もしかすると前世と今世のエスティラは、どちらも研究中に同じ壁にぶつかったのかもしれません。

またアカデミーは北部にある建物なので、南部の薬草は入手しにくかったのでしょう。そこでフィレンティアは、エスティラに指示しました。

「媒介体になりそうな薬草を探して。東部、北部、西部、そして何よりもあなたが最もよく知る南部の薬草をすべて」

アンゲナスの乗っ取りを防ごう!

フィレンティアは媒介体を探すだけでなく、アンゲナスによる既製服事業の乗っ取りについても対策もしなければなりません。

サーシャウ夫人(ギャラハンの叔母・56話登場)と手を組んで本格的に事業を拡張しようとする今、ギャラハンがトレンブルーにかかったという噂は致命的。衣服店はすでに帝国の日常に定着した巨大な事業であるだけに、皇帝も放っておかないでしょう。

またこの問題について、クレリバンは次のように説明します。

「誰かが衣服店事業を引き継いで、帝国民の生活を支えるべきだという名分のもとに陛下を説得しようとするでしょう。それがアンゲナスのやり方です」

さらに彼は、ギャラハンの病名がばれた以上早急にすべき事があると言います。というのもこの噂を知ったであろう、サーシャウ夫人の怒りを収める必要があるのです。

⇒『今世は当主になります』68話のネタバレはこちら

『今世は当主になります』67話のネタバレと感想

67話のネタバレ感想①アンゲナスのやり方

ネタバレ感想

ギャラハンの病名を知るや否や、アンゲナス(ラビニ皇后の家門)は既製服事業を横取りしようと動き出しました。

今や既製服事業は、国民の生活に必要不可欠なもの。言い換えれば、これを奪えばアンゲナスは大儲けできます。

考え方はわかりますが汚いですね。

人が苦労して作ったものを横取りして私腹を肥やす。これがアンゲナスのやり方です。

クレリバンの台詞からして、アンゲナスはこうして勢力を拡大していったのでしょう。寄生虫みたいな一族ですね。

67話のネタバレ感想②心に刺さったシーン

フィレンティアは前世にて、エスティラにまつわる記事を片っ端から読んでいたそうです。

というのも父親が亡くなった後でトレンブルーの治療薬が開発されたので、その虚しさを埋めるために記事を読み漁った…と本編にて説明されていました。

管理人、この部分でフィレンティアに共感しすぎて若干辛かったです。あと数年早く治療薬が完成していれば、父親は助かったのですから。

前世のフィレンティアからすれば、その事実はさぞ虚しかったでしょう。悔しいでも悲しいでもなく『虚しい』と表記されていたのが、彼女の心境を如実に表している気がします。

そして人間は、辛いときに理由を求めます。私もそうですが、自分の不幸は仕方がなかったと納得したいんですよ。

多分フィレンティアも無意識のうちにそう考えたからこそ、エスティラにまつわる記事を読み漁ったのでしょう。

薬の開発までに紆余曲折あって時間がかかったのだと分かれば、そしてエスティラが苦労した上で薬を作ったのだと分かれば、多少は心が落ち着くでしょうから。

要するに「仕方がない」と自分に言い聞かせたかったのかなと思います。

⇒『今世は当主になります』68話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA