『死して生きるSSS級ハンター』41~42話のネタバレと感想|万生の六柱


ピッコマで掲載中の『死して生きるSSS級ハンター』の41~42話について、ストーリーの概要をまとめました。

前回のラストで、白い光に包まれた孔子。そして今回、塔の管理者たちとついに対面します。

この先どうなるのでしょうか?管理人の感想を交えつつ、簡単にネタバレします。

⇒『死して生きるSSS級ハンター』ネタバレ一覧はこちら

41話ネタバレ|”万生の六本柱”と対面する

謎の空間に飛ばされる

『死して生きるSSS級ハンター』ネタバレ感想
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。なので意訳が多いです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

孔子が飛ばされたのは、真っ暗で何も見えない空間。

しかし誰かの圧倒的な存在感を感じて身構えると、目の前に大きな光が灯り、5人分のシルエットが現れた。

ひよこ
この5人が“万生の六柱”だね。
白うさ
あれ?六柱なのに5人しかいないの?

万生の六本柱

“万生の六柱”が全員そろうと、ウィンドウには質問が表示される。

『スキル”百鬼転生”の対象にNPCは含まれますか?』

問題が提起されると、六柱たちは聞きなれない言語で会話をはじめた。塔ではどんな言語を使っても翻訳されて聞こえるのに、彼らは違う。

つまり“万生の六本柱”は、塔にいる存在ではないのだ。

その事実に気付いた孔子は、目を見開いてダラダラと冷や汗を流す。

(六柱は、魔王などと比べ物にならない存在なのだろう。ひょっとしたら塔を設計した張本人かも…)

孔子が思案する一方で、会議はどんどん進行する。ある者は反対し、またある者は賛成しーー

結果、賛成2・反対2・棄権1となった。これでは結論が出ない。

すると孔子は、まだ投票していない人がいることに気付く。

最初からここにいて参加の必要がない人。つまり”塔の主”が投票していないのだ。

白うさ
会議の主催者である塔の主は、最初からこの空間にいたみたい。

”塔の主”の決断

「…俺は賛成だと思います」

今まで黙っていた孔子がついに口を開く。彼の言い分は、もしNPCが対象に含まれないなら魔王はどうやって軍勢を召喚したのか…というものだった。

また同時に、皆さんの心配事が何なのか見当はつきますと孔子は告げる。

恐らく六柱は、孔子がやたらとNPCを葬ってから召喚する可能性を危惧しているのだろう。だから孔子は、自分はそんな人間ではないしそんな生き方はしない…と胸を張って宣言する。

するとその時、誰かが微笑んで告げた。

「悪くないですね。でも煩雑です。頭ではなく心臓で言ってみてください」

その問いに、孔子はニヤリと笑って答える。

「あの魔王は私が捕まえた獲物です。俺のものだから触れないでください」

投票の結果

ウィンドウには『”最初の柱・万生の主人”が賛成票を投じます』と表示される。

つまり賛成3票で、百鬼転生にNPCが含まれると判断されたのだ。

すると孔子の足元がガラスのようにひび割れて、再び真っ白な光に包まれる。そして元いた場所に戻る瞬間―――

あなたに幸運がありますように、と声が聞こえた。

エスデルに下された判決

気が付くと孔子は20階のボスステージに立っていて、目の前には命乞いするエスデルがいる。どうやら現実世界では、瞬きするほどの時間しか過ぎていないようだ。

剣帝は「ゾンビ?おい、ゾンビ王?」と相変わらず喋りっぱなしで、何も見ていない様子。

つまり”万生の六柱”と会ったのは孔子だけで、その存在を知っているのも孔子だけである。

その事実を理解した孔子は、聖剣をギュッと握りしめて振りかざし、エスデルにトドメを刺した。

・・・

「百鬼よ、生き返れ」

孔子は『百鬼転生』でエスデルを復活させる。そして生前そのままの姿の彼女に”アンコウ(餓鬼)”と名前をつけ、自分に仕えるよう命令する。

するとアンコウは眉尻を下げて孔子をじっと見つめ、命令に従います…と頭を下げた。

孔子が名前をつけたのは、アンコウを現世に誕生させたものとして責任を果たすためです。そのための第一歩が名付けですね。そもそも”エスデル”は他人から奪った名前なので、彼女が持っていていい物ではありません。

それを見ていた剣帝は、疑問を口にする。

なぜエスデルは孔子に服従したのか、理由がわからない。神妙な顔で告げる彼に、孔子はすぐにわかるとだけ答えた。

アンコウは過去へと戻る

今までと同じように『歴史改変』が行われると、アンコウは故郷の村に立っていた。

まだ魔女狩りが行われる前なので、村人たちは平和そうに笑っているが…

アンコウだけは違った。両手で顔を覆いながら「ダメ…お願いだから…村がまた…」と呟いている。

するとその時、険しい顔をした他国の騎士たちが村を訪れた。

42話ネタバレ|歴史改変され、アンコウは過去に戻る

アンコウの村に帝国軍が襲来

夕日が指す中。アンコウは地面に膝をつき、ボロボロと涙をこぼしながら孔子に懇願する。

「恨みを抱きません。復讐しません。命じられれば何でもします。私はどうなっても構いません。どうか私の楽園を…」

アンコウが孔子にあっさり従ったのは、村を守りたいという一心からだった。その様子を見て、ようやく剣帝もそういうことか…と納得する。

そして孔子は、アンコウの願いを聞き入れて騎士たちの前に立ちはだかった。

すると軍の先頭に立っていたサルバス将軍は「何奴だ!」と叫ぶ。彼らは”善良な民を惑わした魔女”を捕らえろと皇帝に命令され、ここに来たらしいが…

孔子は以前、サルバス将軍のトラウマを見たため帝国内の事情を知っている。だからその情報を使い、騎士たちを説得しようと試みた。

ひよこ
村に攻めてきた騎士たちは皆、各フロアで孔子が助けた人達だよ。
白うさ
つまり孔子は、彼らの立場とか性格を知ってるのかな。

サルバス将軍を説得する

「サルバス・アイキム将軍。あなたは皇帝の命令で来たと言いましたね?これは笑わせる。皇帝が置かれている状況をあなたほどよく知る人はいないでしょうに」

その言葉に、怪訝な顔をするサルバス将軍。すると孔子は、笑みを浮かべて追い打ちをかけた。

すでに決まった皇太子を廃して、第三皇子を皇太子の座に上げようとする男がそんなことを言うのか…と。

補足:帝国内部の詳しい事情は不明ですが、現在の皇室は混乱しているようです。また皇帝は正しい人ではなく、サルバス将軍は忠義を尽くすほど良い待遇を受けていませんでした。

痛い所をつかれて、サルバス将軍はギリギリと歯を食いしばる。

すると孔子は「俺に”誰か”と聞いたな!直接その目で確かめろ!」と叫んで聖剣を掲げる。

そして自らを、偉大なる初代皇帝・アイキムが遣わした先人だと主張した(もちろん嘘だが)

ひよこ
堂々と大嘘をつくね。
白うさ
演技レベルがカンストしてる。

孔子は嘘八百を並べる

この聖剣は、アイキム帝国の出身者から絶大な支持を得られるアイテムだ。そのためサルバス将軍と帝国騎士たちは、全員馬から降りて跪く。

つまり、これでアイキム帝国の騎士たちは説得できた状態だが…

しかし、聖剣が通用するのは帝国出身者のみ。そのため他国の騎士や神官たちは、なぜこんなところに先人がいるのか…と疑っている。

そこで孔子は、威厳あふれる態度でさらに主張した。

「魔女はもう私が討伐した!こっちを見ろ!」

孔子が指さした先には、警戒した様子のアンコウがいる。すると騎士たちは、西の魔女だ!確かにあの女だ!と動揺を露わにした。

命令に逆らえないアンコウ

孔子はアンコウを呼びつけて、騎士たちの前で跪いて頭を下げろと命令する。アンコウは悔しさに震えながらも、その命令に従うが…

「そのまま地面に額をつけて前転しろ」と命じられ、頭に疑問符を浮かべた。

さらに孔子は、ジャンプをしろだの腕立て伏せをしろだのと命令するので、アンコウは訳も分からずそれに従う。

そして彼女が力尽きて倒れると、孔子はもっともらしい顔で主張した。

「理解できたか。見ての通り、魔女はもう私に討伐されたのだ!何があっても私の命令に逆らえない!」

その言葉を聞いたサルバス将軍は、目から鱗と言わんばかりにショックを受ける。そして先人の言う事ならばと承諾するが…

これに反論したのは、他国の騎士たち。それはやがて言い争いに発展したので、村に攻め入るどころでは無くなった。

滝の魔法使いの提案

口論がヒートアップして、場が混乱していたその時。

青い皮膚をしたドラゴンのような男が「落ち着いてください!」と全員を一括する。15階で助けた“滝の魔法使い”だ。

滝の魔法使いは冷静な態度で、今問題なのは孔子たちが何者か確認することだと指摘する。

そして懐から、青く輝く宝玉を取り出した。

⇒『死して生きるSSS級ハンター』43話ネタバレはこちら

『死して生きるSSS級ハンター』今回の感想

41話の感想|万世の六柱について

ネタバレ

『死して生きるSSS級ハンター』41話の感想です。

“万世の六柱”という新キャラが登場し、さらに塔の管理者までもが姿を現しました。そして、彼らの存在を知っているのは孔子だけ。剣帝ですら知らない管理者たちに出会ったのです。

ものすごい体験をしましたね。

以下、本文中で紹介できなかった”万世の六柱”の詳細です。今回はシルエットのみの登場でしたが、それぞれ二つ名があるので紹介します。

”万世の六柱”のメンバー
  • 最初の柱・万生の主人
  • 2番目の柱・空虚に踊る神
  • 3番目の柱・都市を立法した者
  • 4番目の柱・盲木を観照する月
  • 5番目の柱・蜃気楼を歩く公女
  • 6番目の柱・太古の杖

Googleさんの翻訳機を使ったところ、上記のように翻訳されました。もし間違いがあれば、日本語版が更新された後で修正します。

なお孔子によれば、彼らは圧倒的な存在で魔王よりも強いそう。

そして最初の柱・万生の主人が塔の主だと判明しました。今までハンターたちを見守っていた存在で、孔子の選択を尊重してクエスト内容を改変してくれたのもこの人(?)なのでしょう。

⇒『死して生きるSSS級ハンター』43話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA