『死して生きるSSS級ハンター』37~38話のネタバレと感想|歴史改変


ピッコマで掲載中の『死して生きるSSS級ハンター』のネタバレ感想です。37~38話のあらすじを紹介しつつ、管理人の感想をまとめました。

前回のラストで、19階までの新クエストが登場しましたね。孔子の強い意思が、塔にも認められたのです。これからは弱体化した魔王を追いかける事になりますが、無事に討伐できるのでしょうか?

⇒『死して生きるSSS級ハンター』ネタバレ一覧はこちら

37話ネタバレ|魔王の侵略を防いだ結果

3人はアイキム帝国城壁前へと転送される

『死して生きるSSS級ハンター』ネタバレ感想
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。なので意訳が多いです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

孔子と一緒に、黒色魔女と剣聖も転送される。

3人が降り立った場所は、アイキム帝国の城壁前。彼らの記憶にある城壁は、薄汚れて傷がつき、さらに戦争中のため旗が何本も立てられていたが…

目の前にある城壁は、なぜかキレイで目立つ傷も無い。おまけに旗も立っていない。

不思議に思った3人は、黒色魔女の転移スキルを使用して城の屋上に移動する。すると目の前にはーー

”活気に満ちた街”が見えた。青空の下で、人々が平和に暮らしている。

それを見た孔子は、アイキム帝国の歴史が改変されたのだと気づく。

本来ならアイキム帝国は、魔王の侵略を受けるはずだった。しかし孔子たちが侵略を未然に防いだため、歴史が逆になったのだ。

歴史改変により、街には平和が戻る

するとその時、下の方から「無礼者!なぜ帝国の楼閣を踏んでいるのだ!」と怒鳴り声がする。

そこに立っていたのは11階のNPC・サルバス将軍。彼は孔子のことを覚えていない様だ。歴史が改変されたため、彼の記憶も消えたのだろう。

その事実を悟った次の瞬間、孔子は大声で笑った。黒色魔女がぽかんとした表情をするも、彼はひたすら笑った。そして笑い終えると、大声で叫ぶ。

「…守った!みんなの帝国を守った!オレは約束を守った!!!」

叫んだ後、孔子は晴れやかな顔をしていた。一人の犠牲者も見たくないという一心で数百日を過ごし、ついに魔王を追い払った。その事実が誇らしかったのだ。

12階を攻略したので、いつものように塔から『攻略貢献者ランキング』が発表されました。今回は攻略者が孔子・黒色魔女・剣聖のみなので、ランキングには3人の名前しか載っていません。また孔子については、塔から与えられた『死王』という異名が掲載されました。

38話ネタバレ|歴史改変により平和が守られる

追撃するため13階へ

13階に進むと、目の前にはアイキム帝国の神殿があった。そして神殿の上空では、魔王が荒ぶっている。

『許さない!私が生かした子供たちを!一方的に奪うなど!』

絶叫する魔王。
臨戦態勢に入る孔子たち。
しかし一方で、剣帝は首をかしげている。

というのも剣帝によれば、魔王は弱体化しているらしい。言い換えれば、魔王の『格』が落ちているのだ。

塔のボスは通常、上のフロアに行くほど強くなる。しかしこれでは真逆だ。

するとその時、孔子の前にウィンドウが表示される。そして12階のクリア報酬として、塔から以下の2つが与えられた。

12階のクリア報酬
  1. 祝福により、全身が強化される
  2. 11~20階のマップが全て開放される

マップの開放により、孔子の前には”世界地図”が表示される。それを見た孔子は、ようやく現状を理解した。

魔王が弱体化した理由

世界地図からは、難民村がまるごと消えている。

つまり孔子たちが現在いるのは、魔王が大陸を侵略するよりも前の時代。言い換えれば、魔王はまだ強大な力を手に入れていないのだ。

魔王が弱体化した理由
  1. そもそも魔王は、多くの人間を襲撃しながら成長した。
  2. しかし歴史改変により、魔王の襲撃は「なかった事」になる。
  3. つまり経験値が消えた状態なので、今の魔王はそれほど強くない。

アイキム帝国だけでなく大陸全体の歴史が変わったため、魔王が弱体化したのだろう。孔子はその事実を、黒色魔女と剣聖に説明した。

神殿でのゾンビ戦

魔王が弱体化した今こそ、反撃のチャンス。孔子たちは各自武器を構えるが…

魔王がゾンビ軍団(元々は神殿にいた人間)をけしかけたので、多勢すぎて対応しきれない。おまけに『百鬼召喚』もクールタイムにより使用不可だ。

そこで孔子は、神殿に隠されている”ハンマー”を使おうと考える。というのも、このハンマーはアンデット特攻付きで広域攻撃ができるのだ。

そして剣聖と黒色魔女にハンマーを拾いに行くよう頼んだ結果、ゾンビ軍団の退治に成功した。

今回も孔子はループを繰り返しています。ハンマーの情報はループ中に知ったようです。なお剣聖は「なぜその情報を知っている?」と質問しますが。孔子は「オレ予言者!」と答えてゴリ押ししました。

ゾンビ軍団を倒した後は”一つ目の巨神兵”が登場する。元々は神殿を守護する存在だったが、 魔王にやられて配下になったようだ。

巨神兵は手強い敵だったが、孔子がループ中に集めた情報により撃破できた。

しかし今回も、やはり魔王にトドメを刺せず14階へと逃げられてしまう。

とはいえ魔王を退けたので、歴史が改変されて神殿は元の状態ーー神父や参拝者たちが集まる平和な場所ーーへと戻った。

ついに19階に到着

その後も、孔子・黒色魔女・剣聖の3人は上階へと挑み続ける。その度に、魔王は退却しつづけ弱体化していく。

そして19階ステージ(誰もいない荒野)へと転送された時、魔王は人間ほどのサイズに縮んでいた。

もはや強大な魔王の姿はどこにもなく、黒くドロリとした物体(頭部には赤い目が1つある)がいるだけだ。

『貴様さえいなければ!!』

怒り嘆く魔王に、孔子は剣を向けて「全力でかかってこい」と警告する。なぜなら魔王は、今全力で挑まないと勝ち目がないからだ。

さらに孔子が「エスデル」と言った瞬間、魔王は赤い瞳を見開いた。

⇒『死して生きるSSS級ハンター』39話ネタバレはこちら

補足|38話の巨神兵について

字数の関係で省きましたが、38話で登場した巨神兵の顔には大きな目が1つ付いています。キラキラの目でものすごーく攻撃したくなりますが、黒色魔女が目を攻撃したところ、巨神兵は目からビーム(というか火炎放射)を出したため孔子たちは全滅しました。

つまり、目を攻撃しちゃダメな敵だったのです。とんだ初見殺し。

『死して生きるSSS級ハンター』今回の感想

感想①塔の態度も変化する

ネタバレ

最初と比べて、塔の態度がかなり変わりましたね。

1話で孔子にスキルを与えたときは『類を見ないほど醜い嫉妬心!』とか何とか言っていたのに、今では彼のことを『勇士』と称しています。

さらに彼の選択を尊重して、新クエストまで用意してくれるという好待遇。至れり尽くせり…とまでは言いませんが、塔はちゃんと公平に評価してくれました。

評価するというより、見守るというのが正しいかもしれませんね。

感想②今回笑ったシーン

ここ最近はずっとシリアスだったのですが、38話では少しギャグ要素がありましたね。

対ゾンビ戦の時に、孔子はハンマー(対アンデット用)を使って敵を撃破しようと考えますが、その情報を剣聖に教えると疑われました。

まあ当然の流れですよね。何でそんな情報を知っているんだという話になりますから。

でも孔子は、その疑惑を全て「オレ予言者!」で誤魔化します。ゴリ押しにも程がある。

⇒『死して生きるSSS級ハンター』39話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA