『死して生きるSSS級ハンター』35~36話のネタバレと感想|百鬼召喚


ピッコマで掲載中の『死して生きるSSS級ハンター』のネタバレ感想です。35~36話のあらすじを紹介しつつ、管理人の感想をまとめました。

魔王が『百鬼召喚』を発動させてモンスター軍を召喚すると、孔子もまた同じスキルで対抗します。つまり、30話で孔子が魔王からコピーしたスキルは『百鬼召喚』だったのです。

この先どうなるのでしょうか?ネタバレを見てみましょう。

⇒『死して生きるSSS級ハンター』ネタバレ一覧はこちら

35話ネタバレ|孔子も『百鬼召喚』を発動させる

百鬼召喚

『死して生きるSSS級ハンター』ネタバレ感想
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。なので意訳が多いです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

魔王からコピーした『百鬼召喚』を発動させる孔子。その瞬間、黒い影とともに大量の骸骨(がいこつ)が召喚される。

『百鬼召喚』の効果
あなたが直接葬った者たちを、モンスターとして召喚します。死者は生前の能力を引き継ぎません。また1週間に1度しか使用できません。

『直接葬った者』をモンスターにする能力。そして孔子は今までに、4000回以上も自分自身を葬っている。

つまりここにいる骸骨は、ほとんどが孔子本人だ。例外は炎帝1人のみである。

その証拠に骸骨はみんな、緑の柄のナイフ(孔子が普段の使用している物)を右手に持っていた。

孔子に異名が与えられる

魔王は激怒した。なぜ孔子が自分と同じスキルを使えるのか…!と憎悪を口にするが、叫んだところで状況は変わらない。

骸骨たちは一斉に魔王軍へと襲い掛かった。

巨体のオークが相手だろうと怯まずに攻撃する姿は、孔子そっくりで死への恐怖がまるで感じられない。

それを見てニヤリと笑う剣帝。
一方で、魔王は声を荒げた。

「ただ異世界から渡ってきた者が、なぜ私の邪魔をするのか!!」

そう叫ぶ魔王に、孔子は「どこから来たとしても関係ない」と言い返す。今ここに立っているのだから、資格はそれだけで十分だ。

そして彼が、聖剣を構えて魔王に飛び掛かるとーー同時に、黄色いウィンドウが表示された。

『塔があなたに異名を与えます。あなたの名前は”死王”です』

36話ネタバレ|魔王のトラウマとは?復讐する理由

魔王のトラウマ

白うさ
以下、魔王の過去だよ。

魔王は元々、スライム状の小さな生物だった。しかし魔王は”捕食した生物に憑依する能力”を持っていたので、他の生物を襲ってはその体を乗っ取っていく。

そしてある日、魔王は”エスデル”という少女を捕食する。すると彼女の記憶が流れ込んできて、その日から魔王は彼女に成り代わった。

その後、エスデル(=魔王)は美しく成長し、人々から「辺境の聖女」と呼ばれるようになる。というのも彼女には、どんな病気でも治せるという噂が流れていたのだ。

ーーただし実際は、相手を延命させるために残酷な事もしていたが。

例えば貧しい女性から「余命わずかな赤ん坊を助けてほしい」と頼まれた時は、誰もいない場所で赤ん坊を捕食し、そして自分の眷属として蘇らせていた。

とはいえエスデルに下心はない。ただ人々を憐れみ、請われたから助けただけの事。そして彼女は、ひたすら病気の人々を”治療”しつづけた。

・・・

しかし噂を聞いた他国の人々は「エスデルは魔女だ」と警戒し、彼女の住む街を”魔女の巣”として焼き払ってしまう。

その結果、街は全焼。エスデル以外の住民は全員死亡する。

なおこの事件の実行犯は、アイキム帝国など隣国の兵士だった。

つまりアイキム帝国(と他の国々)は、エスデルから故郷と仲間を奪ったのです。そのため恨まれています。

繰り返される魔王戦

黒色魔女が加勢したものの、魔王の強力な一撃により孔子はまた敗北する。

さらに今回は『百鬼召喚』を使用したため、再びスキルが使用可能になるまで1週間のクールタイムがある。つまり、もう一度スキルを使うには1週間ループしつづける必要があるのだ。

そしてこの間、孔子は黒色魔女とともに魔王に挑んでは敗北するが…

何度もループしたおかげで、魔王の攻撃パターンを予測できるようになった。

魔王は13階へと退却する

「次は左に避けて、隙ができたら総攻撃!」

魔王の攻撃パターンを覚えた孔子は、的確な指示を出す。そのため黒色魔女と剣聖は、有利に攻撃することができた。さらにこの時、黒色魔女のスキルがヒットして魔王の頭が吹っ飛ぶが…

魔王は13階に退却してしまい、トドメは刺せなかった。

止まった世界の勇士

魔王に逃げられ、悔しそうな顔をする孔子。

するとその時、目の前にウィンドウが現れる。そこには『12~19階までのクエストが改訂されます』と表示されておりーー

さらに次の瞬間『止まった世界の勇士』という新しいクエストが表示された。

止まった世界の勇士
難易度:不明
一人の犠牲者も出さないことを正義と言います。救った相手に対価を求めないことを献身と言います。そして正義に献身する者を「勇士」と言います。他の人々があなたの正義と献身を知らなくても、それらは残ります。あなたは止まった世界でも、勇士であることを選択しますか?
魔王は逃走しましたが、まだ遠くには行っていません。あなたが望む限りいくらでも追撃できます。

孔子の意思を認めて、塔が新たなクエストを出現させたのだ。

そして孔子はもちろん、クエストに同意する。するとその瞬間、彼の体は光に包まれた。

⇒『死して生きるSSS級ハンター』37話ネタバレはこちら

『死して生きるSSS級ハンター』考察

考察①魔王がアイキム帝国を狙う理由

ネタバレ

36話では”秋雨の魔王”のトラウマが明かされました。

魔王は登場時からずっと、帝国の人たちを恨んでいる様子でした。『お前たちの悪意に飲まれろ』などのセリフから、よほどの憎悪を抱えていることはお察しでしたが…

魔女狩りの被害者だったんですね。しかも村ごと。そして実行犯の中には、アイキム帝国の兵士もいたと。

何というか「それは恨みもするわ」という印象でした。だって家族も友人も居住も、今まで大事にしてきたものを全て奪われたのですから。復讐したいと思うのはわかります。

ただ、無関係な一般人を攻撃しちゃダメですよ。兵士とか王に復讐するならまだしも、一般人を巻き込むのはアウト。魔王の心情はわかるけど、やっている事は正当化できません。

考察②魔王の矛盾

魔王はエスデルに成り代わって以来、病気の人たちを”治療”し続けていました。貧しい人々を無償で治療して微笑むその姿は、まさに聖女でした。

元々はモンスターだった魔王ですが、心から人間を慈しんでいた様です。

その内面はモンスターというより、人間に近かったのかなと思います。

でも結局のところ、魔王は村人たちを騙していたんですよ。

魔王によって救われた人もいますが、少なからず被害も出ています。本物のエスデルを捕食したり、赤ん坊を食べたりしてますから。

優しいけど罪深いですね。そして帝国を恨んでいる割に、自分の罪は見えていない印象です。

感想まとめ

ついに孔子が異名をゲットしました!おめでとう!

『死王』という中二臭い名前ですが、彼に合っていますね。なにせ4000回以上もコロコロされてますから。

とはいえ第三者から見れば、なぜ孔子にこんな異名がついたのか謎でしょう。あんないい子が、物騒な異名で呼ばれるワケですから。

いつか誰かにツッコまれそうですね。なんで死王なの?って。

⇒『死して生きるSSS級ハンター』37話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA