【翻訳】悪女は砂時計をひっくり返す93話のネタバレと感想|サラと公爵の結婚式が開かれる


マンガ版『悪女は砂時計をひっくり返す』の93話のネタバレと感想です。

93話では前回に引き続き、サラの結婚式へと向かうアリア御一行が描かれますがーー厄介者のミエールは、パーティーに参加しても大丈夫なのでしょうか?

ストーリーをまとめたので、続きを見てみましょう。

⇒『悪女は砂時計をひっくり返す』ネタバレ一覧はこちら

⇒最終回ネタバレはこちら

ミエール視点|サラの結婚パーティーに参加する

サラの結婚式が盛大に開かれる

悪女は砂時計をひっくり返す
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

アニーたちは一足先に、教会の庭で開かれているパーティー会場に到着します。

会場は美しい音楽・豪華な花々・たくさんのご馳走があふれていて、すでに多くの人たちが集まっています。

そんな中、アニーとミエールが軽い口喧嘩をしていると、周囲の貴族たちがザワザワと騒ぎ始めました。

「なんとまあ、 あの馬車をちょっと見て」
「あれは…」

人々の視線の先にいたのは、馬車から降りて来たアリアとアース。絵画のように美しい2人を見て、誰もが感嘆の声をあげます。

するとその様子を見ていたミエールは、アリアと隣のアニーを見比べてぽつりと言いました。

「…同じ平民なのに、全然違うわね」

ミエールの言葉に、さすがのアニーも激怒します。大勢の人がいるのに、アニーはつい怒鳴りました。

「どうしてそんなことが言えるの!当然、お嬢様は私より何千倍も優れてるわよ!!」

ひよこ
これは酷いよ。絶世の美女と比較されるのは辛すぎる。
白うさ
スーパーモデルと一般人を比較するようなものだね。

アニーが大声で叫んだため傍にいたボブーン男爵はギョッとし、周囲の参加者たちもアニーの方を見ます。

するとその時、誰かが言いました。

「あれ?あの人…ロースチェント・ミエール?」

その言葉をきっかけに、貴族たちはミエールの存在に気付きます。

そして彼女を白い目で見ながら、ヒソヒソと悪口を言い出しました。

「親も国も裏切って図々しく生きている悪女め」
「お祝いの席になぜ来たの?」

軽蔑的な視線にさらされたミエールは怯えて冷や汗をたらし、アニーも顔を青くしますがーー罪人を庇う人などいるはずなく、状況は悪化するばかりでした。

アリア視点|優しい姉のフリをするためミエールを庇う

ミエールを連れて来た理由

貴族たちから責められるミエールを、アリアは遠巻きに眺めながら思います。

(あら…元々は私の馬車で一緒に降りて視線を集める予定だったけど、私が直々に手を出すまでも無かったわね)

アリアはそんな事を考えながら、優しい姉のフリをするためミエールの元へと駆け寄ります。そして周囲から庇う様に、怯えるミエールを馬車の中へと避難させました。

・・・

「ミエール、ここで少し休んでいて。結婚式が終わったらすぐ屋敷に帰りましょうね」

アリアはそう告げると、ミエールを薄暗い馬車の中に放置して再びパーティー会場に戻ります。

1人だけ置き去りにされたミエールは、ただ呆然と姉の背を見つめることしかできませんでした。

ティアラの贈呈

会場に戻ったアリアは、屋敷の中にいるサラの元へと向かいます。

「サラ、なんて綺麗なの!」

美しい花嫁衣装に身を包んだサラは、いつもと同じ明るい笑顔でアリアを迎えてくれます。どうやら彼女はアリアを待っていたらしく、ティアラを差し出すと“お願い事”があると言いました。

「このティアラを私に乗せて、花嫁衣裳を完成させてください」

サラの言葉に、目を丸くするアリア。

というのもティアラの贈呈は、本来なら花嫁の母親がすべき事。しかしサラは、アリアとずっと仲良しの友人でいたいから…と言って、アリアにその役目を任せたのです。

白うさ
ティアラの贈呈を親友に任せるって素敵だね。
ひよこ
一種の願掛けみたいなものかな。

アリアはサラの願いを受け入れ、彼女の頭にティアラを載せます。するとサラは嬉しそうに笑いながら、アリアに抱き着きました。

誓いの指輪

教会の鐘が鳴る中、皆に祝福されながらサラの結婚式が行われます。

誓いの指輪を交換し、幸せそうに微笑むサラとヴィンセント公爵。そんな2人を客席から見ていると、アースがぽつりと質問しました。

「アリアお嬢様は…どんな色がお好きですか?」

その質問にアリアは、アースの瞳の色が好きだと答えます。というのも以前、屋敷の階段でミエールに罪をなすりつけられた時。アースが駆け付けてくれて嬉しかったのです。

「指輪の宝石がアース様の瞳に似た色なら、いつも傍にいられる気がするので…」

アリアがそう告げると、アースは微笑んで彼女の手をそっと握りました。

ミエール視点|馬車の中で1人ぼっちになった後

悪いのは誰?

ミエールは馬車の中から、パーティーの様子を見つめます。そして幸せそうに踊るサラと公爵の姿に、かつて貴族だった頃の自分を重ねていました。

するとその時、アニーが食事を持って来てくれますがーーー

アニーが去った後、ミエールはその食事を一口も食べず地面に捨ててしまいます。そして膝を抱えながら、虚ろな目で呟きました。

「アニーなんかに同情されるなんて…わざと私を虐めているくせに…自分こそも身の程知らずのくせに…」

そして男爵と楽しそうに踊るアニーに視線を移すと、暗い声で言いました。

「私の幸せを奪う悪女を…放っておいてはダメよね」

⇒『悪女は砂時計をひっくり返す』94話のネタバレはこちら

『悪女は砂時計をひっくり返す』93話のネタバレと感想

ネタバレ感想①93話は予想通りの展開に

ネタバレ感想

サラの結婚式にやって来たアリア一行。しかし罪人のミエールも一緒なので、当然ながら一波乱あります。

哀れなミエールは会場に到着して間もなく、貴族たちから大バッシングされました。

まあ当然の流れですよね。

そもそもミエールがパーティーに来たところで、白い目で見られるのは確定なんですよ。だって国家に歯向かった反逆者ですから。

そんな状況下で、パーティーを楽しむ事などできないでしょう。ミエール自身も、それは薄々勘付いていたはずです。なのにミエールは、誘惑に負けてパーティーに来てしまいます。

自制心のない子ですね。

しかもミエールの怒りはアニーへと向かいます。完全な八つ当たり。

今回の出来事をきっかけに、ミエールはいい加減に反省すれば良かったのですけどね。もう元の生活には戻れないのだと、自分は罪人で許されないのだと、客観視すべきでした。

でもミエールという人間は、ことごとく事実を受け入れません。自分が悪いと認めたくないから、他人を攻撃する。多分、この性格は一生治らないのかなと思います。

ネタバレ感想②ミエールの顔芸

93話の最後では、ミエールが虚ろな顔でアニーに恨み言を言っています。このシーンのミエール、かなり怖い顔をしているのでぜひ漫画版でご覧ください。ゾッとする顔をしています。

今までのミエールは復讐を考えるたびに憎悪に満ちた顔をしていますが、今回のミエールは瞳に光すらありません。虚ろな顔というか闇落ちしたというか。

もうこの子は、正気じゃないんだな…という感じの顔でした。絵師様が本当に良い仕事をしています。

⇒『悪女は砂時計をひっくり返す』94話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA