『悪女は砂時計をひっくり返す』18~19話ネタバレ感想!


ピッコマで連載中の『悪女は砂時計をひっくり返す』の18話~19話ネタバレ感想です。

誕生日を迎えたアリアは、サラ先生や令嬢たちとささやかなパーティーを開きます。しかしオスカーが来ないため、内心では気落ちしていたのです。

今後、アリアを取り巻く環境はどう変化するのでしょうか?ネタバレを見ていきましょう。

⇒ネタバレ一覧はこちら

18話のネタバレ

アリアの誕生日

悪女は砂時計をひっくり返す

今日はアリアの誕生日。

ささやかな誕生日パーティーを開き、サラや貴族令嬢たちと一緒に過ごしますが…

アリアはこの時、落胆していました。

その理由は、オスカーが訪問してくれなかったから。アリアは以前出した手紙に「今日、ロースチェント邸に来て欲しい」と書いていたのに、オスカーは一向に姿を見せないのです。

 

アリアが落ち込んでいる…それに気づいた貴族令嬢たちは、慰めようとプレゼントを渡します。彼女たちが用意したのは、たくさんのアクセサリー。

アリアは笑顔でお礼を言いますが…内心では退屈していました。

 

しかし、サラからの誕生プレゼントを開けた途端、その感情は吹き飛びます。

サラから贈られたのは、金色に輝く豪奢なハンカチと手袋。以前アリアがおねだりしたので、ハンカチには刺繍が入っています。

出来栄えのすばらしさに、令嬢たちは大興奮。

アリアも感動し、その瞳には涙が浮かんでいました。

この時アリアは「サラを味方にできたのは今生で一番の収穫だ」と思う程に、感謝していたのです。

白うさ
アリアって、何やかんや言いながらサラ先生が大好きだよね。
ひよこ
そうだね。利用価値があるってのが前提だけど、それとは別に好意もありそう。

 

予想外の参加者

和気あいあいと誕生日パーティーを続ける中。

「ここにいたのですね」と声が聞こえたので目をやると、そこにはミエールと侍女・エマが立っていました。

ミエールは招待されなかったことに落胆(もちろん演技)して、さらに「わざと招待しなかったのかと思いました」と悲し気に告げます。

アリアは弁解しようとするものの、エマに花束を渡されたせいで言葉を遮られてしまいました。

白うさ
oh…
ひよこ
弁解する余地を与えない(物理)

 

ミエールによって、恥をかかされたアリア。時を戻そうかと考えるものの、砂時計は部屋に置いてきてしまいました。

この場を切り抜けるには、自分で何とかするしかないのです。

そこでアリアは、遠回しにミエールは体調不良だから招待しなかったのだとアピールします。

そして花束をテーブルに置き、悲し気な表情で「ミエールを寂しくさせてしまった」と演技をすると…

令嬢たちはみんな騙されて、アリアのせいではないと慰めてくれました。

こうしてアリアは、この場を収めることに成功したのです。

誕生会の後

誕生日会が終わり、参加者たちが帰った後。

ロースチェント邸にオスカーが訪れます。それを聞いたアリアは、急いで準備をしますが…

動きが早かったのは、ミエールの方でした。

19話のネタバレ

ミエールとオスカーの会話

ミエールは客間に行き、オスカーの来訪を歓迎します。

彼女は微笑みながら、今日はどのような用件で訪問したのかと尋ねますが…

当のオスカーは、困ったような表情をします。婚約者のミエールではなくアリアに会いに来たので、ばつが悪いと思ったようです。

白うさ
婚約者じゃなくて姉に会いに来るって、普通にアウトだよね。
ひよこ
これはミエールが怒るぞ…

 

オスカーの心境を察したミエールは、内心で毒づきます。そしてアリアの印象を悪くしようと考えました。

寂しげな表情をしながら、オスカーの前で「アリアの誕生日に招待してもらえなかった」と嘆いてみせたのです。

そして更に、ミエールは「私の誕生日にも来て欲しい」と、さりげなくオスカーに約束を取り付けました。

アリアとオスカーの会話

アリアが服を整え、ようやく客間に来たとき。ミエールとオスカーは楽しそうに会話をしていました。その様子を見たアリアは、呆然と立ちすくみます。

そしてミエールが退室した後。

オスカーと2人きりになったアリアは、内心で出遅れたことに苛立ちました。

しかし、オスカーの前では醜い感情を一切出しません。アリアは席に腰掛けると、美しく微笑みながら挨拶をします。

そして髪に付けたバラのピン(オスカーからの贈り物)を見せながら、似合っていますかと問いかけます。

するとオスカーは頬を赤らめ、よく似合っていると答えました。

オスカーは、貰ったブローチを返そうとするが…

オスカーは今回、アリアから貰ったブローチを返そうと考えていました。身に着けてはいないものの、返却するために持参していたのです。

しかしアリア自身も、彼がそう考えていることに気づきます。そこで先手を打ち、満面の笑みで「そのブローチを、私が付けて差し上げます」と提案しました。

オスカーは動揺するも断れず、結局、アリアにブローチを付けてもらうことに。

その時、彼の頬はまた赤く染まっていました。

白うさ
オスカーって、もしかして優柔不断?
ひよこ
相手を傷つけたくないから、余程のことが無い限り断れないんだろうね。

 

アリアは「文通相手になってほしい」とお願いする

その後アリアは、オスカーに「文通相手になってほしい」とお願いしました。オスカーは立場上、このお願いを断らなければなりませんが…

アリアが悲しそうな表情をするので、何も言えなくなってしまいます。なにせ彼は、かわいそうな子に弱いのですから。

そして結局。

オスカーは要求を受け入れ、アリアに手紙を出すようにすると約束しました。

ジェシーとの関係

翌日。アリアは大あくびをしながら目を覚ましました。

オスカーとの会話中に1度失敗したため、こっそり砂時計を使用していたのです。

白うさ
アリア、何かミスしたのかな?
ひよこ
オスカーにお願いした時、1回目は断られたみたい。

 

そんなアリアを、ジェシーはいつものように心配します。アリアが大丈夫だと言っても、しつこく心配するのです。

彼女のそういう性格を、以前のアリアは鬱陶しいと思っていましたが…

今のアリアは違います。

ジェシーの気遣いがわかるので、彼女に褒美をあげたいと考えます。

そこでアリアはベッドから立ち上がり、ジェシーの傍まで近づいて言いました。

私はあなたが思うよりも、ずっとあなたの事が好きよ、と。

⇒20話のネタバレはこちら

『悪女は砂時計をひっくり返す』18~19話の感想

ミエールについて

ネタバレ感想

ミエールの動きが大胆になってきましたね。性格の悪さがどんどん露出しています…!

彼女のすごいところは、相手の評判を落とすのが上手いところ。アリアと同じで、淑女のフリをしながら相手を貶めるんですよ。

13歳にしてこの性格の悪さは、ある意味で称賛に値しますね。

19話では、ミエールの内心がわかる

さらに19話の前半は、ミエール視点でストーリーが進行します。このシーンで彼女は、アリアのことを「あんな女」と罵っていましたね。

彼女の内面がよくわかるシーンですが…

これ、あくまで日本語版のセリフなんですよ。原作(韓国語)では、もっとひどい表現で罵っていました。

原作のミエールは、アリアのことを「卑しい女」呼ばわりしていて、内心ではボロクソに卑下していました。

オスカーの持ってきた花束についても「あんな女にあげたところでゴミになるだけなのに」的なセリフを言っています。

ヒドイですね!

日本語版はオブラートを2重3重に包んで翻訳されていますが、原作のミエールはもっと汚い表現を使っているのです。

白うさ
あくまで管理人の意訳だけど、大まかな意味は合ってるはず。

 

アリアを嫌っているのは明らかでしたが、これほどの暴言を吐くほどに嫌悪しているんですね。

同じ貴族なのに、サラ先生やオスカーとはえらい差があるなと思いました。

⇒20話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA