『悪女は砂時計をひっくり返す』42~43話のネタバレ感想


ピッコマで連載中の『悪女は砂時計をひっくり返す』の42話~43話ネタバレ感想です。

前回、アニーが闇落ちして衝撃的なラストを迎えましたね。男爵も味方につけ、アリアはますます人脈を広げていきますが…

今後はどうなるのでしょうか?感想と一緒に、ストーリーを見ていきましょう。

⇒ネタバレ一覧はこちら

42話のネタバレ

またもやピノが来訪

悪女は砂時計をひっくり返す
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたものです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

ロースチェント家には、またもやピノが訪問していました。彼はいつものように大量のプレゼントを持参し、ミエールにプレゼントします。

(ピノは何の用事でここに来たの?)

アリアが訝しんでいると、ピノのはアリアにも大きな箱をプレゼントします。そして、彼のすぐ傍にいた黒フードの男が、アリアの部屋までプレゼントを運んでくれたのですが…

黒フードの男は、アースでした。

お久しぶりですと言って微笑むアースに、アリアは何の用事かと問いかけます。

白うさ
突然アースが出てきたのに、アリアは意外と驚いてないね。
ひよこ
アースが神出鬼没すぎて、慣れたみたい。

 

アースはどうやらアリアに会いに来ただけのようです。

最近は集会を開けずにいたため、アースはアリアと会えない日々が続いていました。だから彼は、わざわざロースチェント家までやって来たのだとと言います。

ミエールに大量のプレゼントを持ってきたのも、全てアリアに会うための口実を作るためだったのです。

そのことをアリアに伝えれば、アリアは少し赤面しました。

 

アリアとアースが会話をしていると、扉の向こう側からピノが小声で呼びます。どうやら急用ができたようです。

できるだけ早く用事を解決して、また連絡します。そう言って、アースは部屋から出ていきました。

アースからの贈り物

アースから貰った箱を開けると、中には豪華なアクセサリーと服が入っていました。見るからに高価なプレゼントを見て、ジェシーも喜びます。

しかし受け取ったアリアは、プレゼントを見ても無表情のまま。このようなアクセサリーを貰っても、目立つから困るのです。

アリアは淑女らしく振る舞っているので、華美なアクセサリーは避けたいのですが…

その時、ふと思いました。

もしかしてアースは、このプレゼントで名誉挽回がしたいのではないかと。

白うさ
名誉挽回?
ひよこ
今までアリアとミエールを間違えてたから、そのお詫びだろうね。

 

そう考えれば、アースの行動は可愛らしく思えてきます。アリアは贈られたプレゼントを手に、穏やかな笑みを浮かべました。

アニーと男爵の関係

最近、アニーと男爵(41話登場)は良い関係になってきた様です。

アニーは男爵に会って以来、ずっと”誠意のある姿”をアピールし続けました。そうするように、アリアに助言されていたからです。

その結果、男爵はアニーを受け入れはじめました。

白うさ
アニーは41話で闇落ちしてから、ずっと頑張ってたんだね。
ひよこ
動機はアレだけど、アニーが幸せそうで良かったよ。

サラからの手紙

アリアの元に、サラ(現在は侯爵夫人)からの手紙が届きます。

手紙に目を通すと、そこには「アリアに会いたい」「ぜひ侯爵家に招待したい」とメッセージが書かれていました。

いよいよ侯爵とご対面

そして約束の日。

アリアは少し緊張しながら、馬車で侯爵家へと向かいました。サラが侯爵夫人になるまで長年待ち続け、その結果をようやく活かせる時がきたのです。

白うさ
そういえば、アリアはサラを利用してたんだっけ。
ひよこ
そうだよ。サラが侯爵夫人になるから、今までずっと仲良くしてきたんだ。

 

侯爵家に到着して馬車から降りると、アリアは目の前の光景に驚きました。

なんと馬車の前には、侯爵本人がいたのです。さらに彼の後ろには、メイドたちがズラリと並んでいます。

まさか侯爵が先に待ってくれているとは思わず、流石のアリアも驚きを隠せません。

そして駆け寄ってきたサラは、満面の笑みで「会いたかった」と言ってアリアを抱きしめます。

姉妹のように仲睦まじい様子のサラ&アリアを見て、侯爵もほっこりとした笑顔を見せます。

白うさ
めちゃくちゃ歓迎されてる!
ひよこ
侯爵が直々にお出迎えするって、相当なビップ扱いだよ。

 

アリアは客室に通され、手厚い歓迎を受けます。テーブルには、アリアのために豪華な食事が並べられました。

侯爵はアリアのことを「サラに会わせてくれた恩人だ」と考えているため、盛大なおもてなしで歓迎してくれたのです。

実際は、アリアの介入がなくてもサラと侯爵は結婚する運命でしたが…

それを知るのは、未来から来たアリアだけ。何も知らないサラは、笑顔を浮かべながらアリアに感謝の言葉を伝えます。

侯爵に会えて、私はとても幸せです。アリアがいなければ、きっとこのような縁は無かったでしょう。

サラの言葉を聞いたアリアは、心の中で「私が死なないために利用しただけだ」と呟きます。

アリアはあくまで、利用価値があるからサラに近づいただけ。本当に、それだけなのですが…

アリアは「2人には必ず幸せになってほしい」と言って、心の底から嬉しそうに微笑みました。

今のアリアは、まるで心からサラの幸福を望んでいるようで。その感情に、アリア本人も「変ね」と思ったのです。

43話のネタバレ

アリアの質素な誕生日

もうすぐアリアの誕生日。

本来なら盛大にお祝いするところですが、アリアは前回のパーティーよりさらに質素にするよう、ジェシーに伝えます。

数日後にはミエールの誕生日があり、そこにはイシスも出席します。だからアリアは、下手に目立ちたくないと考えたのです。

匿名でチューリップの花束が届く

アリアの誕生日祝いとして、匿名でチューリップの花束とプレゼントが届きます。

花瓶に生けられたチューリップの花束。それを見たアリアは、1人で「匿名で送った意味が無いでしょう」と呟きました。

しかし台詞とは裏腹に、その顔はどこか嬉しそうです。

白うさ
アースが贈り主だってバレバレだね!
ひよこ
匿名にした意味が無い。

一方、ミエールの誕生日は盛大に祝われる

アリアの質素な誕生日が過ぎると、数日後にはミエールの誕生日パーティーが開かれました。パーティーは盛大に行われ、会場には多くの貴族たちが訪れています。

アリアも招待されたので、その日はアニーを連れて参加しました。

ひよこ
招待状をもらった以上、文句を言われないよう出席するしかないよね。

 

主役のミエールが入場すると、貴族たちは歓声をあげます。

水色のドレスに身を包んだミエール。その隣に立っているのは、正装したオスカー。

2人が会場の中央まで来ると、傍にいたイシスが「皆さんに大切なお知らせがあります」と声を上げました。

イシスの”お知らせ”とは、ミエールとオスカーの婚約発表。

ミエールが成人したらオスカーとの婚約式を挙げるので、ぜひ参加してほしい。彼女がそう告げれば、会場はさらなる歓声に包まれました。

 

ミエールの手を取り、その薬指にリングをはめるオスカー。彼の眼は、どこか諦めているように見えます。

そして一連の流れを見ていたアリアは、酷くショックを受けてその場を走り去りました。

白うさ
オスカーは抵抗する気ゼロだね。
ひよこ
うん。家の事情とかもあるし、もうイシスの言われるがままだよ。

植物園へと走る

走ったあげく、アリアが辿り着いたのは植物園。オスカーに水をかけてしまった場所です。アニーも追いかけて来ましたが、1人にしてほしいと言って人払いをしました。

夕日が差し込む植物園で、1人噴水の淵に座るアリア。

オスカーに恋愛感情を持ったことは無いけれど、彼こそがミエールに最も痛手を負わせられる存在でした。だからこそ、その存在が失われたことに喪失感を抱きます。

落ち込むアリアが見たものは…

アリアが自室に戻ると、床に小さな箱が置かれていました。

その箱に入っていたのは赤い宝石がついたブローチ。以前アリアが、オスカーに贈ったブローチによく似ていました。

ひよこ
つまりこのブローチは、オスカーからの贈り物だね。

 

苛立ったアリアは、ブローチを投げ捨てようとしますが…

その時アリアの目に、アースから贈られたチューリップの花束が映ります。そして平静さを取り戻したアリアは、ブローチをテーブルに置きました。

今すぐ解決するのは無理だけど、ミエールが力をつけるまではまだ時間がある。だからその時まで頑張ろう。何もしなければ、どうせ死んでしまうのだから…以前のように、人生を諦めはしない。

アリアは、自分にそう言い聞かせました。

⇒44話のネタバレはこちら

『悪女は砂時計をひっくり返す』42~43話の感想

43話の感想①

ネタバレ感想

本編の解説では省略したのですが、43話の冒頭にはアリアが寂しがる(?)シーンがあります。

このシーンでアリアは「誕生日パーティーを開いても、サラは忙しくてすぐに帰ってしまうだろう…」と、サラと過ごした去年までの誕生日を思い出していました。

アリアは散々「サラを利用する」と言っておいて、実のところサラがいないと寂しいワケですね。42話のラストもそうでしたが、友人としてサラを好きになってしまったのでしょう。

ひよこ
でもサラは優しいし、仕方がないね。好きになっちゃうよ。

 

しかもアリアは、このシーンで「余計なことを考えちゃいけない。生き残るためにも、感情に流されちゃダメだ」的なことを自分に言い聞かせるのですが…

自分に言い聞かせている時点で、すでに感情移入している証拠だと思うんですよ。

アリアは自分が思う以上に、サラのことが大好きになっているんだろうなと。管理人はそんな風に思いました。

43話の感想②

ついにオスカーは、ミエールと婚約することになりました。まだ確定ではないものの、オスカーは無抵抗なのでこのまま結婚しそうですね。

ミエールはとても幸せそうですが、一方でアリアは「努力したのに結局ダメだった」と絶望。そして当事者のオスカーは、感情の見えない表情をしています。

オスカーの心理描写が少ないので、彼がどんな気持ちなのか不明ですが…

何というか、もう諦めモードな感じですね。感情が死んでいるというか「貴族の家に生まれたから仕方がない」みたいな心境に見えました。

あんなに怖い姉がいたら、従わざるを得ないのかもしれませんが…

なかなか不運ですね。

白うさ
貴族って大変!

 

というか個人的に思ったのですが…

ミエールと結婚するなら、アリアに贈り物なんてしちゃダメですよ。それは卑怯だよオスカー。そりゃアリアも怒るわ。

結果的にアリアを切り捨てたのだから、中途半端に優しくするのはアカン。

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA