『悪女は砂時計をひっくり返す』40~41話のネタバレ感想!アリアの投資と人脈形成


ピッコマで連載中の『悪女は砂時計をひっくり返す』の40話~41話ネタバレ感想です。

カジノで軍資金をゲットしたアリアは、さらに砂糖の売買により大金を手にします。この時点で彼女は、かなりの資産を築いているのですが…

アリアの計画はまだまだ終わりません。次の投資先を見つけるため、なおも動き続けます。

⇒ネタバレ一覧はこちら

40話のネタバレ

アリアは次の投資先を考える

悪女は砂時計をひっくり返す

アリアは自室のソファに座りながら、アニーと2人でお茶をします。

給仕は侍女のベリー(35話登場)に任せきりで、アリアは小姑のようにベリーを虐めました。前世での恨みがあるため、口調も厳しいものになります。

そしてこの時、アリアはクッキーに味がしなかったことに文句を言います。ベリーは「砂糖が高額すぎて…」と弁解するものの、アリアは彼女を責めました。

私に味のしないものを食べろと言うの?砂糖の代替品を使おうとは考えなかったの?

そう告げれば、ベリーは無言で下を向きました。

ひよこ
ちなみにアニーは、怒られる同僚を見て笑ってたよ。
白うさ
酷いね!?

前世で砂糖不足になったとき、アリアは食べ物がマズイと大騒ぎしました。

その時は砂糖の代わりに”香油”を使用したので、アリアは”香油”に投資すればまた一儲けできるだろうと考えます。

そこで彼女が目を付けたのは”ボブーン男爵”が所有する香油。

アリアはさっそく便箋を用意し、ボブーン男爵に「資金援助をするから収益の30%が欲しい」と匿名で手紙を書きました。

自らの名は明かさず、投資者Aとして接触したのです。

白うさ
投資者A?
ひよこ
「A=アリア」だろうね。

手紙を受け取ったボブーン男爵は…

手紙を読んだボブーン男爵は、その内容に関心しました。

彼にとって投資者Aの誘いはありがたく、供給量を増やすチャンスです。

また彼は、こんなに大胆な投資をするなんて投資者Aとは何者だろう…と興味を持ちます。

そして数週間後。

アリアの元に、ボブーン男爵からの手紙とプレゼントが届きます。その手紙には、次のように書かれていました。

”投資者A様のおかげで多額の利益を出せました。感謝をこめてプレゼントを送ります”

プレゼントの箱を開けると、中にはクラバット(男性用のスカーフ)が入っていました。

ボブーン男爵はアリアのことを、男性だと勘違いしていたのです。

ひよこ
時代背景を考えれば、投資をするのは男性と考えるのが普通だろうね。

クラバットを身に着け、ボブーン男爵に会いに行く

後日。

アリアはボブーン男爵に会うため、彼の運営する店舗へと赴きます。

ただし平時のようなドレス姿ではありません。男性のようなパンツスーツを身にまとい、首元には男爵から貰ったクラバットを巻いています。

・・・

いざボブーン男爵に面会すると、彼はアリアの美しさにデレデレと頬を緩めます。しかしロースチェント家の令嬢だと知った途端、彼は真っ青になり自分の頭を殴り始めました。

大人びているとはいえ、アリアはまだ15歳。子供に反応してしまった自分を恥じたのです。

白うさ
男爵は悪い子!男爵は悪い子!
ひよこ
彼は常識人っぽいね。

男爵に対して、アリアは淡々と「次の事業は考えているのですか?」と質問します。

すると彼は、庶民向けに安い香油を販売する予定だと答えました。

本来なら、今後の事業予定をばらすのは悪手ですが…

ボブーン男爵はアリアと会話をして、投資者Aと雰囲気が似ていると感じたのです。そのため、事業内容をつい話してしまったのだと言います。

白うさ
男爵がまさかの神回答。
ひよこ
文面だけのやり取りとはいえ、相手の人柄って伝わるものだよね。

アリアは立ち上がり、身に着けていたクラバットを男爵の首に巻きます。彼は突然のことに驚き、顔を真っ赤にしました。

が、しかし。

そのクラバットを見て、ボブーン男爵はようやくアリアの正体に気づきます。

するとアリアは満面の笑みで「そちらはお返しいたします」と告げました。

41話のネタバレ

”投資者A”の正体を知った男爵は…

投資者Aの正体は、ロースチェント家の令嬢・アリア。

その事実に気づいたボブーン男爵はすぐさま謝罪をしますが、アリアは微笑みながら「今日は挨拶をしにきただけです」と言って帰ろうとします。

しかもアリアは、侍女のアニーに命じて香油(男爵の店の販売品)を購入させていたため、彼はさらに焦ります。

ひよこ
恩人の性別を間違えて、商品まで購入させるって面目丸つぶれだよね。
白うさ
これは恥ずかしい。

ボブーン男爵はアリアを引き留め、見るからに高級そうな香油をプレゼントします。

そして更に、薬品で処理された長持ちするバラの花束も贈りました。センスのいいプレゼントに、アリアも思わず笑みを浮かべます。

隣にいたアニーが花束に目を奪われていると、男爵はアニーにも白バラの花束を渡します。

アニーは目を丸くして慌てるも、花束を贈られてよほど嬉しかった様子。さらに男爵が「あなたの瞳は美しいですね」と褒めるものですから、彼女は顔を真っ赤にしました。

白うさ
恋の予感がする!
ひよこ
金持ちの男にこんなセリフを言われたら、そりゃ惚れるわ。

男爵に好意をよせるアニー

馬車で帰るころには、すでに日が暮れていました。馬車の中でアニーは、うっとりしながら男爵のことを素敵な人だと語ります。

それを聞いたアリアは「アニーと男爵を結婚させれば自分の得になる」と考えました。

そうすれば男爵と繋がりができて、アニーの望みも叶い、さらに他の侍女たちへの見本にもなりますから。

アニーは再び、男爵の店を訪れる

後日。アリアはアニーに命じて、再び男爵の店に香油を買いに行かせます。

アニーは男爵に気に入られるため、念入りに化粧をしてオシャレな恰好で向かいますが…

男爵は歓迎してくれたものの、彼が話すのはアリアのことばかり。そのためアニーは、がっかりした様子で帰還します。

落ち込むアニーを、アリアは慰める(?)

落ち込むアニーを見て、どうしたのかと尋ねるアリア。その質問にアニーは、私の身分では男爵に恋すらできない…と悲し気に答えました。

アリアは大体の事情を察すると、彼女の肩をつかんで「勘違いしないで」と語りかけます。

あなたは彼自身ではなく、彼の資産と地位に惹かれたのでしょう?

その問いかけに、手をギュッと握りしめるアニー。するとアリアは彼女に顔を近づけ、なおも優しい口調で話し続けました。

愛というのは結局、利害関係のうえに成り立つもの。それを理解した人間だけが、幸せになれるの。

つまりアリアは、”心を閉ざし手段を選らばない人間こそが幸福をつかめる”という残酷な現実をアニーに伝えたのです。

するとアニーは暗い目で微笑みながら「お嬢様の言葉が正しいです」と返事をしました。

⇒42話のネタバレはこちら

『悪女は砂時計をひっくり返す』40~41話の感想

ネタバレ感想

アリアが次に目を付けたのは、砂糖の代用品。

前世での経験を活かして男爵に投資をし、またもや資産を増やすことに成功しました。

しかもこの男爵、勘とセンスが良い。アリアの正体に気づくのは少々遅かったものの、その後はセンスのいいプレゼントをして汚名返上しています。

投資先としても男性としても、かなりの優良物件ですね。

だからこそアリアは彼に目を付け、さらにアニーと結婚させようと企んでいるワケですが…

今のところ、男爵の興味はアリアに向いている様子。当然といえば当然ですが、アリアの印象が強すぎてアニーの存在感が薄れているワケですよ。

アニーもかなりの美人ですが、アリアと比べれば一般人。そのため、アニー本人は落ち込んでしまいます。

しかし、アリアは諦めません。

アニーに恐ろしいセリフを呟き、41話のラストでは闇落ちさせてしまいます。

闇落ちというか、ほぼ洗脳ですね。

恋する女の子に「結婚なんて結局のところ打算でしかない」と言って現実を突きつけるあたり、かなり残酷。アリアの悪女っぷりが発揮されたシーンでした。

しかもアニーは最初こそ戸惑っていたものの、最終的にはアリアの考えに汚染されてしまいます

結局のところ彼女もずる賢い子なんですよ。多分、ジェシーだったら泣いていたでしょうね。あの子は善人ですから。

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA