『悪女は砂時計をひっくり返す』22~23話のネタバレ感想


ピッコマで連載中の『悪女は砂時計をひっくり返す』の22話~23話ネタバレ感想です。

またもや過去が変化し、戸惑うアリア。見知らぬ男が登場しましたが、彼は何者なのでしょうか?そして今後、アリアの人生にどう関わるのでしょうか?

感想と一緒に、ネタバレを見ていきましょう。

⇒ネタバレ一覧はこちら

22話のネタバレ

謎の男、ピノ・レイン

悪女は砂時計をひっくり返す
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたものです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

ピノ・レインはいくつもの高級アクセサリーを用意しており、全てミエールにプレゼントしました。

あれだけの財力がある貴族なら、アリアは知らないはずがないのですが…いくら見ても、彼の正体がわかりません。

その事を、アリアは訝しがります。

父親の態度が、以前とは違う?

アリアは挨拶をするため、父親の元へと向かいます。

すると父の隣にいたピノ・レインは頬を赤くし、ボーっとした表情で「本当に美しいお嬢さんだ」とアリアの外見を称賛しました。

こんな反応をされたのは久しぶりなので、アリアは内心調子に乗りますが…

彼はすぐに背を向けてしまい、ミエールの方を向くと追加のプレゼントを差し出しました。

(私の美しさを目にして、たったそれだけなの!?)

怒ったアリアは、ため息をついて自室に戻ろうとします。

するとその時、父親に呼び止められて宝石箱を渡されました。

父親からのプレゼントなど、今まで貰ったことはありません。それはミエールの特権であり、アリアには縁のないものでした。

つまり、物事はいい方向へと進んでいるのです。そのことを実感し、アリアは元気を取り戻しました。

白うさ
おお!父親からの好感度がアップしてる!
ひよこ
アリアは4話で、あれだけ頑張ったからね…

ミエールの誕生日パーティー

ロースチェント邸の広間では、ミエールの誕生日パーティーが開催されています。たくさんの客人が招待され、会場内はとても賑わっていました。

ミエールに大恥をかかせるなら、この機会を逃す手はありません。アリアは花束を持って、ミエールの元を訪れます。

貴族たちはアリアを見るなり陰口を言い、冷ややかな視線を浴びせました。アリアの悪評は、いまだに根強く残っているようです。

かくいうミエールも、アリアを見て怪訝そうな顔をしていました。そして、しぶしぶ花束を受け取ると…

ミエールは、アリアが自分と同じドレスを着ていることに気づきます。

ミエールが着ているのは、オスカーからプレゼントされたドレス。つまり彼は、婚約者とその姉に同じドレスを贈っていたのです。

その事実にショックを受けたミエールは、悔しさと悲しさが混ざったような顔で、小さな体を震わせました。

白うさ
これはオスカーが悪い。
ひよこ
婚約者とほかの女性を、同列に扱っちゃダメだよ…

貴族たちの評価も、次第に変化する

その後、会場内でケーキを食べるアリア。

貴族たちは「どうせ食事マナーなど知らないだろう」とアリアをちらちら見ますが…

アリアの食事マナーは完璧で、食べる姿さえ美しいものでした。

それを見た貴族たちは、アリアへの評価を改めます。

ミエールの誕生日に、オスカーが参加する

そろそろ、ミエールに大恥をかかせてやろう。

そう思ってアリアが立ち上がった時、ミエールは満面の笑みを見せました。視線の先にいたのは、実兄のカイン。そして隣には、オスカーもいたのです。

今までオスカーは、ミエールの誕生会に来たことなど無かったのに…とショックを受けるアリア。

私は何かを間違ったのだろうか。ミエールが有利になる事をしてしまったのか。

アリアはぐるぐると考え込みました。

 

そんなアリアを、熱のこもった眼で見つめる男がいます。なんと義兄・カインが、アリアの美しさに見惚れていたのです。

アリアは「今はあんあたに構ってられないのよ」と思いながらも、とりあえず微笑んでやります。

するとアリアの笑顔に、カインどころかオスカーまでもが釘付けに。

オスカーに至っては、顔を赤くして目を丸くしています。

その表情を見て、アリアは納得がいきました。

オスカーは罪悪感があるから、ミエールの誕生日に参加したのでしょう。

婚約者の姉(=アリア)に好意を持ってしまったから、申し訳なくて参加したのだと、アリアはそう解釈します。

オスカーの気持ち

オスカーは戸惑っていました。

いつも脳裏にはアリアの姿が浮かび、実際に会えば視線をそらすことさえできません。

今もオスカーの顔は赤くなり、その目はアリアを追っています。

ひよこ
効果音をつけるなら「きゅん…」って感じだね。
白うさ
恋する乙女だよ。

 

アリアが話しかけると、オスカーは焦りながらも返事をします。一方、カインはそっぽを向きましたが…その頬は、ほんのりと赤いまま。

そしてこの時、アリアはオスカーの気をひくために演技をします。

(3人で楽しく会話しているのに)私が口を挟むべきではなかった…

そう言って、涙ながらにその場を去ったのです。

オスカーは追いかけなかったものの、その目は完全にアリアに釘付け。

そしてミエールは、暗い顔をしながら涙を浮かべるのでした。

23話のネタバレ

オスカーの選択

アリアが別室でお茶を飲んでいると、そこにオスカーが現れます。結局、彼はミエールを置いてアリアを追いかけて来たのです。

ぽーっとしながら、アリアの前の席に座るオスカー。

アリアは笑顔で対応するものの、内心では「今更来るなんて!もう来ないかと思ったわよ!」と憤っていました。

 

その一方で、オスカーも困り果てていました。

彼自身、気を使うべき相手はミエールだとわかっているのに…またこうして、アリアの元へと来てしまったのですから。

アリアとオスカーは、2人でお茶を飲む

アリアとオスカーは、お茶を飲みながら会話をします。

アリアが「パーティーは楽しめましたか?」と聞けば、彼はパーティーが好きではないことを打ち明けます。

それはアリアも同じだったので、相槌を入れながら2人は何気ない会話を続けました。

そしてアリアが「会場で話していたときより、あなたは今こうして話している時の方が気楽そうに見える」と言うと、オスカーは戸惑いました。

オスカーにとって、アリアはただの文通相手。なのに何故か、彼女の前では堂々とできるのです。

それこそ、ミエールよりもアリアの方が話しやすいと感じるほどに。

白うさ
アリアとの相性がいいのか、それともアリアのコミュ力が高いのか…
ひよこ
案外、両方かもね。

家族みんなで夕食

夕食時には、オスカーも残って一緒に食事をしました。

食卓にはロースチェント家の面々だけでなく、ピノ・レインも同席しています。彼はミエールのことを誉めそやし、和気あいあいと会話をしていますが…

そんな彼を、アリアは「いったい何者?」と思いながら観察します。どうやら”とある一族”の使者らしいですが、詳細はわからないままです。

 

食事が終わるとミエールは、その場の全員に「忙しい中、私のために集まってくれて嬉しい」と謝辞を述べます。

そしてオスカーにも、こんなに素敵なネックレスを貰えて幸せだと告げますが…

当のオスカーは、アリアに目を奪われていたため生返事をします。

その様子に何かを感じ取ったのか、ミエールは警戒心のこもった目でアリアを見ました。

ミエールは、父親にハンカチを贈る

ミエールは父親に、百合が刺繍されたハンカチをプレゼントします。もちろん、ミエール自ら刺繍したものです。

娘からのプレゼントに、父親は大喜び。「世界で一番立派なユリだ!」と称賛し、カイルも刺繍の素晴らしを誉めそやします。

アリアも以前ハンカチを渡したものの、その時とは全く違う反応でした。

白うさ
アリアが可哀想!
ひよこ
ミエールは実の娘で、アリアは後妻の連れ子だからね…残念だけど、その差は大きいよ。

 

確かにミエールの刺繍は美しく、アリアが予想しているよりも随分早く上達しています。

なのでアリアも「すごい腕前ね」と褒めてやれば、ミエールは大げさに喜ぶ演技をしました。

またこの時、ミエールは「皆さんの分もあるんです」と言って、皆にハンカチを渡すよう侍女に指示しますが…

アリアの分だけ、ハンカチがありません。もちろんこれは、ミエールの嫌がらせです。

ピノが気を使って「それでは私のものを…」と言いますが、アリアは微笑んで「どうしてお客様のものを受け取れましょうか?」と返します。

ミエールの嫌がらせを逆手に取り、逆に寛大さを見せつけました。

⇒24話のネタバレはこちら

『悪女は砂時計をひっくり返す』22~23話の感想

オスカーの心が、傾いている件について

ネタバレ

今回、ミエールは相当なダメージを受けていましたね。

婚約者であるオスカーは、ミエールだけでなくアリアにも同じドレスを贈り、さらにパーティー中はアリアのことばかり見るワケですから。

個人的には、そりゃミエールも泣くわ!と思いました。

政略結婚とはいえ、思い人がこんな態度では傷つくのも当然でしょう。

そしてミエールは、かなり追い詰められている印象。なので、アリアへの憎しみも強まっていそうですね。もしかすると、転生前よりもエグイ方法でアリアを攻撃するかもしれません。

⇒24話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA