【外科医エリーゼ】131~132話ネタバレ感想㊽エリーゼは〇〇と遭遇


ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。131話・132話について紹介しています。

前回、エリーゼは”皇室十字架”というチートアイテムを賜りました。彼女はこれを使い、悲劇を止めようと計画しているようですが…

エリーゼの計画は上手くいくのでしょうか?感想を交えつつ、ストーリーをまとめました。

外科医エリーゼ

【外科医エリーゼ】ネタバレまとめ!ピッコマ連載中の最新話まで紹介

外科医エリーゼ131話ネタバレ

ソファの下に潜んでいたものは…

以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながら翻訳したものです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

ソファの下に潜んでいたのは子犬でした。子犬はとても人懐っこく、飛びついて顔をなめてきます。

エリーゼは最初こそ驚いたものの、子犬の可愛らしい仕草を見て笑顔をこぼします。

白うさ
子犬はいいぞ。
ひよこ
この子は、前にミハイルが拾った子犬だね。

 

子犬はエリーゼの診療カバンに気づくと、それを不思議そうに見つめます。

エリーゼはバッグの中から聴診器を取り出すと、子犬に見せてあげました。

聴診器にじゃれつき、喜ぶ子犬。エリーゼも微笑み、子犬の頭をなでますが…

子犬は聴診器を咥えて、そのまま走り去ってしまいます。

聴診器を取り戻すため、エリーゼは慌てて追いかけました。

子犬を追いかける途中、とある会話を聞いてしまう

犬を探して、屋敷内を彷徨うエリーゼ。

しかしその途中で、図らずも貴族派たちの密会を立ち聞きしてしまいます。

貴族派たちはリンデンの討伐計画を立てており、郊外にて襲撃すると話していたのです。

白うさ
なんてタイミングが悪いの!!
ひよこ
これはマズイ。

 

密会を聞いてしまったエリーゼは、顔を真っ青にします。そして口を押え、すぐさま立ち去ろうとしますが…

運悪く、近くにいた子犬が吠えてしまいます。

そのため、貴族派たちが一斉に部屋から出てきました。

エリーゼは貴族派に見つかってしまう

メルキト伯爵はエリーゼを見るなり「どこから聞いていたのか」と尋ねます。その表情はどこか苦し気で、眉間にはしわが寄っています。

エリーゼは何のことでしょうかと惚けて、笑顔でその場を立ち去ろうとしますが…

そのまま返してくれるはずもなく、貴族派の1人がエリーゼに銃を突きつけました。

白うさ
また主人公拘束ルートか…
ひよこ
エリーゼが捕まるのは、これで2回目だね(1回目はこちら

 

エリーゼを捕らえた後、貴族の1人は「今すぐに皇太子を討伐すべきだ」と主張しました。

こうなった以上、エリーゼを解放することはできません。かといって彼女を殺せば市民が暴動を起こすでしょうし、拘束したままだと貴族派が疑われるのは明らか。

つまり、動くなら今しかないのです。

ミハイルが帰還

その後。

ミハイルが屋敷に戻り、会議室へと入室します。

彼はすでに一連の事情を知ったらしく、険しい顔で「リゼはどこだ?」と尋ねました。

外科医エリーゼ132話ネタバレ

拘束されたエリーゼを見て、ミハイルは…

森の中にある別邸。

エリーゼはその一室で、両手を縛られた状態でベッドに横たわっていました。外傷はないものの眠っており、部屋には睡眠薬の匂いも漂っています。

これを見たミハイルは大激怒。

これ以上ないほどに顔を歪め、すぐさまエリーゼの拘束を解いて薬も片付けろ!と怒鳴りました。

ひよこ
このシーンのミハイル、めっちゃ不機嫌。
白うさ
貴重なシーンだね。

 

ミハイルの本心

エリーゼに話を聞かれた以上、今すぐリンデン討伐計画を実行しなければなりません。ミハイルは準備を進めるようメルキト伯爵に命じて、1人だけ部屋に残りました。

眠ったままのエリーゼに、ミハイルは話しかけます。こうして会うのも最後になるだろうと。

そしてエリーゼの前に跪き、髪の一房を手に取ると「君を愛しているよ」と言って、その髪にキスをしました。

 

泣きそうな顔で笑いながら、なおもエリーゼに話しかけるミハイル。

兄弟同士で争うストーリーは本で何度も読んだのにどうすればいいのかわからない…と本心を打ち明けます。

皇位争いでは非情になるべきなのに、ミハイルは最後まで非情になれなかったのです。

そうして彼は一方的に話しかけた後、部屋を後にしました。

白うさ
誰かミハイルを助けてあげて…
ひよこ
しんどいね。

別れの挨拶をすませたミハイルは、別邸を後にするが…

ミハイルが別邸から出ると、後ろから声がしました。目を覚ましたエリーゼが、彼を追ってきたのです。

そのまま距離を詰めるエリーゼに、ミハイルは「近づくな!」と叫びます。

君の愛する人を殺しに行かなければならないから、どうか近づかないでほしい。そう訴えたのですが…

エリーゼは傍までやって来て、彼の頬をなでます。そして「泣かないで」と優しく語りかけました。

白うさ
ミハイル、とうとう泣いちゃったね。
ひよこ
このシーンはぜひ漫画版で見てほしい。

 

ミハイルは顔をぬぐいながら、風が強いせいだと言い訳をします。

するとエリーゼは困ったように笑いながら、背伸びをして彼を抱きしめました。

風が強いから、少しの間こうしましょう。

エリーゼはそう言いながら、子供をあやすように彼の背をなでました。

⇒133話のネタバレはこちら

131~132話の感想

131話の感想

ネタバレ感想

貴族派は保身のために、リンデンを討伐しようと計画しています。内通者から情報を得て、リンデンが郊外に出たら強襲すると算段ですが…

運悪く、エリーゼがこの計画を知ってしまいました。

しかも原因は、ミハイルが世話をしていた子犬。子犬に悪気はないものの、最悪のタイミングで吠えちゃいましたね…

白うさ
子犬の登場に癒されていたら、主人公が拘束される非常事態に。
ひよこ
展開がジェットコースター。

 

そしてこのシーンではメルキト伯爵が登場します。彼はエリーゼを見つけたとき、とても複雑な表情をしていました。

彼はエリーゼに命を救われているから、葛藤したのでしょうね。メルキト伯爵のセリフからも「エリーゼを害したくない」という心境が伝わってきました。

132話の感想

132話はミハイル回でしたね。

普段は優しくにこやかな彼ですが、拘束されたエリーゼを見るなりブチ切れました。好きな子を罪人のように扱われたため、烈火のごとく怒ります。

彼がこれほど激怒したのは、このシーンが初めてですね。

しかもその後、ミハイルは泣いてしまいます。兄と戦うのもエリーゼと別離するのも、何もかもが辛かったのでしょうね。

というか彼の立場上、今まで誰にも本心を言えなかったのかもしれません。けれど132話のラストで本心を打ち明け、それがきっかけで我慢していた感情があふれたのでしょう。

しんどいですね。

ミハイルは今まで散々苦労したのだから、個人的には救済ルートがあればと思ってしまいます。

⇒133話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA