【外科医エリーゼ】133~134話ネタバレ感想㊾作戦決行


ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。133話・134話について紹介しています。

拘束されたエリーゼは、ミハイルによって無事に救出されましたね。しかし彼を止めなければ、前世での悲劇が繰り返されるでしょう。

エリーゼは無事に、皇位争いを止められるのでしょうか?感想を交えつつ、ストーリーをまとめました。

外科医エリーゼ

【外科医エリーゼ】ネタバレまとめ!ピッコマ連載中の最新話まで紹介

外科医エリーゼ133話ネタバレ

エリーゼの問いかけ

以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながら翻訳したものです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

ミハイルが泣き止むと、エリーゼは以前かわした”一緒に旅行する約束”について話します。

リンデンも含めて3人で旅行に行きたい。その可愛らしい願いに、ミハイルは微笑みますが…

しかし3人で旅行をするなど、今となっては到底無理なこと。

それを伝えれば、エリーゼは笑みを消して2つの質問をしました。

1つは、彼が皇位を諦められるか。もう1つは、エリーゼを信じられるかどうか。

そう尋ねれば、ミハイルは不思議そうにしながらも「信じる」と断言しました。

白うさ
すぐに断言するあたり、ミハイルは男前だね。
ひよこ
この2人は、信頼関係も深いからね。

ミハイルの言葉を聞き、エリーゼは満足そうに笑います。そして、これから行う作戦について伝えました。

作戦を聞いたミハイルは…

作戦を聞いたミハイルは眉を顰めます。彼女の考えに納得がいかず、中止するよう説得しますが…

エリーゼはそれでも、作戦を決行すると言います。逆効果かもしれませんが、このままだと状況は悪くなる一方ですから。

エリーゼはにこりと笑いながら、あなた達のためにやり遂げてみせると言いました。

エリーゼは正装し、リンデンを訪ねる

屋敷に戻った後。

エリーゼは黒いドレスに着替え、リンデンに訪問要請(謁見するための正式な手続き)をして彼の元を訪れます。

いつもと違う様子のエリーゼに、怪訝な顔をするリンデン。しかし彼女が「隣に座ってもいいですか」と聞けば、快く受け入れました。

 

エリーゼは彼の肩にもたれかかりながら、愛していると伝えます。瞳を閉じながら、本当に愛しているのだと繰り返しました。

その言葉を聞き、リンデンは戸惑います。どうしたのか、誰かに何かされたのかと尋ねました。

優しい彼の言葉を聞いて、エリーゼは悲し気に微笑みます。そして体を起こすと、頭を下げて「貴族派を助けてほしい」と懇願しました。

外科医エリーゼ134話ネタバレ

貴族派たちを許してほしいと懇願するが…

貴族派たちに慈悲を与えてくださいと、エリーゼは頭を下げて懇願します。

リンデンは一瞬だけ呆気にとられますが、すぐ沈痛な面持ちになり「絶対に許せない」答えました。

彼は怒らなかったものの、あなたは事の重さを理解していないとエリーゼを窘めます。そして、二度とこのような話をしないようにと告げて席を立ちました。

が、しかし。

エリーゼはなおも食い下がります。分不相応な願いだと自覚はあっても、ここでリンデンの復讐を止めなければ彼は壊れてしまうのです。

だからエリーゼは言いました。

当時の出来事もあなたの苦痛も理解しているが、他の方法で解決することは出来ないかと。

その言葉に、リンデンは口調を荒げます。

エリーゼのことは愛しているが、その願いだけは聞き入れられない。何の罪もない家族が目の前で血まみれになるのが、どんな気持ちか分かるのか?

リンデンはそう反論しました。

白うさ
そうなるよね。
ひよこ
いくらエリーゼのお願いでも、これは無理かあ…

説得は失敗し、エリーゼは落胆する

結局エリーゼは、リンデンの説得に失敗します。

彼にもう帰るよう言われたので、謝罪をして部屋を出ていきました。そして落胆しながら、城内の廊下を歩きます。

このまま悲劇が起きるのを見守り、彼が苦しむ姿を見るしかないのだろうか…

一瞬だけ諦めかけますが、すぐさま思考を切り替えます。

エリーゼに出来るのは”きっかけ”を作ることだけで、そのほかは当事者同士の問題です。だからもう一歩だけ頑張ろうと、拳を握りしめました。

「リンデンに嫌われるかも」と泣きそうな顔をしながら、再度決意を固めたのです。

アルセム公爵の危機

城内のとある一室。

その前で、貴族たちがザワザワと騒いでいます。そこには涙ぐむユリエンもいて、彼女はエリーゼを見つけると泣きながら抱き着きました。

ユリエンによると、父親のアルセム公爵が倒れたそう。

彼は意識を失い、危篤状態にあるようです。

⇒135話のネタバレはこちら

133~134話の感想

133話の感想

ネタバレ感想

エリーゼは133話で、貴族派を許してほしいと懇願しました。

リンデンは貴族派を恨んでいますし、エリーゼもその事は十分理解していますが…それを知りながら、恩赦を与えてほしいと願ったワケですね。

もしリンデンに怒られても、十字架を使えばエリーゼは許されますから。

しかしこの作戦は、エリーゼにとっては諸刃の剣です。最悪、失望されて嫌われる可能性もありますね。失敗する可能性も高く、リンデンに恨まれるかもしれません。

そうなれば彼との関係が崩れ、エリーゼは今の幸せを失うことになりますが…

それでも彼女は、この方法を実行しました。

前世のとおりなら、ミハイルは死亡してリンデンも壊れてしまいますから。だから自分の幸せを犠牲にしてでも、皆を助けたいと願ったワケですね。

白うさ
失敗したらバッドエンドまっしぐら。

134話の感想

予想してましたが、リンデンが怒っちゃいましたね。エリーゼが相手なので、怒鳴りはしませんでしたが…

このシーンのリンデンは、復讐の権化みたいな顔をしています。

目を見開いて呪詛を吐き、憎しみに溢れた顔で笑い、あの事件のことを未だに夢に見るとまで言いました。

彼は「エリーゼの願いなら何でも聞いてやりたい」的なセリフを言っていましたが、復讐に関してはやはり諦めてくれません。

エリーゼがどれだけお願いしても、ばっさり拒否されてしまいました。

でもこれは当然の反応でしょう。彼はエリーゼと恋をして変わったものの、その根本には強烈な復讐心があります。

今までずっと復讐のことを考えていて、ようやく貴族派を処罰するチャンスを得たのですから…

それを諦めろと言われて、引き下がれるワケがありません。

白うさ
リンデンの恨みは、本当に根深いね。
ひよこ
そりゃそうだ。しかも貴族派は謝罪しないから尚更だよ。

 

そして134話のラストですが、今度はアルセム公爵が倒れました。数話前で皇帝が回復したばかりなのに、またもや要人が危篤状態。

城内はてんやわんやですね。そして気丈なユリエンも泣きじゃくる始末。

ストーリー的には、またエリーゼが手術しそうですが…でも、アルセム侯爵は治療しないと言っていましたね。

どうなるのか、次回が気になります。

⇒135話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA