【外科医エリーゼ】87~88話ネタバレ感想㉗エリーゼの危機に「あの人」が追いつく!


ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。最新話の87話~88話までのストーリーについてまとめています。

前回、王子をかばって銃に撃たれたエリーゼ。まさに絶体絶命の危機ですが、助かるのでしょうか?

白うさ
主人公補正で助かるといいけど…
ひよこ
がんばれエリーゼ!がんばれ!

感想と一緒にネタバレを見ていきましょう!

外科医エリーゼ

【外科医エリーゼ】ネタバレまとめ!ピッコマ連載中の最新話まで紹介

外科医エリーゼ87話のネタバレ

ついに”あの人”が王子に追いつく

エリーゼは肩を撃たれて重体。

まだ命はあるものの、意識はありません。一刻も早く治療しなければ、死ぬかもしれない危険な状況です。

 

王子はエリーゼを背負い、フラフラの体で雪山を進みます。

敵の勢力圏から抜け出すまで、あと少し。峡谷さえ超えれば救助を呼べるのですが…

重傷のまま逃げられるほど、現実は甘くなかったのです。

「やはりここだと思ったよ」

声がする方を向くと、王子の目の前にはルイ・ニコラスと多勢な敵軍がいました。

白うさ
あああああ…ついにルイまで追いつたか。
ひよこ
誰か助けて…

 

嫌味な笑顔を浮かべるルイ。

銃を構える敵軍。

顔を青くし、言葉を失う王子。

この状況では、いくら王子でも逃走することはできません。

 

しかし、その時。

上空からミハイルの声がしました。

ミハイルは営巣から脱走した後(82話参照)、ずっとエリーゼたちを探し続けていたのです。

白うさ
ヒーローが来た!
ひよこ
よし、これで勝てる。

 

ミハイルは地面へと着地し、王子とエリーゼを逃がします。

そして”特殊な銃”を取り出すと、ルイの頭を撃ち抜きました。

 

ミハイルに助けられるも、その先にいたのは…

ミハイルが敵を引き付けている間に、王子はエリーゼを背負いながら逃走します。

しかし運悪く、その先にも敵が待ち構えていました。

王子は茂みに隠れて敵をやりすごそうとするものの、なんと敵の馬が王子を見つけてしまいます。

白うさ
馬!?
ひよこ
ニオイで気づいたのかな?

 

馬に乗っていたのはフォビアン

ルイ・ニコラスの部下であり、エリーゼが軟禁されている間に世話をしてくれた男性です(78話参照)

 

フォビアンに見つかった王子は、冷や汗を流します。王子を見つけたフォビアンも、驚いた顔をしていました。

フォビアンは一瞬だけ沈黙しますが、なぜか何事もなかったかのように踵を返します。

そして他の兵士たちと世間話をはじめました。

フォビアンは王子を見つけたはずなのに、見ていないフリをしてくれたのです。

外科医エリーゼ88話のネタバレ

フォビアンの恩返し

フォビアンは笑顔を浮かべ、部下たちを休ませます。

こんなところに空帝(王子の二つ名)がいるはずないと、さりげなく王子と共和国軍の兵士を遠ざけてくれたのです。

さらにフォビアンは、自らが乗っていた馬を王子に譲ります。

 

なぜ敵が助けてくれるのか、わけがわからず驚く王子。しかもフォビアンは敵の指揮官です。

戸惑ったものの、王子はフォビアンの言うとおりにして馬で移動しました。

白うさ
フォビアンはエリーゼを助けてくれたんだね。
ひよこ
78話で「エリーゼに部下を助けられた」って言ってたし、その時の恩返しかな。
白うさ
ほんとに義理堅いなこの人。

 

馬に乗って逃走する王子。

体力も限界に近づき意識を失いかけていましたが、ここでようやく味方と合流できました。

王子を助けに来てくれたのはレン。

エリーゼの長兄です。

レンもまたミハイルと同様に、命令に背いて王子を助けに来てくれたのです。

 

救出されたエリーゼは野戦病院に運ばれ、手術することになります。

執刀医はグレアム。

エリーゼの元上司であり、この国でもトップレベルの医者です。

王子はグレアムの手をぎゅっと握りしめて「頼むから彼女を助けてくれ」と嘆願しました。

 

王子は謝礼ならいくらでもすると頼み込みますが、エリーゼを助けたいと思っているのは王子だけではありません。

グレアムも、そして他の医師・看護師たちも同じ気持ちです。

グレアムは「必ず助けます」と王子に伝え、手術室へと向かいました。

 

救出されたエリーゼと王子

手術をする前。

エリーゼを目の前にしたグレアムは、心の中で「私はあなたのことを…」と恋心を呟きます。

しかしその恋心は、あくまで心中にとどめるだけ。口には出されません。

グレアムは「エリーゼを必ず助ける」と決意し、手術に挑むのでした。

白うさ
予想はしてたけど、やっぱりグレアムもエリーゼが好きだったんだね。
ひよこ
そうだね。でも、エリーゼは時期皇太子妃だから…グレアムは一生、恋心を伝えられないだろうね

 

そして迎えた夜明け。

エリーゼの手術は無事成功しました。幸いなことに後遺症も残らず、治療し続ければ傷も残りません。

ずっと廊下で待っていた王子は、それを聞いてようやく安堵するのでした。

 

しかし、治療について一つ問題があります。

というのも、エリーゼは出血がひどく血が足りていないのです。現在は輸液しているものの、いずれは血が不足して合併症で命を落とす可能性さえあります。

その話を聞いて、王子は愕然とするのでした。

⇒ネタバレのつづきはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA