【外科医エリーゼ】82~83話ネタバレ感想㉕ついに事実がバレる?


ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。最新話の82話~83話までのストーリーについてまとめています。

今まで無茶をしたせいで、低体温症になった王子。エリーゼは洞窟で治療しますが、その後どうなったのでしょうか?

白うさ
王子がかなり辛そうだけど、大丈夫かな?
ひよこ
がんばれ王子!がんばれ!

感想と一緒にネタバレを見ていきましょう!

外科医エリーゼ

【外科医エリーゼ】ネタバレまとめ!ピッコマ連載中の最新話まで紹介

外科医エリーゼ82話のネタバレ

低体温症を抑えるため、エリーゼは王子に薬を飲ませました。

王子は眠り始めるものの、洞窟内の温度は低いまま。王子の体には厳しい状況です。

エリーゼは少しでも王子を温めるために、自分の上着をかけてやり、さらに王子を抱きしめて温めました。

白うさ
ラブラブかな?
ひよこ
いやいや、看病のためだから。やましい気持ちはないよ!

王子を抱きしめた時、エリーゼは王子の首元のペンダントに気づきます。

十字架を模したペンダントは、かつてエリーゼ所持していたもの。エリーゼが徴表としてロンに送ったペンダントだったのです。

ひよこ
徴表については、43話参照

ここでようやく、エリーゼは「ロン=王子」という事実に気づきます。

王子はいつから自分を見ていたのか。一体、何がどうなっているのか。ロンドに戻れば全て話してくれるだろうと、エリーゼはひたすら王子の回復を祈りました。

 

その頃のロンド

その頃、ロンドではーーー

騎士たちが「王子とエリーゼを救出しよう!」と申し出ていました。

しかし、マッカイル元帥はそれを却下します。というのも、戦況はこちらに有利であり、個人のために兵を動かすことはできないためです。

とはいえ、マッカイル元帥も王子を助けに行きたいと思っています。それ故に、彼は悩んでいました。

するとそこに、ミハイルが営巣から脱走したと連絡が入ります。

ミハイルは逃走するときに辞表を投げつけて、王子とエリーゼを助けるためにウクラ山脈へ向かったようです。

王子が回復し、再び逃走スタート

エリーゼの看病と薬のおかげで、王子の体調は回復していました。

回復した王子を見て、エリーゼは「あなたは皇帝となる尊貴な方。今後は危険なことを慎んでください」と注意しますが…

王子は「地位や自分の命よりも、エリーゼのことが大切だ」と打ち明けます。エリーゼはその言葉にときめくも、気持ちをかくして出発しようと促しました。

外科医エリーゼ83話のネタバレ

雪道を歩いている最中。

王子は急に動きをとめ、エリーゼを見つめます。そして、キスしそうな距離まで顔を近づけました。

白うさ
こ、これはまさか…!

しかし、王子はキスをしたかったワケではありません。エリーゼが風邪をひいていると気づき、体温を確認しただけです。

 

エリーゼは風邪をひいている自覚がなく、王子に言われてようやく「熱が出ている」と気づきました。肩もプルプルと震えています。

その様子を見た王子は、エリーゼを休ませるために洞窟(途中で見つけた場所)まで連れて行きます。

白うさ
今度はエリーゼがダウンか・・・
ひよこ
幸い、この辺には敵兵がいないから。休むなら今がチャンスだよ。

「明日もきつい道のりになるのだから、ゆっくり休め」と心配してくれる王子に、エリーゼは目を輝かせました。

 

洞窟に入り、地べたで休もうとするエリーゼ。すると王子は、自分の上着を敷いてやります。

さらに王子はエリーゼを優しく抱きしめ、体が冷えないように温めてくれました。

どこまでもエリーゼを気遣い、優しく接してくれる王子。その様子を見てエリーゼは「王子は前世とは違う」と改めて思い知りました。

また、同時に「私は前世よりももっと、王子のことが好きになっている」と実感したのです。

 

翌日。

エリーゼの熱はまだ下がりませんが、本人は笑顔をつくりと平気なフリをしました。

しかし、エリーゼはどう見ても体調不良。すぐに嘘を付いているとわかります。

王子は「洞窟でもう1日休むように」と言い残し、周辺の様子を確認するため出ていきました。

白うさ
こんな雪中で、病人がムリしたら死んじゃうよ!?
ひよこ
エリーゼは、辛くても我慢するのが癖になってるのかもね。

 

近くに敵がいないことを確認すると、王子は洞窟に戻ってきました。そして甲斐甲斐しくエリーゼの世話をします。

エリーゼは前世(地球にいたとき)で看病してくれる人がいなかったので、その様子にとても感動します。

そして心の中で、幸福感に包まれていました。

⇒ネタバレのつづきはこちら

▽単行本も発売中▽

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA