【外科医エリーゼ】89~90話ネタバレ感想㉘エリーゼを助ける唯一の方法とは?


ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。89話~90話までのストーリーについてまとめています。

無事に帝国軍と合流し、手術を受けたエリーゼ。一命をとりとめたものの、出血がひどく死に至る可能性さえあります。

エリーゼを助ける方法はあるのでしょうか?感想と一緒にネタバレを見ていきましょう!

外科医エリーゼ

【外科医エリーゼ】ネタバレまとめ!ピッコマ連載中の最新話まで紹介

外科医エリーゼ89話のネタバレ

エリーゼを助けるためには輸血が必要

エリーゼの手術は成功したものの、このままだと血液が不足して死ぬかもしれない。

その事実を知った時、王子はショックのあまり倒れそうになりました。

 

輸血すればエリーゼを助けられますが、輸血には危険が伴います。

というのも、他人の血が体に入ると拒否反応が出るため、失敗すればエリーゼが死亡する可能性さえあるのです。

今まで輸血をしたときも失敗する確率が高く、死亡率は50%を超えていたほど。

白うさ
あれ?輸血ってそんなに危険だっけ?
ひよこ
この世界は医療水準が低いんだよ。だから輸血するだけで死亡するリスクがあるみたいだね。

 

しかしエリーゼは、転生してから輸血に対する解決策を用意していました。

その解決策により輸血のリスクが減り、副作用が起こる確率が減りましたが…

困ったことに、エリーゼに合う血液型がありません。そのため輸血ができない状態なのです。

 

現在、兵士たちの間で血液検査が行われていますが、ずっと拒否反応が起きています。

適合者は見つかりません。

もしこのまま適合者が見つからなければ、無作為に輸血をするしか方法はなく、そうなれば拒否反応が起こるかもしれません。

拒否反応が出てしまえば、もうエリーゼを助ける手立てはないのです。

 

適合者がいない中、王子が選んだのは…

輸血できればエリーゼを助けられるものの、肝心の血液が見つからない。

どうしようもない状況に王子は苛立ち、扉を殴ります。

エリーゼなら解決策を思いついたのかもしれませんが、彼女は眠ったまま。グレアムとほかの医師たちだけで、この状況を乗り切らなければなりません。

 

王子はベッドで眠るエリーゼを見て「ここで寝ているのが自分ならよかったのに」と思います。

自分の血でいいなら。

自分の命で助けられるのなら。

どれだけ良かったことか…

 

何もできない自分を責めていた、その時。王子はふと思いました。

「私の血液は検査していない」と。

 

医師たちに尋ねたところ「王子は輸血できる状態ではないし、そもそも検査したところで結果は同じだ」と言われました。

確かに、王子の血液がエリーゼに適合する確率はとても低いです。

しかし、王子は可能性を捨てきれません。

失敗しても良いから、自分の血液を検査するように指示しました。

白うさ
これで2人の血液が一致すれば、もはや運命だね。
ひよこ
むしろ、一致したら奇跡だよ。

 

王子の血液はエリーゼに適合するのか?

王子の血液を検査した結果、エリーゼは拒否反応を起こしませんでした。

2人の血液が一致したのです。

医師たちは驚き、王子は安心した表情を浮かべます。

白うさ
マジか!!
ひよこ
これでエリーゼが助かる!

 

とはいえ王子も重症なので、本来なら輸血するべきではありませんが…

王子は、自分のことはいいからエリーゼに輸血するように指示をします。

 

夜が明けたころ。

エリーゼへの輸血は成功し、様態も良くなっていました。

王子はその様子に安心して「本当に良かった」と呟きます。そして同時に、疲労のためかその場で倒れてしまったのです。

 

その頃のミハイル

その頃、帝国軍にはミハイルも戻ってきていました。

王子を逃がすために”しんがり”を務めたミハイルは、疲れ切った様子でボロボロになり帰還したのです。

 

大役を務めたミハイルに、兵士は「後に褒章が下される」と言いますが…

ミハイルは雪山に行く前、営巣を脱走しています。そのため、再び営巣へと連行されてしまいました。

白うさ
ひどくない?
ひよこ
まあでも、今回連れて行かれた営巣はキレイな場所だから…うん。

外科医エリーゼ90話のネタバレ

王子、目覚める

以下の文章は、『外科医エリーゼ』の原作サイトを管理人が翻訳したものです。翻訳ミスなどあれば、後日修正いたします。

王子が目を覚ました時、彼は野戦病院のベッドで横たわっていました。体にはたくさんの傷が残っているものの、どこも包帯が巻かれて処置されています。

王子が寝ている間、医師たちが手当てしてくれたのでしょう。

隣のベッドでは回復したエリーゼが眠っています。

その様子を見た王子は安堵すると、ベッドから降りてエリーゼに近づきました。

 

「お伝えしたい事があります」

エリーゼは気絶する直前、王子に何かを伝えようとしていました。しかし彼女が目覚めないと話の続きは聞けません。

早く目を覚まして続きを聞かせてほしい。まだ一緒にやりたいことがあるのだ。だから早く元気になってくれ。

王子はそう願いながら、エリーゼの手を優しく握りました。

 

エリーゼの様子が…

王子が思案していた時、エリーゼがうっすらと目を開けました。どうやらエリーゼは、また前世の夢(処刑された時のシーン)を見ていたようです。

心配した様子の王子を見て、エリーゼは「怖い夢を見ていたけど、もう大丈夫。もうわかったのです」と話し始めます。

そして「もう少しだけ休ませてほしい」と告げると、エリーゼは再び眠りについてしまいました。

 

父親と兄がお見舞いに

日が暮れたころ、エリーゼのもとに家族が見舞いに来ていました。

見舞いに来たのは、エリーゼの父親・エル侯爵と、2人の兄・レンとクリス。

父親はベッドへと近づき、エリーゼの手を優しく握りました。その目には涙が浮かんでいます。

白うさ
おっ!久しぶりにパパが登場するんだね。
ひよこ
パパとクリスは、エリーゼを溺愛してるよ。超過保護だから、かなり心配してるだろうね…

 

涙ぐむエリーゼの父親を見て、王子は「自分をかばったせいでエリーゼが怪我をした」と謝罪します。全て私が悪いのだと自分を責めました。

しかし、父親は王子を責めません。

王子がエリーゼをどれだけ心配して手を尽くしてくれたのか理解していると、感謝の気持ちを伝えます。

 

それどころか父親は、悪いのは自分なのだと告げます。

戦場に行かせてはいけないのに、止められなかったのだと。父親もまた自分を責めていたのです。

白うさ
みんな自分を責めてるけど、誰も悪くないよね?
ひよこ
うん。強いて言うならエリーゼに責任があるけど、彼女も兄を守りたくて必死だったから仕方がないと思うよ。

 

しかしエリーゼが負傷した以上、このまま戦場には置いておけません。父親はすぐにでもエリーゼを連れて帰ると告げます。

結局、王子はエリーゼから「話の続き」を聞けず仕舞いでした。

 

戦争の終わり

数か月後。

戦争は帝国側(王子たちの陣営)が勝利を収めました。

共和国軍の総統であるシモン・ニコラスの講話提議書により戦争は終結。そして同時にシモン・ニコラスも没落しました。

 

クリスが秘書官に抜擢

その頃、ロンドには雪が降り積もっていました。

クリスは王子の秘書として抜擢され、王子が帰国した後すぐ移動になります。

クリスはエリーゼのために限定品のケーキを購入しようと、街に出かけようとしていました。

⇒ネタバレのつづきはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA