『悪女が恋に落ちた時』46~47話のネタバレと感想!ダニエルとの親交が深まる


悪女が恋に落ちた時』のネタバレ感想です。46話~47話までのストーリーをまとめて紹介します。

前回ラビロフとの取引に成功し、ひとまず安寧を得たルペルシャ。さらにユジンとカインを原作から引き離すため、彼らに城外調査を命じますが…

この先、どうなるのでしょうか?感想を交えながら紹介していきます。

⇒ネタバレ一覧はこちら

46話ネタバレ

ユジンとカインは城外調査を命じられる

悪女が恋に落ちた時ネタバレ
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたものです。なので意訳が多いです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

ルペルシャが精霊・ジェイを召還すれば、カインとユジンはしぶしぶ命令に従います。

主人から「護衛はいらない」と言われた以上、騎士である2人に反論する術はありません。しかしこの時、彼らは悲しげな表情をしていました。

ひよこ
カインとユジンからすれば、距離を置かれたように感じただろうね。
白うさ
騎士的には「護衛はいらない」って言われるのも辛いよ。

ルペルシャは老婆から宝石を受け取る

ダニエルに会うため、1人で城下町を訪れたルペルシャ。いつものようにお忍び用のフードを被り、活気にあふれる街中をブラブラと散策しました。

すると途中で、アクセサリー屋を見つけます。店主は痩せた老婆で、地面に風呂敷を広げてその上に可愛らしいアクセサリーを並べています。

老婆は優しい笑みを浮かべ、ぜひ見て行ってと話しかけますが…

残念ながら、ルペルシャは今お金を持っていません。金貨ならありますが、それを渡せば老婆が困るでしょう。そのため「今はちょっとお金が…」と断ります。

すると老婆は嫌な顔一つせず、ルペルシャに青い宝石をプレゼントしました。

老婆によれば、それは”元気になる宝石”との事。ルペルシャの顔が青白かったため、心配して宝石をくれたのです。

といっても、この宝石はただの模造品。実際に効果があるか怪しいものですが…

老婆の優しさに感動したルペルシャは、ありがたく宝石を受け取りました。

ルペルシャの恩返し

それから数時間たち、日が暮れたころ。

ルペルシャは再び老婆の前に現れ、息をきらしながら「ここにある物を全て買います」と大量の銀貨を差し出しました。

実は彼女、手持ちの金貨を銀貨に両替してきたのです。

それを見た老婆は、当然ながら驚きます。目を見開いて、こんな大金はもらえないと断りますが…

ルペルシャはにっこりと微笑み「これは先ほどもらった”元気になる宝石”の値段です」と答えます。自身にとって必要なものを与えてくれたから、その対価だと説明したのです。

すると老婆は目に涙を浮かべ、その銀貨を受け取りました。

疲弊して倒れかけた時、眼前に現れたのは…

その後ルペルシャは、ヨロヨロと街中を歩きます。病弱な身であちこち動き回ったので、体に限界が来ていたのです。

そして皇女宮に帰る途中、とうとう眩暈がして倒れそうになりますが…

その時ダニエルが現れ、ルペルシャの体を支えてくれました。

白うさ
どっから出てきたん?
ひよこ
暗殺者だから、気配消して近づいたのかも。

ダニエルは愁いを帯びた表情で、一人で出歩くのは危険だと忠告します。そしてルペルシャを皇女宮まで送ると言いますが…

突然、どこからか「キャアア!!」と悲鳴が聞こえます。声の聞こえた方を見れば、男2人が女性を攫おうとしていたのです。

それを見たルペルシャは剣呑な顔つきになり、すぐ女性を助けに行きます。そしてジェイを召還し、男たちを追い払いました。

・・・

助けられた女性は、ルペルシャにお礼を言って走り去ります。

また一部始終を見ていたダニエルは「精霊をよく扱っている」とルペルシャを褒めました。

ルペルシャの変化

ダニエルに褒められ、ぱあっと顔を輝かせまるルペルシャ。しかし彼の顔をよく見れば、深くてむなしい瞳をしています。

そして彼女は思い出しました。

そもそもダニエルにとって”ルペルシャ”は敵国の皇女。簡単に仲良くなれるワケがないのです。それは彼女自身、よく理解していた事ですが…

なぜかルペルシャの心はざわめきます。それこそ彼女の顔が赤くなるほどに。

47話ネタバレ

ダニエルの内心に気づき、ルペルシャは寂しさを覚える

皇女宮まで送りましょうか?

そう告げるダニエルは、言葉こそ優しいものの瞳は冷淡。そのためルペルシャは彼の誘いを断り、一人で帰還します。

嫌われただろうか…とネガティブな気持ちを振り払うように、ルペルシャは皇女宮へと戻りました。

気を取り直し、再びブランチェット街へ

後日。立ち直ったルペルシャは、再度ブランチェット街を訪れました。今は”建国祭”の期間中なので、街はいつもより賑わっています。

しかし困ったことに、今回は護衛が同行しています。メイドたちが酷く心配するので、仕方がなく騎士を1人連れてきたのです。

とはいえこの状態では、ダニエルと会えません。そこでルペルシャは「あの店で女性用の衣類を買いたい」と嘘を付き、護衛を店の前に置き去りにして逃走しました。

白うさ
ひ ど い
ひよこ
護衛がひたすら不憫。

護衛から逃げた後、街中を1人で歩き回るルペルシャ。するとその時、飼い主と散歩をする”白い犬”を見かけます。

その白い犬は、ルペルシャ皇女が昔飼っていた”リシャ”だったのです(リシャの登場回はこちら)

リシャを見つけて、慌てて追いかけるが…

リシャを追いかけ、手を伸ばすルペルシャ。しかしその時、なぜか”本物のルペルシャの記憶”が蘇ります。

47話で蘇った記憶の概要
今回蘇った記憶は、飼い犬の”リシャ”が他所に引き取られた時のもの。悲しそうに鳴き続けるリシャを、知らない男性が連れて行くのです。そしてリシャが皇女宮から去っていく様子を、ルペルシャは窓から寂しそうに眺めていました。

ダニエルとの再会

唐突に記憶が戻ったため、ぼーっと立ち竦むルペルシャ。

すると後ろから、どうしたのかと声を掛けられます。そこに立っていたのはダニエルで、彼は「また男性とデート中かと思いましたが、何か事情があるようですね」と話しかけました。

その言葉に、ルペルシャは慌てて弁解します。いつも一緒にいるのは友達です!と告げれば、彼は珍しく無邪気な表情で笑いました。

ダニエルの珍しい表情に、何か良いことがあったのですかと尋ねるルペルシャ。すると彼は「期待していたから」と答えました。

彼女はその言葉を”ダニエルも私との再会を望んでくれていた”と好意的に解釈しますが…実のところ彼は、建国祭を楽しみにしていただけ。

それを知ったルペルシャは「私は期待していたのに」と口を尖らせ、頬を染めながら不満を表しました。

白うさ
ラブコメかな?
ひよこ
ラブコメだね。

ルペルシャとダニエルとの仲が深まる

無邪気に笑いながら、ダニエルを”友達”だと告げるルペルシャ。

そんな彼女を見たダニエルは、困ったように笑いました。彼は「私に騙されてはいけませんよ?」と言うものの、その表情はいつもよりずっと穏やかです。

そして彼は「せっかくの祭りだから気楽にしましょう」と目を細め、ルペルシャに”認識かく乱の魔法”をかけてくれます。この魔法をかけておけば、皇女だと気づかれません。

しかも彼は、ルペルシャのフードを下ろしながら「この美しさを隠すのは惜しい」なんて気障なセリフまで言うものだから、彼女は顔を真っ赤にしました。

2人きりで過ごすため、ダニエルがとった手段

2人の会話中、どこからか馴染みのある声が聞こえます。

声のする方を見れば、遠くからヘレイスが手を振っていました。隣にはカインもいて、彼らはルペルシャを見つけて声をかけた様子。

そして当然ながらヘレイスは、ダニエルの存在にも気づきます。ヘレイスは珍しく慌てるものの、時すでに遅し。

ダニエルは魔法を使い、ルペルシャを横抱きにして宙へと飛びあがりました。彼女と2人きりで過ごすために、彼は邪魔者のいない場所に行こうと考えたのです。

⇒48話ネタバレはこちら

『悪女が恋に落ちた時』46~47話までの感想

46話の感想

ネタバレ感想

46話ですが、ルペルシャの様子が妙ですね。ダニエルに瞳が冷たいことに気づき、不安になったようですが…

もしかすると彼女は、ダニエルに恋をしているのかもしれません。

46話にして、ようやく「悪女が恋に落ちた」のでしょう。タイトル回収ですね。

対ユジンのときは嫌われても平然としていたルペルシャですが、ダニエル相手だと平静でいられなかったのでしょう。

だって恋する相手ですから。

47話の感想

ダニエルとルペルシャの関係が、47話で一気に深まりましたね。46話では距離感が遠かったのに、47話では親密になっています。

ルペルシャがあまりに無邪気だから、絆されたのでしょうか?

ルペルシャは基本的に敵意0%ですし、笑いながら「あなたと友達になりたい」なんて可愛いことを言う人だから、どこかでダニエルの琴線に触れたのかもしれませんね。

彼は普段見せないような幼い笑顔まで見せていたので、かなり親交は深まったと思われます。

⇒48話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA