『義家族に執着されています』83話のネタバレ感想|気まずい関係のまま大公領へ

義家族に執着されていますネタバレ

漫画『義家族に執着されています』の83話のネタバレと感想です。

互いを気遣うあまり、ペレシャティとテルデオはぎこちない関係になってしまいます。それこそ前回、彼は追い詰められていたこともあり感情的な面を見せていました。2人の関係は修復できるのでしょうか?

>『義家族に執着されています』ネタバレ全話はこちら

2人は気まずい関係のまま大公領に引っ越す

皇女は首都から追い出される

義家族に執着されていますネタバレ
本記事では『義家族に執着されています』の感想および解説がメインであり、完全なネタバレはしていません。詳細を知りたい人はマンガ版をお読みください。

狩猟大会の事故以後、貴族たちは皇室への不満を募(つの)らせます。そのため貴族たちは皇太女を議長とする会議を開き、その結果として皇帝の人事過程を監察する機構が作られます。

なお狩猟大会の責任者である第3皇子と第4皇女・ドドレアは、権利を奪われて首都外の別荘に追い出されました。

ひよこ
ドドレアは事件の首謀者だから個人の財産も没収されたよ。修道院での集まりも解散を命じられたらしい。
白うさ
それはまたキツイ罰を受けたね。というか皇室の独裁体制じゃなくて、貴族側も力を持ってるんだ。

ペレシャティは大公領に引っ越すが…

その後まもなくして、ペレシャティは大公領に移住します。しかし馬車で移動する間、彼女はずっと浮かない顔でした。というのも最近、テルデオに避けられているからです。

最近の状況
  • 福祉事業のことをテルデオに対話した翌日、彼の代理人が在庫(売れずに困っていた商品。77話参照)をすべて購入してくれた。
  • また事業内容についても、彼の部下たちが引き継いでくれた。
  • しかしテルデオはあの日以来、ペレシャティと顔も合わせてくれない。
  • そのため彼女はお礼すら言えない。
白うさ
ペレシャティが悩んでいた問題が一瞬で解決したね。
ひよこ
でもこの状況かなり辛いよ。結局は全部テルデオ任せで、なのにお礼も言えないんだから。

時が経つも関係は修復されず

宿に泊まったときテルデオに話しかけてみるも、「早く寝ろ」と言われて取り付く島もありません。なお随行していた従者たちに相談したところ、時間が解決してくれると言われますがーーー

テルデオの態度は日に日に冷えていき、2人の関係は一向に修復されないまま。

そのためペレシャティは我慢の限界がきたらしく、ある日の夜、ついに行動に出ました。

⇒『義家族に執着されています』84話のネタバレはこちら

83話のストーリー補足|ダニエルと騎士たちの嘆き

密かにダニエルも激怒する

今のテルデオはとても機嫌が悪く、騎士たちは頭を抱えています。そのため内輪での飲み会を行ったとき、ダニエル(モルトン子爵の息子)はブチ切れ、騎士の一部は半泣きでした。

義家族に執着されています|83話のネタバレと感想

83話のネタバレ感想|ドドレア、ついに裁きを受ける

ネタバレ感想

ドドレアは今まで「皇女だから何をしても許される」と思っていたらしく、やりたい放題やってきました。しかし皇女だろうと、理由なく人に危害を加えてはいけません。前回の事件もドドレアがしっかり管理していれば防げたので、貴族たちの反感を買うのは当然です。

その結果、83話でドドレアは事件の責任を取ることになりました。首都から追い出されて財産は没収。実行犯の従者もショケーされています。

読者視点だと、これを機に態度を改めてくれれば良いなと思いますがーーードドレアは多分本作のラスボスでしょうから、一筋縄ではいかないのでしょうね。

それこそ前回のラストシーンで皇女宮に騎士たちが押し掛けたときも、ドドレアは「私は皇女なのに何故こんな目に遭うの!?」と明らかに不満そうでしたし。

⇒『義家族に執着されています』84話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたへのオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA