『再婚承認を要求します』外伝4のネタバレと感想|無事に救助されたナビエ


『再婚承認を要求します』のネタバレ感想です。今回は小説版に掲載されていた「外伝3」の概要をまとめました。

外伝3のラストでは、月大陸連合騎士団によりナビエたちが救助されました。2人とも無人島を脱出できたものの、本当にこのまま無事に帰れるのでしょうか?

感想を添えつつ、ストーリーを簡単に紹介します。

⇒『再婚承認を要求します』ネタバレ一覧はこちら

⇒同作者のマンガ『ハーレムの男たち』はこちら

『再婚承認を要求します』外伝4ネタバレ①ナビエ視点

救助されたナビエ

再婚承認を要求します外伝
以下の文章はネタバレであり、原作サイト様を見ながら翻訳したものです。8割意訳かつ概要のみ紹介しています(詳細を載せたら多分、権利元から苦情が来るので)

無事に救助されたナビエとカフメン大公。

船に乗っていた騎士たちは、ナビエたちの姿に困惑しますが…そんな中、第4騎士団団長エンジェルだけは全く動じていません。

それどころか、彼はこの状況が面白いらしく「これも運命でしょう」などと宣うのです。だからナビエは「そんな運命があるなら切ってしまいたい」と返答しました。なにせ彼は”狐”のようで、食えない男ですから。

・・・

ナビエとエンジェルが嫌味の応酬をしていると、そこに着替え終わったカフメン大公がやって来ます.

影の騎士団の制服に身を包んだ彼を見て、ナビエは制服姿もよく似合うわねと感心しますが…

その隣では、エンジェルがこそこそと「エサが着替えたようです。コウノトリ様」と呟いていました。

白うさ
コウノトリ?何のこと?
ひよこ
この時点では、エンジェルが何を言ってるのか不明だよ。

謎だらけのエンジェル

影の騎士団たちと夕食をすませた後。ナビエがデッキで星を眺めていると、そこにカフメン大公が現れて小さな声で言いました。

「救助された立場なので言いにくいですが、注意した方がいいと思います」

周囲には誰もいないのに、声をひそめるカフメン大公。また彼によれば、エンジェルは内心で次のように考えていたそう。

「ナビエ様はルイフトに行くのだろう。やはり氷の魔法使いが不足したから足を運んだのか。今日は私を凍らせてくれないのか。雪が神秘的だ。しかし、本当にハシビロコウか…」

心を読んだものの、エンジェルの思考(特に最後)は意味不明。彼の狙いはわからず仕舞いでした。

”ハシビロコウ”について
エンジェルの言う”ハシビロコウ”が何を指すのか不明ですが、もしかするとナビエに関係する事かもしれません。詳しくは記事最後の「考察」で解説しています。

『再婚承認を要求します』外伝4ネタバレ②アレイシア視点

アレイシアは皇居から追放される

悲しむ女性

ソビエシュの策略により、皇居から追い出されたアレイシア。

行き場がなくクロム公国の実家に戻ったものの、両親は冷たい態度で「お前が家門に泥を塗った」と彼女を非難しました。

そして数日後。

家で眠っていたアレイシアが目覚めると、そこは真っ黒な海の上でした。

どうやら両親は、彼女を海に捨てたようです。泣きながら助けを求めるものの、周囲には黒ずんだ海と空しかありませんでした。

白うさ
海に捨てた!?
ひよこ
寝ている間に、アレイシアを海に運んで捨てたみたい。世も末だよ。

その後、海賊に拾われる

その後、アレイシアは海賊に拾われます。そして2年間、雑用係として過ごしますが…

そんなある日。同じく雑用係をしていた親しい青年が「一人で逃げた」という話を聞きます。

さらに数日後。

青年は”海軍”に捕まり、首に白い縄をかけられた状態で”絞首刑台”に立っていました。

しかも彼の前には「悪名高い海賊団のナンバー3」という看板が立っています。

買い物に来ていたアレイシアは、その様子を見て驚きます。なぜ下っ端の青年が、ナンバー3として処刑されているのか。そもそも逃げたのでは無かったのか。

隣にいた海賊仲間にそう尋ねれば、彼は舌打ちしながら真実を教えてくれました。「船長は大事な部下たちを守るために、あいつを行かせたんだ」と。

つまり青年は、他の海賊たちが生き延びるための”イケニエ”にされたのです。

このシーンは上手く翻訳できなかったので、要点のみまとめました。青年が海軍に捕まるまで、本当はいろいろな背景(海軍と海賊による交渉など)があったようですが、管理人の能力不足により文章化できませんでした。

親しかった青年の遺言

青年の刑が執行された時。恐怖に怯えるアレイシアの隣で、海賊は「逃げろ」と呟きました。そして彼女を見ないまま続けます。

「あいつに頼まれた。素直に死ぬから、アリシアを助けてくれと」

がむしゃらに生き残れ。それが青年の遺言だったそうです。

⇒『再婚承認を要求します』外伝5のネタバレはこちら

感想|アレイシア編について

感想①アレイシアへの罰が重すぎません?

ネタバレ感想

アレイシアへの罰が重い…!というかこの作品、基本的に側室への罰がエグイ。

確かに、アレイシアは罪を犯しました。人の旦那に手を出しましたよ。皇帝から誘ったとはいえ、彼女にも非はありました。

だから濡れ衣を被せられて、後宮を追い出されるのはわかります。東大帝国を追放されるのもわかります。でも家族に見捨てられて海に捨てられるのは、さすがに可哀想かなと思いました。

外伝4のラストでは海賊から逃げたようですが、この先どうなるのでしょうね。

小説本編によれば、アレイシアはこの後、エルギ家に潜り込むようですが…それまでの過程は謎だらけです。

小説の239話でエルギ父が「いつまでアレイシアを許さないつもりだ」的なことを言っていましたが、その言葉の意味も明らかになるのでしょうか。

感想②アレイシアの漫画登場シーン

『外伝4』を読んだ後で気づいたのですが、アレイシアは『再婚承認を要求します』の漫画版シーズン1でも少しだけ登場しています。

姿が描かれるのは小説後編になってからなので、マンガ版ではまだまだ先ですが…

ちょうど漫画25話のトゥアニア公爵夫人がお茶会を開くシーンで、アレイシアは名前だけ登場していました。

⇒漫画版25話のネタバレはこちら

しかもアレイシアの事情については誰も知らず、あくまで「前皇帝の側室だったけど、すぐに飽きられて短期間で捨てられた」としか伝わっていません。

彼女は結局、濡れ衣を着せられたままだったのですね。

考察|エンジェルの台詞について

外伝4の前半で、カフメン大公がエンジェルの思考を読むシーンがありましたね。カフメン大公によれば、エンジェルは次のように考えていたそうです。

「ナビエ様はルイフトに行くのだろう。やはり氷の魔法使いが不足したから足を運んだのか。今日は私を凍らせてくれないのか。雪が神秘的だ。しかし、本当にハシビロコウか…」

前半はともかく、最後の”ハシビロコウ”の意味がわかりませんね。

謎だらけなセリフですが、もしかすると”ハシビロコウ”はナビエを意味するのかもしれません。

というのも本編中、エンジェルが「皇后陛下が鳥なら何の鳥でしょうか」という話題を出した時、ナビエは「狐くらいは一飲みできるハシビロコウでしょうか?」と返事をしていたのです。

なので、可能性としては「ハシビロコウ=ナビエ」の可能性が高いのかなと思いました。

⇒『再婚承認を要求します』外伝5のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA