『再婚承認を要求します』9話~10話ネタバレと感想!ナビエは賭けをすることに


ピッコマで連載中の漫画『再婚承認を要求します』のネタバレ感想です。9話~10話までのストーリーをまとめて紹介します。

前回、ナビエは侍女を探したものの失敗に終わりました。その上、ソビエシュから濡れ衣を着せられて1人で泣く羽目に…

そんなナビエを慰めてくれたのは、いつも手紙を運んでくれる白い鳥(ハインリ)でした。

白うさ
今後も、ハインリがナビエの”癒し”になると嬉しいな。

 

ナビエとハインリの関係は、いつ進展するのでしょうか?感想と一緒にネタバレを見ていきましょう!

再婚承認を要求します

『再婚承認を要求します』ネタバレまとめ!最新話まで紹介

9話のネタバレ

ハインリとの出会い

再婚承認を要求します

新年祭が近づき、街には多くの貴賓が訪れます。

ソビエシュとナビエはしばらく顔を合わせないままでしたが、貴賓の中でも特に重要なゲストが訪れたため、2人そろって出迎えをすること。

重要ゲストの一人が、西王国の王位継承者である王子・ハインリ。

この時、ナビエは初めてハインリの姿を目にします。

彼には数多の噂があり、ナビエの耳にも「とても残酷で美しい」という話が届いていました。

 

こんなに美しい男性なら、黙っていても噂が広がるだろう…

ナビエがそう考えていた、その時。

ハインリはナビエの前にひざまずき、彼女の手に口づけます。

ナビエは手をほどき形式的な挨拶を済ませますが、ハインリの口元には意味ありげな笑みが浮かんでいました。

ナビエは「白い鳥=ハインリ」だと知らないので、彼とは初対面だと思っています。

 

手紙と謎かけ

一筆箋

その日の夜。

ナビエの元に、再びクイーン(ハインリが変身した白い鳥)が訪れます。

今回も手紙を運んできたようですが、そこには

私は後宮に到着しました。私が誰かわかりますか?

と謎かけが書かれていました。

当然ながら、ナビエには心当たりがありません。そこで返事には

わかりません。あなたは私が誰なのか知っているのですか?

と書くことに。

 

大雨の日、びしょ濡れのクイーンが来訪

そして数日後の夜。

クイーンが持ってきた手紙には

賭けをしましょう。先に相手を見つけた方が勝ちです。

と書かれていたのですが…

ナビエは手紙を読んで激怒します。

 

というのも、その日は大雨が降っていたのです。

こんな手紙を渡すために、こんな雨の中クイーンを送っただなんて!

お前の飼い主は悪い人なの!?

ナビエは怒りながら、タオルでクイーンの体を拭いてやります。

そして手紙の返事として

何を賭けるのですか?

と記載しました。

コナンのせやかて工藤

せやかて工藤(服部平次)の元ネタや発祥は?コナン原作では言ってない?

 

クイーンを抱きしめて就寝

しかし今回、ナビエはクイーンの足に手紙を結びません。

外はまだ大雨が降っているので、クイーンを送り出せばびしょ濡れになってしまうでしょう。

そこでナビエは、クイーンを抱きしめて眠ることにします。

彼女はクイーンの正体を知らないので、気持ちよさそうに眠りますが…

クイーンの正体はハインリであり、彼は成人男性です。

彼は「女性と眠るのは(いろいろな意味で)マズイ」と思ったらしく、こっそりナビエの腕を抜け出して部屋を脱出しました。

 

賭けの対象

ナビエが目覚めた時にクイーンは戻ってきており、足には返事も結ばれていました。

そして返事には

クイーンを賭けましょう

と書かれていたのです。

10話ネタバレ

ナビエの嘘

手紙を読んだナビエは、さすがに顔をしかめます。

そこで、手紙には「ヒント、私は男」と嘘の内容を書くことにしました。

 

ハインリを案内することに

翌日、ナビエの元にハインリが訪れます。

彼はナビエの手をとり優しく微笑みますが、当のナビエは塩対応。真顔のまま事務的に対応します。

来訪の理由を聞いたところ、ハインリは「ナビエに」宮廷の案内をして欲しいようです。

ナビエが要件を受け入れると、彼は嬉しそうに笑って礼を言いました。

 

ナビエはハインリを連れ、宮廷内を案内します。彼女の対応は事務的でしたが、ハインリは何故かご機嫌。

始終ニコニコしながら、ナビエの後を付いてきます。

 

ラスタが3人一緒に散歩したいと提案

ナビエが案内していると、そこに満面の笑みを浮かべたラスタが登場します。

「はじめて王子様を見た」と喜ぶ彼女は、ハインリの案内役をしたいと申し出ました。

しかしハインリは、その提案を断ります。

するとラスタは笑顔のまま、三人一緒に歩くのはどうかと誘いますが…

ハインリは「三人は多すぎる」と断り、さらに面倒くさそうな表情を見せました。

 

冷たい表情をした後、彼は…

ラスタがいなくなった後、ハインリは急に「私、美しくありませんか?」と言い出しました。

ハインリ曰く。

女性たちは彼の顔に興味を示すのに、ナビエは冷たいので不安に思ったようです。

 

落ち込むハインリを見て、ナビエは思わず笑顔に。

するとハインリは「ようやく笑顔が見れた」と穏やかに笑いました。

そして、こんなに美しいクイーンがいるのに何故よそ見ができるのか…と甘い言葉をかけたり、冗談を言ったりして場を和ませてくれます。

⇒11話ネタバレはこちら

風邪とマスクと冷え性の女性

新型コロナのデマ情報まとめ!twitterやメールの『嘘』を一覧にしました

『再婚承認を要求します』9~10話を読んだ感想

ネタバレ感想

9話を読んで思ったのですが、「クイーンを賭けましょう」という言葉には2通りの意味が考えられますね。

1つは鳥の「クイーン」を賭けること。

もう1つはナビエが賭けの対象である可能性です。

白うさ
ナビエもクイーンだよね。

 

ナビエは「クイーンを賭ける=飼った方が鳥を引き取る」だと思っていますが、もし後者だったらどんな反応をするのか…

気になりますね(笑)

⇒11話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA