『再婚承認を要求します』7話~8話ネタバレと感想!耐え忍ぶ姿に同情


ピッコマで連載中の漫画『再婚承認を要求します』のネタバレ感想です。7話~8話までのストーリーをまとめて紹介します。

6話の最後ではハインリが登場しましたね。

後にナビエの再婚相手となるハインリですが、なぜか鳥の姿に変身できるようです。今後、彼はストーリーにどう関わっていくのでしょうか?

感想と一緒にネタバレを見ていきましょう!

再婚承認を要求します

『再婚承認を要求します』ネタバレまとめ!最新話まで紹介

7話のネタバレ

ラスタの侍女を探すことに

再婚承認を要求します

白い鳥と出会ったことで、ナビエは久しぶりに気分が弾みます。

今度はいつ来るのだろうかと、侍女と笑いながら自室へ戻るのですが…

自室にはソビエシュが待ち構えていました。

 

彼はナビエに会うなり「ラスタにも侍女が必要だから、皇后みずから侍女を探してくれ」と頼み、ナビエはそれを了承します。

要件だけ伝えると、ソビエシュはすぐに部屋を出て行ってしまいました。

 

皇后であるナビエに「側室の侍女を探せ」など、あまりに酷い話。

そもそも、ナビエが側室相手にそこまでする必要はありません。

彼女の侍女たちは当然怒りましたし、ナビエも乗り気ではありませんでした。

しかし皇帝の命令ならば仕方がない事。

そこでナビエはティーパーティーを開き、ラスタの侍女になってくれる貴族を探すことにしました。

 

ティーパーティーを開催

ティーパーティーには、大勢の貴婦人と令嬢が集まりました。

そこでナビエは、ラスタの侍女になってくれる人はいないかと問いかけますが…

誰一人として、賛同するものはいません。

そもそも侍女とは、本人と同等か少し身分の低い貴族がする仕事。ラスタは貴族でないため、この仕事を頼むこと自体が失礼なのです。

 

しかも貴族たちは、ラスタが逃亡奴隷だとすでに知っていました。

奴隷の侍女になど、誰もなりたくありません。

結局ラスタの侍女は見つからず、ティーパーティーは失敗に終わりました。

 

鳥からの返事

疲れ果てたナビエは、自室のベッドで寝ころびます。

そこに白い鳥(6話参照)が再び現れ、足には手紙が括りつけられていました。

鳥よりは私の方が賢いですよ。もう酔いは覚めました。

前回、ナビエが書いた手紙への返事が来たのです。

ナビエは思わず笑ってしまい、彼女もまた返事を書くことにしました。

鳥の名前は何というの?

ナビエは返事を書いて鳥の足に括りつけると、鳥の額にキスをします。

突然のキスに驚いた鳥は、バサバサと空へ羽ばたいていきました。

 

鳥が去った後、ナビエの元にソビエシュが訪れます。

ラスタの侍女はどうなったのかと問う彼に、ナビエは「名乗り出る者はいなかった」と素直に答えますが…

あろうことかソビエシュは、侍女が見つからないのはナビエのせいだと言い出しました。

8話ネタバレ

誤解され、濡れ衣を着せられる

ソビエシュは険しい顔をして、ナビエを責めました。

貴族たちに「ラスタが逃亡奴隷だと」と噂を広めたのはナビエだろう。そんな噂を広めて得をするのは皇后しかいない。

そう言って、ナビエを悪者にしようとするのです。

しかしナビエは噂など広めていませんし、真面目にラスタの侍女を探していました。

全くの濡れ衣です。

 

ソビエシュの酷い言いがかりを聞き、ナビエは眉間にしわを寄せます。

側室との面倒に関わるなど冗談ではない。

これ以上巻き込まないでほしい。

ナビエはそう告げると、苛立った顔で部屋を出ていきました。

 

深夜、1人で泣き続けるナビエ

空

その日の夜。

ナビエは庭で1人泣いていました。

「皇后がこんなことで泣くなんて…」と落ち込んでいると、そこに再び白い鳥が現れます。

その足には返事が括りつけられており

鳥に名前は無いから、必要ならあなたが付けてください

と書かれていました。

 

手紙を読んだナビエは、鳥がじっとこちらを見つめていると気づきます。

どうやらこの賢い鳥は、ナビエが泣いていたと察したようです。

そして鳥は自身の羽でナビエの頬をなでました。

慰めるような仕草に、頬を綻ばせるナビエ。

そして鳥に「クイーン」という名を付けてあげました。

 

優しく賢い鳥には、相応しい名前を付けなくては…

ナビエはそう考えて名付けたのですが、そもそも鳥の正体は王子です。

クイーンだと女性になってしまうため、本人(本鳥?)はショックを受けます。

 

白い鳥はナビエの元を去り、夜空を羽ばたきます。

向かった先は、多くの鳥たちが集まる森。

そこで彼は変身をとき、王子・ハインリの姿に戻りました。

男相手になぜクイーンなのか…

愚痴をこぼすハインリに、青い鳥が反応します。

この青い鳥もまた魔法で姿を変えた人間であり、彼はハインリの従者でした。

外科医エリーゼ

【外科医エリーゼ】ネタバレまとめ!ピッコマ連載中の最新話まで紹介

 

ソビエシュとの仲はさらに悪化する

その頃。

西宮の庭では、ラスタと侍女が散歩していました。しかもラスタは、ナビエが気に入っている木のイスに腰かけてしまいます。

偶然これを見てしまったナビエは、当然ながら不機嫌に。

そしてナビエは、西宮にはできるだけ来ないでほしいと伝えます。

 

ラスタは「皇后陛下と仲良くなりたい」と食い下がりますが、ナビエは断ります。

そしてナビエは、あなたの次にくる側室と仲良くすればいいと伝えたのですが…

この言葉が、さらに火種を生むことになります。

 

夜になると、ソビエシュが怒った様子でナビエの自室にやって来ました。

彼が怒っているのは、言わずもがなラスタの件について。

ラスタは昼間のことを彼に話し、さらに泣きついたようです。

 

うんざりした様子のナビエを見て、ソビエシュは声を荒げます。

どうしてそんなに変わってしまったんだ。君がこんなに冷たい人間だと思わなかった。

ソビエシュは一方的に吐き捨て、ドアを乱暴に閉めると部屋を出てきました。

⇒9話ネタバレはこちら

『再婚承認を要求します』7~8話の感想

本

ナビエがあまりに可哀想。

皇后だからと耐え、夫のわがままも聞き入れてるのに…

結果的に怒られ、しかも「お前がラスタの悪口を広めたんだろう!」と責められる始末。

あんまりです。

私だったらキレてます(笑)

 

しかも何が悲しいって、ナビエは皇帝から誤解されています。

皇后という立場上、ナビエはいつも感情を殺して冷静に振る舞っているのですが…

皇帝からすれば、それが冷たく見えるのかもしれませんね。しかも皇帝は、自分のことを棚に上げてナビエを責めるからタチが悪い。

一発殴ってやりたい。

早くストーリーが進んで、さっさと離婚してほしいものです。

⇒9話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA