『再婚承認を要求します』56~57話ネタバレと感想!ラスタの変化


LINEマンガで連載中の『再婚承認を要求します』のネタバレ感想です。56話~57話までのストーリーをまとめて紹介します。

55話ではハインリの計画が明らかになり、さらにラスタもロテシュ子爵への反撃を始めました。いろいろな人間の思惑が絡み合い、泥沼っぷりが加速していきますが…

今後の展開はどうなるのでしょうか?感想を交えながら、ストーリーを紹介していきます。

再婚承認を要求します

『再婚承認を要求します』ネタバレまとめ!最新話まで紹介

『再婚承認を要求します』56話ネタバレ

ロテシュ子爵にまつわる調査報告

再婚承認を要求します
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたものです。なので意訳が多いです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

ナビエは部下から、ラスタとロテシュ子爵にまつわる調査報告を聞きます。

部下の1人によると、ラスタはようやく淑女教育を学びはじめたようです。

また傍仕えの騎士によると、ロテシュ邸には”秘密地区”があり、そこには執事と家族しか入れないとの事。さらにその秘密地区には赤ん坊がいて、誰もその赤ん坊の顔を見たことがないそうです。

この調査報告を聞いたナビエは、その赤ん坊がラスタとも関係あるのでは…と勘繰ります。

白うさ
相変わらずの推理力!
ひよこ
秘密地区の赤ん坊は、言わずもがなラスタの子供だね。

ロテュ子爵は怒鳴りこむが…

ルベティが恥をかいたと知り、ロテュ子爵はラスタの元に怒鳴り込みました。

その顔は鬼の形相でしたが、ラスタは平然とした様子で対応します。動じることなくイスに座ったまま、ドレスが欲しいといったのは誰かしら?と静かに反論しました。

さらにラスタは冷たい顔で「私が滅びるときは1人じゃない」と言って、逆にロテュ子爵を脅します。

白うさ
いつもと違って、ラスタは怒鳴ったり騒いだりしないね。
ひよこ
多分、淑女教育の成果が出てるんだよ。

心配するソビエシュをも、ラスタは欺く

ロテュ子爵には冷たい態度を取ったラスタですが、ソビエシュの前ではいつも通り愛らしく振る舞います。

彼がラスタの部屋を訪れれば、かわいく甘えますが…

ソビエシュはどこか浮かない様子。

理由を訪ねれば、彼は「誰かが君とロテュ子爵の弱みを探しているから、しばらく子爵を呼ぶな」と告げました。

そして同時に、もしロテシュ子爵に脅迫されているなら話しなさいとも言いますが…

ラスタは真っすぐに彼を見ながら、隠し事はないと答えました。

一瞬だけ全てを打ち明けようか迷ったものの、期待だけで冒険はできないと判断したのです。

白うさ
以前のラスタなら、秘密を漏らしただろうね。
ひよこ
すでに闇落ちしてるし、かなり性格が変わったよね。

『再婚承認を要求します』57話ネタバレ

ソビエシュは、部下から調査結果を聞く

ソビエシュはこっそりと、部下に調査をさせていました。

調査の対象は、ラスタとロテシュ子爵。56話でラスタは「陛下に隠し事はない」と言っていたものの、逃亡奴隷と元主人であれば関係は絶対に悪いはず。

そのためソビエシュは、未だにロテシュ子爵のことを疑っているのですが…

残念ながら、2人の関係については不明のまま。調査をしてもラスタの秘密はわからず仕舞いです。

しかしその代わり、調査をした部下から「ナビエとコシャールも子爵を調査している」と報告を受けました。

この報告を聞き、ソビエシュは懸念します。

もしコシャールがラスタの秘密を知れば、ビラを作って貴族たちにばら撒くでしょう。奴隷であることも、他の秘密も、全てを大っぴらにするはずです。

そうなれば、生まれてきた赤ん坊は「母親が奴隷」という理由で虐げられるかもしれません。

ソビエシュは頭を抱えました。

白うさ
この懸念はわかる。コシャールはやりそう。
ひよこ
妹が大好きなお兄ちゃんだから、ラスタの醜聞を言いふらすだろうね。

悪化する夫婦仲。冷え切った関係。

謁見室でナビエと2人きりになった時、ソビエシュは”調査の件”について話します。

ラスタを調査しているようだが、一体何が不満なのか。

真っ向からそう告げる彼に、ナビエは無表情のまま反論します。ラスタは私から夫を奪ったでしょう…と。

そして憎まれ口を叩けば、ソビエシュは自嘲的な笑いを浮かべました。

彼は「あなたは私を愛していないのだろう」と呟くものの、ナビエはそれを否定しません。

結果、2人の間には冷たい空気が流れます。

白うさ
ここで否定してれば、夫婦仲が修復できたかもね。
ひよこ
うーん、どうだろうね。ソビエシュが調子に乗るだけかもよ?

ソビエシュは視察に向かう

ソビエシュは視察のため、2日ほど宮廷を離れます。

魔法能力が消えた魔術師がいるらしく、その調査のためソビエシュが直々に現地へと向かったのです。

視察の話についてはナビエも聞いており、実はソビエシュから「息抜きもかねて一緒に行くか」と誘われていたのですが…

真面目なナビエは、この誘いを断りました。視察先で遊んでくるなど言語道断だと、冷たくあしらったのです。

 

一方ラスタは、視察に付いて行きたいと懇願したものの置いて行かれます。

結局ソビエシュは、1人で視察へと向かったのです。

白うさ
あれ?ラスタは置いて行かれたの?
ひよこ
ラスタは貴族らしい振る舞いができないからね。そんな子を連れて行けないよ。

ナビエは裏調査を中断する

ソビエシュが視察に向かった後。

彼が”調査”に気づいてしまったので、ナビエは仕方なく調査を中断するよう部下に伝えます。

⇒58話ネタバレはこちら

感想

56話感想

ネタバレ感想

今までアホの子だったラスタが、淑女教育を学びはじめましたね。といっても本格的な教育ではなく、幼い子供が学ぶような内容ばかりですが…

しかし、その成果は表れているようです。

今まで泣いて騒ぐだけだったラスタが、56話ではじめてロテュ子爵に反論しました。というか脅しました。

その様子は、どこかナビエに通じるものがあります。ラスタは以前「ナビエのようになりたい」と言っていただけあり、皇后らしい振る舞いをマネしているのでしょう。

白うさ
ラスタが少しずつレベルアップしてるね。

 

そして今回のストーリーを読んで思ったのですが…

ソビエシュは悉く、ラスタを愛人としてしか見ていないのですね。ラスタに愛らしさだけ求めていて、貴婦人らしさは求めていない様子。

彼女の自室から出る時も「遊んでいなさい」と少女のように扱います。

彼はあくまで、ナビエが持たない部分をラスタに求めているだけなんですね。何というか、浮気男の典型です。

57話の感想

ソビエシュが相変わらず、面倒くさい事を言ってますね。

彼はナビエに対して「あなたは私を愛していないのだろう」的なセリフを言って、拗ねて(?)いましたが…

いや、浮気男が何を言ってるのかと。どの口が言ってるんだと思いました。

ここでナビエが「そんな事ないよ!好きだよ!」と言える性格なら良かったものの、フォローはありません。そもそも彼女は男に媚びるような性格じゃないので、すれ違いは加速します。

白うさ
まあ、浮気男にフォローしてやる義理もないよね。

 

何というか、彼ってかなり我儘ですね。ナビエに対して求めすぎています。

浮気をしても許してほしい。自分のことは大事にしてほしい。でもナビエに浮気はしてほしくないetc.

どんだけ我儘なんだとツッコみたくなります。

⇒58話ネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA