【外科医エリーゼ】129~130話ネタバレ感想㊼チャイルド一族の苦悩


ピッコマで連載中の漫画『外科医エリーゼ』のネタバレ感想です。129話・130話について紹介しています。

前回はチャイルド一族の内情や、アルセム公爵が抱えていた怨恨について語られましたね。リンデンにも貴族派にも、それぞれ事情があるようですが…

この先は、一体どうなるのでしょうか?感想を交えつつ、ストーリーをまとめました。

外科医エリーゼ

【外科医エリーゼ】ネタバレまとめ!ピッコマ連載中の最新話まで紹介

外科医エリーゼ129話ネタバレ

ギルバート伯爵の密告

以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながら翻訳したものです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

真夜中。

アルセム公爵は、とある青年から密告を受けていました。

密告したのは、赤髪の神経質そうな青年。彼は名を“ギルバート伯爵”と言います。

ギルバート伯爵は、リンデンがロンド近郊を訪問するときに討伐計画を実行すべきだと提案しました。

白うさ
新キャラが出てきたね。
ひよこ
彼は、チャイルド家にとって”大きな味方”になるらしいよ。

アルセム公爵の病状

「膵臓が腐っています」

眉を顰めるミハイルに、医師は冷や汗を流しながら”アルセム公爵の病状”について説明しました。

アルセム公爵は”壊死性膵炎病状”という病気にかかっており、短ければ数日で死亡する可能性があるのです。

医師の説明を聞いたミハイルは、悲しげな顔をします。そして、アルセム公爵の自室に向かいました。

 

自室のベッドで横たわるアルセム公爵。彼はミハイルの顔を見ると、気丈にも「殿下、私は構いません」と告げました。

彼自身、もう長くないことは直感していましたし、死ぬのを恐れてはいませんが…

アルセム公爵が倒れれば、貴族派は政変を起こす前に崩れるでしょう。その事が心残りなのです。

だからこそ彼は、自分が生きているうちにリンデンの首を落とさなければと固く誓っていました。

ミハイルは未だに迷っていた

彼の決意を聞いたミハイルもまた、覚悟を決めた様子。これ以外に方法はないですねと告げ、部屋を後にしましたが…

しかし内心では、どうにか他の方法はないだろうかと、未だに迷っていました。

そして外に出ると、空を見上げながら「自由になりたい」と切望します。そして、エリーゼと旅をする自分の姿を思い浮かべました。

白うさ
これは辛い。完全に板挟み状態。
ひよこ
ミハイルは優しいからね。兄も叔父も母親も、みんな大事なんだよ。

エリーゼの苦悩

皇帝の容態を確認するため、エリーゼは彼の自室を訪れました。

皇帝は眠り続けているものの、体調は正常。意識だけが戻らないままです。

そんな彼を見ながら、エリーゼはこれからの政局について考えました。悲劇が起こるまで、もう時間が残されていません。

大事な人が死ぬところも、リンデンが後悔して苦しむところも見たくはない…

エリーゼは悲痛な顔をし、ギュッと目を閉じました。

リンデンと散歩に出かけるエリーゼ

エリーゼ気づいた時、すぐ傍にはリンデンがいました。ぐるぐると悩んでいたせいか、彼が入室したことに気づかなかったのです。

リンデンは微笑むと、エリーゼを散歩に誘い外へと連れ出します。

外科医エリーゼ130話ネタバレ

宮廷の外を散歩する2人

コートを羽織り、宮廷の外を散歩するリンデンとエリーゼ。道は所々、雪で覆われています。

寒くはないかと心配するリンデンに、大丈夫です笑顔でと答えるエリーゼ。

そして「少しリンデンと歩きたいです」と告げれば、彼はエリーゼの手を引いてそのまま抱き寄せ、口づけをします。

 

2人は歩きながら、今までの出来事を話し合いました。

道中リンデンは、一生あなたの傍にいると告げます。そして再びエリーゼに抱き着くと「永遠に私の傍にいてほしい」と頼みました。

その願いを、微笑みながら承諾するエリーゼ。

すると彼は、辛そうに笑いながら感謝の言葉を告げました。

エリーゼは”あの方法”を実行しようと決意

散歩から帰る途中、エリーゼは考えます。

この先の悲劇を避けるためには、何もせずにいるより”あの方法”を試すしかないだろうと。

白うさ
”あの方法”って何?
ひよこ
今の時点ではわからないよ。でも、エリーゼには考えがあるみたい。

 

しかし、いざ”あの方法”を実行するとなるとリンデンは怒るでしょう。

だからエリーゼは、彼に尋ねました。以前もらった皇室十字架を使えば、過ちを犯しても1つだけならリンデンに許してもらえるのですか…と。

すると彼は、怪訝な顔をしながらも「必要ない」と答えます。

夫婦なのだから、許しを請う必要などない。もし過ちを犯しても許してあげるから、あなたが思ったようにしなさい。

そう告げるリンデンの顔は、穏やかでした。

またこの時にエリーゼは、あなたの気分を害したら嫌われてしまいますか?と問うのですが…

彼は「私があなたを嫌う事など絶対にない」と断言します。

その言葉にエリーゼは、心から嬉しそうに笑いました。

ミハイルに会うため、彼の宮に向かう

エリーゼは、ミハイルの宮に向かいます。しかし従者によると、彼は外出中。なのでエリーゼは、客室で待つことにしました。

エリーゼが客室のソファに腰掛けると、ソファの下から”奇妙な声”が聞こえます。不思議に思ったエリーゼは身をかがめ、ソファの下を覗くのですが…

飛び出してきたものを見て、キャアと悲鳴をあげました。

⇒131話のネタバレはこちら

129~130話の感想

129話の感想

ネタバレ感想

ミハイルが板挟みになっていて、可哀想な状況ですね。

彼は優しい子なので、本当は兄・リンデンを討ちたくはありません。でもチャイルド一族として、叔父や母親を守るために覚悟を決めなければならないのです。

でも結局のところ、本当にどうしようもないのかと悩んでいるんですよ。129話の「自由になりたい」というセリフからも、彼の苦悩が伝わりますね。

白うさ
王族って大変!

 

しかもアルセム公爵は、深刻な病気にかかっていて長くありません。エリーゼの手術も受ける気は無いようです。

というか皇帝もアルセム公爵も、この国の要人って健康状態が悪すぎやしませんか…?

伯爵たちもすぐ瀕死になったり重傷を負ったりしますし、要人がバタバタ倒れる国ってかなり怖いです。

白うさ
アルセム公爵については、あと数日で死ぬのに会話してるのが奇跡。普通は寝込んでるよ。
ひよこ
そこはまあ、漫画だから…

130話の感想

リンデンの計画を止めるため、エリーゼは何かを企んでいる様です。

彼女は「あの方法をやるしかない」と意気込んでいますが、それがどんな計画なのかは不明。今のところ判明しているのは、下記の3点のみです。

”あの方法”とは何か?
  • 実行すれば、悲劇を止められる
  • でも同時に、リンデンには怒られる
  • いざとなったら皇室十字架を使って許しを請う

これ、絶対ろくな計画じゃない…!

皇室十字架を使おうとしてる時点で、エリーゼが無茶を考えているのは明らか。

そもそもエリーゼの計画って、彼女本人に負担がかかるケースが多いんですよ。

前に戦争による参加を止めようとしたときも「兄の代わりにエリーゼが参戦する」という危険極まりない方法を取りましたから。

となると、今回も危険すぎる計画を立てているのかもしれませんね。

⇒131話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA