『再婚承認を要求します』13話~14話ネタバレと感想!ハインリVSソビエシュの決闘


LINEマンガで連載されている『再婚承認を要求します』のネタバレ感想です。13話~14話までのストーリーをまとめて紹介します。

12話の最後では、ラスタが下女を唆していましたね。一体、何が目的なのでしょうか?

白うさ
早速、ネタバレを見てみよう!
再婚承認を要求します

『再婚承認を要求します』ネタバレまとめ!最新話まで紹介

『再婚承認を要求します』13話ネタバレ

イレーヌの弾劾

再婚承認を要求します

ラスタの下女・イレーヌは「私が文通相手だ」と嘘をつきますが、ハインリには通用しません。

そもそも彼は文通相手=ナビエだと知っているため、騙されるはずないのです。

 

結果、イレーヌは宮廷のフロアで弾劾されます。

ハインリは「なぜ私を騙したんだ?」とイレーヌに詰め寄り、彼女はオロオロと焦りますが…

そこにラスタが登場し、自分こそが本当の文通相手だと宣言しました。

 

もちろんラスタの言葉は嘘であり、ハインリもそれを知っています。

そもそも彼は、同じ嘘に2度も引っ掛かるほどマヌケではありません。

しかしハインリは、なぜか騙されたフリをします。

 

パーティーに漂う緊迫した空気

パーティーの食事

その後、新年祭の行事としてゲストを集めたパーティーが開かれました。

会場にはソビエシュをはじめとし、ラスタやハインリも出席しています。

ナビエも皇后としてパーティー会場に向かったのですが、いざ会場に到着すると…

妙な緊迫感が流れています。

 

何があったのかゲストに尋ねたところ、どうやら原因はハインリのようです。

というのも。

彼は文通の件について、ラスタを質問攻めにしていました。しかし、ラスタは詳細を知らないので返答ができません。

その結果、ハインリは皆の前でラスタは私の文通相手ではない。彼女は嘘をついている」と言い出しました。

記事を取得できませんでした。記事IDをご確認ください。

 

ソビエシュVSハインリ

ハインリの言葉を聞いて、ソビエシュは「ラスタを侮辱するな」と激怒。

一方ハインリは、ソビエシュを挑発するように自分の正当性を主張しました。

手紙の内容を半分も覚えていないなどありえない。

本当の文通相手がいるのなら、彼女に失礼だから当然のことだろう、と。

そしてハインリは、会場にいるゲストたちにも「ラスタの言動をどう思うか?」と問いかけたのです。

ラスタ本人は泣いて言い訳しますが、やはり誤魔化すには無理のある状況。

 

ナビエは仕方なく、ハインリの文通相手は他にいると進言します(ただし、文通相手が自分だとは告げていません)

ナビエの言葉を聞き、ハインリは薄い笑みを浮かべますが…

肝心のソビエシュは、ナビエの言葉を信じません。

その様子を見たハインリ、わざとらしく肩をすくめて「皇帝陛下はラスタの言葉しか信じないようですね」とさらに挑発します。

その様子を見たソビエシュは「もう我慢ならぬ」とハインリに剣を向け、決闘を申し込みました。

『再婚承認を要求します』14話ネタバレ

決闘の行方

チェスと戦略

決闘を申し込まれたものの、ハインリは余裕そのもの。

笑みを浮かべて決闘を承諾します。

そしてついにソビエシュVSハインリの決闘がスタート!

 

…と思いきや。

ナビエが仲裁に入ったため、ソビエシュは剣を下ろします。

今だ険悪な雰囲気が漂いますが、決闘は中止に。パーティーもお開きになり、ゲストは解散しました。

 

パーティーが終了しゲストも解散

主催者であるナビエは、パーティー会場の出口でゲストを見送ります。

参加者1人1人に挨拶をしていると、ナビエの隣にラスタがやって来ました。

そしてラスタも、ナビエと同じようにゲストに挨拶をしはじめます。どうやらナビエの真似をしているようです。

 

ナビエの嘘を問い詰めるが…

ゲストが去った後。

ナビエは隣にいるラスタに「なぜ私から贈り物をもらったと、嘘をついて回っているのですか?」と問いかけます。

白うさ
贈り物については11話参照だよ。

 

するとラスタは「嘘ではない」と弁解し、挙句の果てに泣き出してしまいました。

ラスタによると、彼女は本当に「ナビエから贈り物をもらった」と思い込んでいるようです。

また、文通について嘘をついたのは「ナビエが困っていると思ったから」だと説明します。

 

贈り主の正体

泣き出すラスタを見て、ソビエシュが駆け寄ります。

そして彼は、ラスタのために皇后名義で贈り物をしたと明かしました。

ソビエシュは「誤解を生んですまない」とラスタに謝罪しますが…

この件の被害者は、噂を流されたナビエです。

ソビエシュの軽率な行動のせいで、ナビエは「側室に贈り物をした」と偽の情報を広められてしまいました。

なのに、ナビエには一言も謝罪がありません。

 

そこでナビエは「謝罪と事態の収拾」を要求します。皇帝といえど、他人の名を騙るなど許されません。

しかしソビエシュは謝罪しないため、2人は口論になりました。

 

ハインリの妄想

冷たい視線と口調のナビエ。

その様子を見ていたハインリは「あの声と口調で名を呼んで欲しい」と妄想します。

そして我に返ると、ナビエのために「私が真実を広める」と提案しました。

 

ナビエが正体を明かさない理由

ナビエと侍女がティータイムを過ごしていると、クイーンが手紙を運んできました。

その手紙には

賭けに負けようと正体を明かしたのに、なぜあなたは賭けに参加すらしないのですか?

と書かれていて、クイーンも怒った様子です。

 

ナビエは申し訳なさそうな顔をして、理由を説明しました。

ハインリは良い人だと思うけど、遊び人として有名なので彼との噂を作りたくはない。

ただでさえラスタの件で笑いものになっているから、これ以上の噂を流されたくない。

これが、ナビエが正体を明かさない理由です。

そのことを手紙にも書き、ナビエはクイーンを抱きしめました。

⇒15話のネタバレはこちら

風邪とマスクと冷え性の女性

新型コロナのデマ情報まとめ!twitterやメールの『嘘』を一覧にしました

13~14話を読んだ感想

13話の感想

今回の話を読んで、ハインリの印象が少し変わりました。

彼はナビエの前でこそ親切ですが、他の人が相手だと怖い顔や遊び人っぽい雰囲気を出すんですね。

白うさ
チャラ男っぽい一面もあったね。

皇帝を相手にしている時なんて、口元は笑っているけど目が超怖いです(笑)

 

14話の感想

ハインリの妄想シーンを見て、不覚にも笑ってしまいました…!

目の前で夫婦喧嘩が勃発してるのに、真顔で「あの冷たい声で呼んで欲しい」とか「命令されたい」とか妄想する神経がスゴイです(笑)

白うさ
メンタル強いなあ。

⇒15話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

2 件のコメント

  • コメントありがとうございます。
    文章がわかりにくいとの事なので、本文を少し変更しました。
    少しでも読みやすくなれば嬉しいです(^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA