悪女は砂時計をひっくり返す外伝1(105話)のネタバレと感想|アリアが皇太子妃になり2年が経つ


マンガ版『悪女は砂時計をひっくり返す』外伝1話のネタバレと感想です。前回でアリアが結婚式を行って本編が終了したので、今回からは外伝のストーリーとなります。

皇太子妃となったアリアは、その後どう過ごしているのでしょうか?続きをまとめたのでご覧ください。

⇒『悪女は砂時計をひっくり返す』ネタバレ一覧はこちら

ジェシーとハンスが豪華な結婚式を開く

ジェシーの結婚式が行われる

悪女は砂時計をひっくり返す
以下の文章は、管理人が原作サイトを見ながらまとめたネタバレです。もし翻訳ミスがあれば、日本版の最新話公開日に修正します。

アリアとアースが結婚した後、ジェシーとハンスも結婚式をあげます。

豪華なウエディングドレスを着たアニーを見て、参列したアニーは満面の笑みで祝いますがーーー

参加した貴族の中には、平民があんな派手なドレスを着るだなんて…と陰口を言う人もいました。皇太子妃の侍女の結婚式だから参加したものの、本心では全く祝う気がないようです。

しかし陰口を聞いていたアリアが悪女らしく笑って脅しをかけると、貴族たちは青い顔をしながら態度を改めます。

皇太子妃になってからも、アリアは必要に応じて悪女っぷりを発揮していたのです。

アリアが皇太子妃となり2年後、不思議な事件が起こる

アリアは謎の少女と出会う

そして二年後。

アースの皇帝即位式まで約一ヶ月となったので、アリアは執務室で関連書類の処理をします。現皇帝は目立つのが嫌いな性格らしく、早めに皇帝の座を譲ってくれたのです。

そして大体の業務を終えたアリアは一服しますが・・・

その時、ソファの後ろに金髪の少女が隠れていることに気付きます。

しかもその子は、アリアと目が合うなりその青い瞳を輝かせるではありませんか。

ひよこ
この子は前回のラストで登場したブリスだね。アリアの娘。
白うさ
なんだか喜んでるね。若いときの母親に会えて嬉しいのかな。

アリアは見知らぬ少女に一瞬驚くも、すぐさま冷静さを取り戻して「あなたは誰?ここはどうやって入ってきたの?」と尋ねます。

すると少女は立ち上がり、あなたじゃなくてブリスだよ!と主張しますがーーー

そもそも執務室に子供がいること事態が問題なので、早々に出て行くよう言います。するとブリスは急にオロオロしはじめ、涙目で言いました。

「あ、ダメなの…私はあの、遠いところから来て…!」

必死で言い訳するブリス。

そしてこの時、アリアはブリスの耳に珍しいほくろーーアリアの実父と祖母にしかないーーがあるのを発見します。

そこでブリスをよく観察した結果、アリアは自分の容姿とよく似ていることに気付き、挙句の果てにとんでもない結論を導き出しました。

(近くで見たら間違いない。この子は100%、私の実父がどこかで作った異母姉妹に違いないわ)

つまりアリアは、実父のクロイに隠し子がいると考えたのです。

白うさ
誤 解 で す。
ひよこ
いやでも、状況的にそう考えちゃうのは仕方がない。

奇妙な現象が起こる

実父が浮気していると勘違いし、顔に青筋を浮かべるアリア。実母のカリンにどう説明したものかと悩みますがーーー

気が付くと、ソファに座っていたはずのブリスは消えていました。

不思議に思ったアリアは、皇太子妃専属侍女のセグ・ルビーを呼んで事情を話しますが、ルビーは執務室に侵入した子供などいないと言います。

そのためアリアは、ここ最近疲れていたので夢でも見たのだろうと結論付けました。

が、しかし。

その直後、執務室に駆け込んできた騎士から奇妙な報告を受けます。

「皇太子妃殿下! 大変なことになりました!侵入者が入ってきて、即位式の衣装を台無しにしたそうです!」

何者かが応接間に侵入し、即位式の衣装がずぶ濡れになる

即位式の衣装がずぶ濡れになる

水しぶき

アリアが応接間に行くと、アリアとアースが即位式で着るための衣装が水浸しになっていました。

誰がどう見ても、わざと水をかけたのは明白。さらに衣装のデザイン担当であるクローシュ夫人は、私がきちんと管理できなかったせいです!と床に突っ伏して大泣きする始末。

そこでアリアは、必ず犯人を捕まえて後悔させてやろうと決意しました。

(まだ私に逆らう家門があるなんて…!)

忌々しいと言わんばかりの顔で復讐を誓うアリア。するとアースも応接間に来たので、騎士たちは現状ーーー誰かが侵入した痕跡は無いのに衣装が水濡れになっていたことーーを説明します。

白うさ
どう考えても犯人はブリス。
ひよこ
でも皆はブリスの能力を知らないから、しばらく気づかないだろうね。

犯人はかなり素早いに違いない…と怪訝な顔をする騎士たち。

そこでアリアは、現れる場所さえ分かれば砂時計で犯人を捕まえられるだろうと小声でアースに相談しますがーーー

アースはその提案を却下します。愛しい妻の手を煩わせたくありませんし、犯人を捜すよりも2人きりで過ごしたいのです。

一方でアリアも、夫からそんな甘い言葉を告げられれば悪い気はしません。

そして結局。アースは騎士たちに警備を強化するよう命令すると、アリアの肩を抱いて2人きりで散歩に出かけました。

その日の夜、再び事件が起こる

しかし、その日の夜。

アリアたちの寝室に騎士がやって来て、再び侵入者が現れたと報告しました。

⇒『悪女は砂時計をひっくり返す』外伝2話のネタバレはこちら

『悪女は砂時計をひっくり返す』外伝1話のネタバレ感想と補足

ブリス視点で外伝1を振り返る

ネタバレ感想

外伝1では、即位式の衣装がずぶ濡れにされる事件が起こりました。犯人がぼかされていますが、十中八九ブリスの仕業でしょう。

つまりブリスは時空間移動の能力を使って事件を起こし、アースの即位式を邪魔しようとしているのです。

ただし、ブリスの目的についてはまだ不明。しかし本編最終回にて「お母様を死なさせない!」と言っていることから、アリアを助けるために行動しているのは明らか。

現にアリアに会った時も、顔を輝かせていましたから。

外伝1の補足とネタバレ感想|現皇帝について

上の解説では省きましたが、外伝1ではアースの父親(つまり現皇帝)について少しだけ説明がありました。

アースの父親は目立つのを嫌い、静かなところを好む人のようです。そのためアリアたちが貴族派を追放した後、政務にしゃしゃり出てくることもありませんでした。

またアリア曰く「皇族の能力を持っていないことから、それほど切迫した人生では無かったのだろう」との事。そんな性格だから、早い段階でアースに皇帝の座を譲ったのでしょう。

良く言えば、権力に執着がない控えめな人。しかしアースが貴族派に狙われても助けなかったことを考えれば、現皇帝は臆病で長い物には巻かれるタイプの人だったのかなと思います。

⇒『悪女は砂時計をひっくり返す』外伝2話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA