『悪女は砂時計をひっくり返す』10~11話ネタバレ感想!


ピッコマで連載中の『悪女は砂時計をひっくり返す』の10話~11話ネタバレ感想です。

10話では、アリアの復讐に欠かせない”とある人物”が登場します。彼を自陣営に引き込めるかどうかで、今後の展開も変わってくるでしょう。

ストーリーをまとめたので、感想と考察を交えながら見ていきましょう。

⇒ネタバレ一覧はこちら

10話ネタバレ

沈んだ顔のミエール

悪女は砂時計をひっくり返す

食事中、ミエールは浮かない顔をしています。

刺繍が上手くいかないのか、アリアの部屋を出入りする人たちが気になるのか…

理由はわからないものの、アリアは「ミエールが落ち込んでいて嬉しい」と大喜び。ベッドの上を転がりまわります。

アリアにとって、ミエールの苦しみこそが史上の喜びなのです。

ついに”あの人”が登場

アリアが自室で休んでいると、屋敷がやたら騒がしいことに気づきます。

何があったのか見てくるようジェシーに頼みますが、いくら待っても彼女は戻ってきません。

そこでアリアは、部屋着のままエントランスの様子を見に行きました。

 

玄関付近にいたのは、嬉しそうなミエールとカイン。そして傍らには、オスカー・プレデリックが立っていました。

オスカーと目が合い、会釈をするアリア。

彼との出会いはもっと後になると思っていたので、アリアは少し緊張しますが…

やることは決まっているので、アリアは早速準備に取り掛かりました。

白うさ
準備って、何をするの?
ひよこ
それはもちろん、オスカーを魅了する準備だよ!

アリア、食事中に乱入する

その後、オスカー・ミエール・カインは屋敷内にて昼食を取ります。3人は穏やかな会話をしながら、食事を楽しんでいました。

すると、そこに上品なドレスを着たアリアが登場します。

アリアは猫をかぶり、いかにも清楚で慎みのある貴族令嬢といった様子で、ミエールの隣に座ります。「お邪魔でなければ食事を一緒に取りたい」と言って、謙虚さのアピールも忘れません。

アリアの登場に、わかりやすく動揺するミエール。動揺するあまり、顔色を悪くしてフォークを落とすほどでした。

白うさ
ミエール、かなり警戒してるなあ…
ひよこ
冒頭の食事シーンで暗い表情をしていたのは、これが理由だろうね。

オスカーに狙いを定めたアリアは…

アリアは席に着くと、頬を染めながら「(オスカーに)お会いできて嬉しいです」と微笑みました。

その美しい顔に、オスカーどころかカインまでもが見惚れてしまいます。

白うさ
オスカーはともかく、カインは見惚れちゃダメだよね?義妹なんだから。

 

食後、ミエールは「以前ドレスを頂いたのでお返しがしたい」と言ってオスカーを外出に誘います。

カインもすかさず、新しいスーツを新調してはどうかと話を合わせますが…

オスカーは申し出をきっぱりと断ります。それどころか「兄妹2人で行ってきてはどうか」と提案したので、ミエールとカインは困り果ててしまいました。

さらに彼は「アリアがいるから大丈夫」だと、自分の事は気にせず外出するよう2人を促します。

その言葉を聞き、険しい表情をしながらぎりぃっと歯を食いしばるミエール。

一方カインは、妹の表情を見て呆然とするのでした。

ひよこ
カインがついに、妹の本性を見ちゃったか…
白うさ
化けの皮が剥がれつつあるね。

屋敷には、オスカーとアリアが残された

食後、3人はそれぞれ別の行動を取ります。

ミエールとカインは、オスカーの提案どおり買い物に。

オスカーは客室で仮眠。

そして自室に戻ったアリアは、ミエールの様子を思い出して嬉しくなり、ルンルンと踊りました。


その後、アリアは本を読みながら授業の予習をしますが…

本に記載されていたのは、残酷な貴族たちを英雄として紹介する内容。アリアは気分が沈んでしまい、気分転換に室内庭園へと向かいました。

室内庭園で水やりをしていると…

室内庭園には、たくさんのバラが咲き誇っています。いつもと変わらず美しい花を見て、アリアの心も落ち着きを取り戻しました。

そしてアリアは”じょうろ”を手に取り、花たちに水をあげるのですが…

脚立にのって扉の真上にある花に水やりをしていたところ、突然扉が開きます。

そして運悪く、扉を開けたオスカーに水をかけてしまったのです。

11話ネタバレ

アリアは真っ青になり泣いてしまった

水浸しになったオスカーを見て、アリアは慌てて謝罪をします。

そして「こんなことで失敗するなんて」と震えながら青ざめ、ついには涙を流してしまいました。

今後アリアが生き延びるためにも、彼の機嫌を損ねるワケにはいきません。

なのに予期せぬ事故で失敗したので、彼女の中には恐怖・苛立ち・悲しみなどが渦巻いていたのです。

オスカーの優しさ

オスカーはずぶ濡れになったものの、アリアを全く責めません。むしろ泣いているアリアを見て、ひどく心配そうな顔をしました。

彼の表情を見て、アリアは「オスカーが優しい人なのだろう」と気づきます。

白うさ
オスカー、めっちゃ良い子…!
ひよこ
そんな優しいオスカーを、アリアは利用する気なんだよ。エグイね。

アリアは気を取り直し、笑顔をつくって彼にハンカチを差し出しました。

そのハンカチは、予めアリアが用意しておいたもの。プレデリック家の紋章が刺繍された、対オスカー用のハンカチでした。

ハンカチに込められた意味

貴族の女性が、男性にハンカチを渡す―――

これは女性からの好意を示す行動であり、男性側が断ればその女性に恥をかかせてしまいます。

そのためオスカーは躊躇しますが、結局ハンカチを受け取ってくれました。

ひよこ
この後、オスカーはお風呂に入って服を着替えたよ。

ミエールから、オスカーへの贈り物

その後、カインとミエールが戻ってきたので4人で夕食をとることに。

そして食事中、カインは金の箱に入った豪華なペン先を取り出しました。これはミエールが選んだ、オスカーへの贈り物ですが…

オスカーはお礼を言いつつも、その表情はどこか戸惑った様子でした。

補足
このシーンで、オスカーはこっそりと溜息をつきました。彼の心中はわかりませんが、恐らくプレゼントが嬉しくなかったのだと思われます。彼は伯爵家の生まれなので、高級品で気を引こうとする輩にはうんざりしているのかも。

 

プレゼントの話で、盛り上がるミエールたち。

アリアは会話に入れないため、1人置いてけぼりになります。そこで彼女は「どうやって会話の邪魔しようか」と考えました。

無理やり会話に割り込めば悪印象を与えてしまうので、アリアは病気のフリして彼の気を引こうとします。

オスカーは可哀想な子に弱いらしく、アリアの作戦は成功。

彼の視線はアリアへと移り、今度はミエールが置いてけぼりになりました。

白うさ
オスカー、思いっきり騙されてるなあ。
ひよこ
アリアの演技力はカンストしてるからね。それに善人ほど、騙されやすいから…

 

心配するオスカーと、親しそうに会話をするアリア。

その様子を見たミエールは、またもやフォークを落としてしまいます。

ミエールは手を震わせ、恐怖や嫉妬をごちゃ混ぜにしような表情を浮かべていました。

婚約者を奪われるかもしれない…と、幼いながらもアリアの脅威を改めて感じ取ったのでしょう。

⇒12話のネタバレはこちら

『悪女は砂時計をひっくり返す』10~11話の感想

オスカーに同情しました

ネタバレ感想

今回、はじめてオスカーが登場しましたね。現時点でのオスカーは、可哀想な子を放っておけない善人という印象ですが…

そんな優しいオスカーを、アリアは復讐の道具にしようと企んでいるワケですよ。エグイですね。

彼には優しい女性と結婚してほしいですが…もしアリアの復讐が失敗しても、妻になるのはミエール。

どっちにしろ、妻は悪女です。

なのでオスカーは、立ち位置的に不憫なイメージです。どうあがいても悪女から逃げられません。

ミエールの物理的排除がはじまる?

10~11話を読んだ限りでは、ミエールは相当アリアを警戒しているようです。

それこそ食事中は、アリアが登場しただけで顔色を悪くしていました。幼いながらも脅威を把握できるのは、彼女が優秀だからでしょう。

今はまだ10歳なので、アホな面もありますが…成長したら、賢くて残忍な女性になりそうですね。

⇒12話のネタバレはこちら

↓関連記事は下です↓

あなたにオススメの記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA